彼女の嘘

公開日: ちょっと切ない話 | 恋愛

花を持つ女性(フリー写真)

あなたは本当に俺を困らせてくれたよね。

あなたと付き合った日。

朝のバスでいきなり大声で、

「付き合ってください!」

そんな大声で言われても困るし。

と言うか場所考えてよ。

初めてのデートの日。

寝坊で3時間も遅れて来た。

あれには正直びびったよ。

ペアマグを一緒に買った日。

あなたは早速帰りに落として壊したよね。

あの後、もう一度買いに行くの面倒だった。

一緒に海遊館へ行った日。

イルカを見ていたら、はぐれちゃったよね。

だってあなたはイルカを見た瞬間、人混みに飛び込んで行ったんだもん。

探すのが大変だった。

それからどこへ行くにも手を繋いでいたね。

俺が修学旅行のお土産のぬいぐるみを渡した時。

あなたは嬉し過ぎてか、大泣きしていたね。

周りの人に泣かせたと思われたらしくて、周りの視線が痛かった。

あなたと一緒に誕生日を祝った日。

帰り際になかなか離してくれなくて、大変だった。

お陰で夜遅く帰って、親に物凄く怒られた。

あなたが、病気の事を打ち明けてくれた時。

何で今まで黙っていたんだよとか、言いたい事が沢山あった。

あなたと一緒に泊まった日。

あなたはテンションが上がり過ぎて、俺の友達に電話やメールをしまくっていたよね。

あの後、学校で皆からの質問攻めが大変だったんだよ?

あなたから、病気は治ったと聞いた時。

自分の事みたいに嬉しかった。

でもそれを言うのが別れる前日って(笑)。

あなたに東京へ行くからと、別れを言われた時。

めちゃくちゃ辛かった。

心が張り裂けそうだった。

あなたと別れて、それでも連絡が毎日のように来ていた時。

別れた意味ないじゃんって、内心思ってた。

とても嬉しかったけど。

あなたからの連絡が途絶えた時。

ああ、忘れられたんだと、とても凹んだ。

高校に入って、あなたから手紙が届いた。

とっても嬉しかった。

でも、そこに入っていた手紙は、あなたからの手紙と、あなたのお母さんからの手紙。

あなたからの手紙には、今までの思い出などが、沢山書いてあった。

それを読んでいる時、今すぐにでも会いたいと、心の中で叫んでいた。

けど、あなたのお母さんからの手紙で、その叫びは打ち消された。

ねえ、何であなたは、病気が治ったなんて嘘を吐いたの?

東京に行く理由も治療のためだって、何で正直に話してくれなかったの?

俺が悲しまないようにって、嘘吐かれた方が悲しいんだよ?

俺はあなたの彼氏です。彼氏なんだから、最後くらい、一緒に居たかったよ。

あなたからの手紙の最後の言葉。

『あなたを愛しています』

その言葉は、あなたの口から、聞きたかったよ。

沢山愚痴を書いたけどね、一つ確かな事がある。

それは、あなたと一緒に居れば、笑顔が絶えなかった事。

あなたと一緒に居るのが、本当に楽しかった。

本当に、ありがとうね。

あれ以来、本気で恋をするのが恐かった。

また、嘘を吐かれるんじゃないかって。

臆病になっていたんだ。

でも、この間、またあなたから小包が届いた。

そこに入っていたのは、あなたが付けていた闘病日記の一ページと、あなたのお気に入りのピアス。

あなたは死んでも、僕を困らせてくれるんだね。

『私の最後のお願い。

私以上に、誰かを愛して下さい』

あなたのピアスは今、僕の首にネックレスとなって掛かっています。

あなたの最後のお願いを叶えるために、新しい恋を、今日から始めるよ。

ありがとう。

柴犬(フリー写真)

犬のきなこ

10年以上前、友達が一匹の柴犬を飼い始めた。 体の色が似ているからと言って、その犬は『きなこ』という名前になった。 友達は夕方になるとよく『きなこ』を散歩させていた。 …

父の手(フリー写真)

受け継がれた情熱

俺の親父は消防士だった。 いつ何があってもおかしくない仕事だから、よく母に 「俺に何かあっても、お前らが苦労しないようにはしてる」 と言っていたのを憶えている。 ※…

母に渡す花(フリー写真)

お母さんの看病がしたいよ

19歳の頃、癌で入院中のお母さんに、泊り込みで付き添っていた。 その頃、私は予備校に行っていた。 お母さんが 「看護婦さんになって欲しい」 と言ったから、一つく…

カップル(フリー写真)

彼女に振られた理由

付き合って3年の彼女に唐突に振られた。 「他に好きな男が出来たんだー、じゃーねー」 就職して2年、そろそろ結婚とかも真剣に考えてたっつーのに、目の前が真っ暗になった。 …

バー(フリー写真)

大好きな姉

20歳を迎えたその日、姉が雰囲気の良いショットバーに連れて行ってくれた。 初めてのバーに圧倒されている俺を見て、姉は 「緊張してんの? 何か子供の頃のアンタみたい」 …

カップルと夕日(フリー写真)

国境と愛

彼女と俺は同じ大学だった。二人とも無事四年生になってすぐの4月、連日のように中国での反日デモがニュース番組を賑わしていた頃のこと。 中国人の彼女とはどうしても険悪なムードになるか…

田舎の風景(フリー写真)

せめて届かないだろうか

葬式、行けなくてゴメン。 マジでゴメン。 行かなかったことに言い訳できないけどさ、せめてものお詫びに、お前んちの裏の山に登って来たんだ。 工事用の岩の間に作った基地さ…

犬(フリー写真)

コロの思い出

うちにはコロという名前の雑種の犬が居ました。 白色と茶色の長い毛がふわふわしている犬でした。 私が学生の頃は学校から帰って来る時間になると毎日、通学路が見える場所に座り、遠…

雨(フリー写真)

真っ直ぐな青年の姿

20年前、私は団地に住んでいました。 夜の20時くらいに会社から帰ると、団地前の公園で雨の中、一人の男の子が傘もささず向かいの団地を見ながら立っていました。 はっきり言って…

指切り(フリー写真)

幸せをありがとう

「いっぱいの幸せをありがとう。 私は幸せ者だ。 だって最期にあなたの顔を見られたから。 これも日頃の何とやらなのかな?」 病室のベッドで手を握りながら彼女は言…