友達からの救いのメール

公開日: ちょっと切ない話 | 友情 | 悲しい話

手を取り合う友(フリー写真)

僕の友達が事故で亡くなった。

本当に突然のことで何が何だか解らず、涙など出ませんでした。

葬式にはクラスのみんなや友達が沢山来ていました。

友達は遺影の中で笑っていました。

いつも僕に見せてくれていた笑顔です。

それを見ていたら、自然と涙が頬を伝っていました。

それが口まで流れてきて、塩っぱいなと思い、それで自分が涙を流していることに気付いたんです。

僕はいたたまれなくなって、葬式会場を飛び出していました。

次の日、僕はパソコンのメールをチェックしました。

そこにはあの亡くなった友達からのメールが届いていました。

日付を確認すると、事故の日でした。

僕は何だかドキドキして、メールを開きました。すると、

「明後日に、いつも学校帰りに通る公園で待ってるから。午後5時にね。遅れるなよ」

と書いてありました。

『何でわざわざメールで?』と思いましたが、その時は何か不思議な力が働いたような気分でした。

実はその日は僕の誕生日で、親と出掛けることになっていたのです。

車に乗って高速道路を使い、隣の県に住むおじいちゃんの家に行くことになっていたのです。

僕はおじいちゃんに電話をし、今日は行けないと伝え、親にも今日は用事があると言いました。

そしておじいちゃんの家に行くのは中止になったのです。

僕は友達からのメールの通り、午後5時に公園へ行きました。

もちろん誰も来ません。

午後5時に鳴る、公園のそばにある時計台の鐘の音を聞き、僕は友達との思い出を振り返りながら家に帰りました。

そして家に帰ると、親が血相を変えて僕に話し始めました。

「さっきニュースでやってたんだけど、今日通る予定だった高速道路で玉突き事故があったんだって。

予定通りに行ってたら、私たちも事故に遭ってたわね」

僕が生まれた日に、僕が死ぬのを友達が救ってくれたんだ。そう思えてならず、あのメールは今でもパソコンに保存してあります。

関連記事

教室の机(フリー写真)

丸坊主だらけの教室

中学生の弟が、学校帰りに床屋で丸坊主にして来た。 失恋でもしたのかと聞いたら、小学校からの女の子の友達が今日から登校するようになったからだ、と言う。 彼女は今まで病気で入院…

シャム猫(フリー写真)

父親と猫のミル

家にはもう十年飼っていた猫が居たんだ。 家の前は昔、大きな広場で、その猫はその広場の片隅にある車の中で寝ていた子猫だった。 俺と姉ちゃんでその猫を家の庭まで連れ帰って来ちゃ…

赤ちゃんの手を握る母(フリー写真)

素朴なお弁当

私の母は、常に体調を崩しやすい人だった。 そのせいなのかは分からないが、彼女が作ってくれる弁当は決して美しくはなく、素朴だった。 私は毎日、その弁当を持って学校に行くのが…

虹(フリー写真)

人生

1960年に私は生まれて、今まで生きてきた。 いたずらっ子だった小学生時代。 落ちこぼれだった中学生時代。 レスリングに出会い、スポーツが何たるかを学んだ高校時代。 …

父の背中(フリー写真)

本当のお金の価値

私が中学校1年生の時の話である。 私は思春期や反抗期の真っ只中ということもあり、少しばかりやんちゃをしていた。 不法侵入をしたり、深夜まで遊んでいたこともあり、警察にはし…

女子中学生(フリー写真)

中学生の時の娘の友達

今から8年前の話です。 現在21歳になった娘ですが、中学校時代の男友達が良い人過ぎて感動しました。 娘は自閉症などの障害を持っており、小学校の時は授業で当てられても話せな…

夕焼け(フリー写真)

少年との約束

俺が入院していた時、隣の小児科病棟に5歳くらいの白血病の男の子が入院していた。 生まれてから一度も外に出られていない子だと聞いた。 ※ ある日、大声で泣く声がするので病室を覗…

夕日(フリー写真)

戦時中のパラオにて

遠い南の島に、日本の歌を歌う老人が居た。 「あそこでみんな、死んで行ったんだ…」 沖に浮かぶ島を指差しながら、老人は呟いた。 ※ 太平洋戦争の時、その島には日本軍が進駐…

阪神・淡路大震災(フリー写真)

色褪せたミニ四駆

小学4年生の時の1月15日、連休最初の日だったかな。 いつものメンバー5人で、俺の住んでいたマンションで遊んでいた。 当時はミニ四駆を廊下で走らせ、騒いでは管理人さんによく…

ドーナツ(フリー写真)

ミスドの親子

日曜にミスドへ行った時の話。 若いお父さんと、3歳くらいの目がくりくりした可愛い男の子が席に着いた。 お父さんと私は背中合わせ。以下、肩越しに聞いた会話。 子「どーな…