白猫のミーコ

公開日: ちょっと切ない話 | ペット |

白猫(フリー写真)

私が生まれる前から、私の家にはミーコという猫が居た。

白くて、ふわふわで、温かかった。

私はミーコが大好きだった。

ミーコもそんな私に懐いてくれた。

父が入院し、母まで体調が悪くなった時も。

中学入試をさせたがった母が何一つ出来ない私に怒り、私が家の外に追い出され一人で泣いていた時も。

両親が働きに出て寂しい時も。

ミーコはいつもそっと傍に居てくれた。

ただ隣に座っていてくれるだけで力をもらえた。

私は無事、母の言っていた私立中学に合格した。

しかし、中学2年生の冬休みに母は言った。

「中学校を辞めて、公立の方に行きなさい」

そんなの嫌だった。

だけど、母は私にもっと上の高校に行って欲しいと言った。

立派な人間になって欲しいと言った。

気持ちは嬉しかった。

私の将来を考えてくれていた。

私にはこの母の説得を拒否出来る言葉が思い付かなかった。

毎晩泣いていた。

新しい学校で虐めも受けた。

近所の大人たちは陰口を言い、私と話してくれなかった。

母を恨んでしまう自分が情けなかった。

先が見えなくて不安だった。

そんな頼りない私が心配だったのか、ミーコは20歳になった。

人間で言うと120歳だと聞いた。

中学3年生になり、ある模試で学年一位になった。

母も褒めてくれた。

私は満面の笑みでミーコに報告した。

ミーコの声が少し高く、明るく感じた。

私が一位になったことが広まると、虐めは段々少なくなって行った。

ミーコは段々弱って行った。

そしてある日、学校から帰ると小屋の中で死んでいた。

冷たかった…。

初めは全然涙が出てこなかった。

ミーコが居なくなるという実感が湧かなかった。

ミーコの墓を作っている間、私は何も話さなかった。

家に帰り落ち着くと、急に実感が湧いて来た。

涙が溢れ出した。

私はまたミーコの墓まで走って行き、言った。

「ミーコ、今までありがとう」

そして涙でぐちゃぐちゃな顔で笑った。

私はもう大丈夫だよ。

しっかり笑って生きて行くよ。

だから…安心してね。

天国で会えたら、ミーコと話がしたいな…。

今度は私がミーコの話を聞いてあげる。

私も楽しい話が出来るように今から頑張るね。

ミーコ、本当に大好きだよ。

関連記事

桜(フリー写真)

桜と最後の嘘

僕は良いところなど一つも無いと言って良い程、嫌な人間だった。 ルックスに自信は無く、頭も良くはない。そして、人に平気で嘘を吐く卑怯者。 僕に構う人など誰も居なかった。もちろ…

夫婦の手(フリー写真)

空席に座る子

旦那の上司の話です。亡くなったお子さんの話だそうです。 主人の上司のA課長は、病気で子供を失いました。 当時5歳。幼稚園で言えば、年中さんですね。 原因は判りません…

お味噌汁(フリー写真)

これで仲直りしよう

昨日の朝、女房と喧嘩した。と言うか酷いことをした。 原因は、夜更かしして寝不足だった俺の寝起き悪さのせいだった。 「仕事行くの嫌だよな」 と呟く俺。 そこで女房…

父(フリー写真)

父と私と、ときどきおじさん

私が幼稚園、年少から年長頃の話である。 私には母と父が居り、3人暮らしであった。 今でも記憶にある、3人でのお風呂が幸せな家族の思い出であった。 父との思い出に、近…

電車内から見る駅のホーム(フリー写真)

おとうさんという言葉

その日は約束の時間ぎりぎりに、舞浜駅のホームから階段を降りた。 雑踏の中には元妻と、ミニリュックを背負った小学3年生の息子が待っていた。 半年ほど見ない間に一回り大きくなっ…

自衛隊員の方々(フリー写真)

直立不動の敬礼

2年前、旅行先での駐屯地祭での事。 例によって変な団体が来て、私は嫌な気分になっていた。 するとその集団に向かって、一人の女子高生とおぼしき少女が向かって行く。 少女…

ビル

予期せぬ守り神

内定式で初めて彼女と出会った。彼女は私たちの同期だった。 彼女は聡明の代名詞のような人だった。学生時代の論文で賞を受けるほどの才女で、周囲からは期待の新星と見なされていた。 …

教室

思春期の揺れる心

中学1年生のころ、私の身近にはO君という特別な存在がいました。 私たちは深く心を通わせ、漫画やCDの貸し借りを楽しんだり、放課後や週末には図書館で学び合ったりしていました。 …

病院(フリー背景素材)

二つ目のセーブデータ

ゲームボーイの『Sa・Ga2 秘宝伝説(以下、サガ2)』は思い出のソフトなんだ…。 今でもよく思い出しては切なくなっています。 ※ 俺さ、生まれた時から酷い小児喘息だったのよ…

山からの眺め(フリー写真)

命があるということ

普通に生きて来ただけなのに、いつの間にか取り返しのつかないガンになっていた。 先月の26日に、あと三ヶ月くらいしか生きられないと言われた。 今は無理を言って退院し、色々な人…