彼女の嘘

公開日: ちょっと切ない話 | 恋愛

花を持つ女性(フリー写真)

あなたは本当に俺を困らせてくれたよね。

あなたと付き合った日。

朝のバスでいきなり大声で、

「付き合ってください!」

そんな大声で言われても困るし。

と言うか場所考えてよ。

初めてのデートの日。

寝坊で3時間も遅れて来た。

あれには正直びびったよ。

ペアマグを一緒に買った日。

あなたは早速帰りに落として壊したよね。

あの後、もう一度買いに行くの面倒だった。

一緒に海遊館へ行った日。

イルカを見ていたら、はぐれちゃったよね。

だってあなたはイルカを見た瞬間、人混みに飛び込んで行ったんだもん。

探すのが大変だった。

それからどこへ行くにも手を繋いでいたね。

俺が修学旅行のお土産のぬいぐるみを渡した時。

あなたは嬉し過ぎてか、大泣きしていたね。

周りの人に泣かせたと思われたらしくて、周りの視線が痛かった。

あなたと一緒に誕生日を祝った日。

帰り際になかなか離してくれなくて、大変だった。

お陰で夜遅く帰って、親に物凄く怒られた。

あなたが、病気の事を打ち明けてくれた時。

何で今まで黙っていたんだよとか、言いたい事が沢山あった。

あなたと一緒に泊まった日。

あなたはテンションが上がり過ぎて、俺の友達に電話やメールをしまくっていたよね。

あの後、学校で皆からの質問攻めが大変だったんだよ?

あなたから、病気は治ったと聞いた時。

自分の事みたいに嬉しかった。

でもそれを言うのが別れる前日って(笑)。

あなたに東京へ行くからと、別れを言われた時。

めちゃくちゃ辛かった。

心が張り裂けそうだった。

あなたと別れて、それでも連絡が毎日のように来ていた時。

別れた意味ないじゃんって、内心思ってた。

とても嬉しかったけど。

あなたからの連絡が途絶えた時。

ああ、忘れられたんだと、とても凹んだ。

高校に入って、あなたから手紙が届いた。

とっても嬉しかった。

でも、そこに入っていた手紙は、あなたからの手紙と、あなたのお母さんからの手紙。

あなたからの手紙には、今までの思い出などが、沢山書いてあった。

それを読んでいる時、今すぐにでも会いたいと、心の中で叫んでいた。

けど、あなたのお母さんからの手紙で、その叫びは打ち消された。

ねえ、何であなたは、病気が治ったなんて嘘を吐いたの?

東京に行く理由も治療のためだって、何で正直に話してくれなかったの?

俺が悲しまないようにって、嘘吐かれた方が悲しいんだよ?

俺はあなたの彼氏です。彼氏なんだから、最後くらい、一緒に居たかったよ。

あなたからの手紙の最後の言葉。

『あなたを愛しています』

その言葉は、あなたの口から、聞きたかったよ。

沢山愚痴を書いたけどね、一つ確かな事がある。

それは、あなたと一緒に居れば、笑顔が絶えなかった事。

あなたと一緒に居るのが、本当に楽しかった。

本当に、ありがとうね。

あれ以来、本気で恋をするのが恐かった。

また、嘘を吐かれるんじゃないかって。

臆病になっていたんだ。

でも、この間、またあなたから小包が届いた。

そこに入っていたのは、あなたが付けていた闘病日記の一ページと、あなたのお気に入りのピアス。

あなたは死んでも、僕を困らせてくれるんだね。

『私の最後のお願い。

私以上に、誰かを愛して下さい』

あなたのピアスは今、僕の首にネックレスとなって掛かっています。

あなたの最後のお願いを叶えるために、新しい恋を、今日から始めるよ。

ありがとう。

通帳(フリー写真)

ばあちゃんの封筒

糖尿病を患っていて、目が見えなかったばあちゃん。 一番家が近くて、よく遊びに来る私を随分可愛がってくれた。 思えば、小さい頃の記憶は、殆どばあちゃんと一緒に居た気がする(母…

星空(フリー写真)

一生懸命に生きて

私は昨日、小学4年生の子から手紙で相談を受けました。 『僕のお母さんに元気になって欲しくて、プレゼントをあげたいんだけど、僕のお小遣いは329円しかありません。この値段で買えて、…

ファミコン(フリー写真)

消えた冒険の書

私には、兄が居ました。 三つ年上の兄は、妹思いの優しい兄でした。 子供の頃はよくドラクエ3を兄と一緒にやっていました(私は見ているだけでした)。 勇者が兄で、僧侶が私…

家の居間(フリー写真)

妹を守る兄

兄が6歳、私が2歳の頃に両親が離婚した。 私にその当時の記憶は殆ど無く、お父さんが居ないことを気にした覚えもありませんでした。 小学生に上がる頃に母が再婚し、義理の父が本当…

犬(フリー写真)

愛犬が繋いだ絆

11年間、飼っていた愛犬が亡くなった。 死ぬ前の半年間、自分はろくに家に帰らず、世話も殆どしなかった。 その間にどんどん衰えて行っていたのに、あまり見ることも触ることもなく…

東京ドーム(フリー写真)

野球、ごめんね

幼い頃に父が亡くなり、母は再婚もせずに俺を育ててくれた。 学も無く技術も無かった母は、個人商店の手伝いのような仕事で生計を立てていた。 それでも当時住んでいた土地にはまだ人…

冬と春の境界(フリー写真)

人間としての愛

1月の朝がとても寒い時に、必ず思い出す少年がいます。 当時、私は狭心症で休職し、九州の実家にて静養していた時でした。 毎朝、愛犬のテツと散歩していた時に、いつも遅刻して実家…

沖縄のビーチ(フリー写真)

母の唯一のワガママ

「沖縄に行かない?」 いきなり母が電話で聞いて来た。 当時は大学三年生で、就活で大変な時期だったため、 「忙しいから駄目」 と言ったのだが、母はなかなか諦めない…

婚約指輪(フリー写真)

渡せなかった婚約指輪

彼女と死別した。 気付いたらもう3年も前の話だ。 彼女の誕生日の前日、プロポーズした。 「誕生日のプレゼントと婚約指輪、一緒にしちゃっていい?」 と笑って話して…

手紙(フリー写真)

神様に宛てた手紙

四歳になる娘が字を教えて欲しいと言ってきたので、どうせすぐ飽きるだろうと思いつつも、毎晩教えていた。 ある日、娘の通っている保育園の先生から電話があった。 「○○ちゃんから…