私のこと忘れないでね

お手玉(フリー写真)

遠い昔、私が小学4年生の頃の話です。

当時の僕は人見知りで臆病で、積極的に話しかけたりするのが出来ない性格でした。

休み時間、みんなは外に出て遊んでいても、僕は教室の椅子にずっと座っていました。

しかし、一人でいるのが好きな訳ではないので、凄く寂しい思いをしていました。

ある日、休み時間いつも通り席に座ってると、隣の席の女子に

「何で男子のみんなと遊びに行かないの」

と言われました。

その時は、つい強がって

「外で遊びたい気分じゃないから」と言いました。

暫くしてその子に、

「じゃあ、私と中で遊ぼう」と言われ、けん玉をしたりお手玉をしたり、

だんだん楽しくなってしまいキャッチボールをしていたら、担任の先生に

「それ外遊びだから、教室でやらないで」と怒られました。

下校の時間、その人を見かけたので、

「休み時間の時、楽しかったね」と言うと、

「先生には怒られたけどね」と言いました。

翌日も、その翌日も、その子と遊んでいたら、だんだんと遊ぶ人数が増えて行き、それから僕はクラスの男子とも外に出て遊ぶようになりました。

それから何週間か過ぎたある休み時間、外に出ようとしたら、その子に「待って」と言われました。

しかし、その子は何も言わなかったので「休み時間終わったらで良い?」と遊びに行きました。

その日のホームルームの時間、担任の先生から、その子が転校することを伝えられました。

その時の僕は、親友だと思っていたその子に大事なことを伝えてもらえなかった事に腹を立てていて、その人の気持ちを考えることが出来ませんでした。

掃除の時間になり、その子の机を運んでいたら、引き出しからお手玉が落ちました。

その瞬間、僕はあの日、その子と遊んだことが今までで一番楽しかった事を思い出しました。

あの日の夜、人生で初めて友達が出来たことが嬉しくて嬉しくて、嬉しさのあまり泣いてしまったのを思い出しました。

僕は考えました。

その人と会わなかったら、僕は誰とも話すことができなくて寂しく人生を送っていた。

その人は僕の人生を変えてくれた運命の人だと思いました。

帰りの会が終わり、僕はその人に

「本当にありがとう、友達になってくれて」

と言いました。

そしたらその人にこう言われました。

「君のおかげで私も楽しかった。私のこと忘れないでね」

あれから60年、私は今年で70歳になりますが、あの人の事は今も忘れていません。

関連記事

浜辺で手を繋ぐカップル(フリー写真)

彼女の面影

彼女が痴呆になりました。 以前から物忘れが激しかったが、ある日の夜中に突然、昼ご飯と言って料理を始めた。 更に、私は貴方の妹なのと言ったりするので、これは変だと思い病院へ行…

新郎新婦(フリー写真)

結婚式場の小さな奇跡

栃木県那須地域(大田原市)に『おもてなし』の心でオンリーワン人情経営の結婚式場があります。 建物は地域の建築賞を受賞(マロニエ建築デザイン賞)する程の業界最先端の建物、内容、設…

親子(フリー写真)

娘が好きだったハム太郎

娘が六歳で死んだ。 ある日突然、風呂に入れている最中に意識を失った。 直接の死因は心臓発作なのだが、持病の無い子だったので病院も不審に思ったらしく、俺は警察の事情聴取まで受…

恋人同士(フリー写真)

がんばろうや

親父がサラ金で借金を作って逃げた。 それで、とうの昔に別居していた母さんと住む事になった。 友達にも母さんにも明るく振る舞っているけど、正直参っている。 「あんたは強…

キャンドル(フリー写真)

キャンドルに懸けた想い

僕は24歳の時、当時勤めていた会社を退職して独立しました。 会社の駐車場で寝泊まりし、お子さんの寝顔以外は殆ど見ることが無いと言う上司の姿に、未来の自分の姿を重ねて怖くなったこと…

ベンチに座る老夫婦(フリー写真)

最初で最後のラブレター

脳梗塞で入退院を繰り返していた祖父。 私たち家族は以前からの本人の希望通り、医師から余命があと僅かであることを知らされていたが、祖父には告知しないでいた。 「元気になって、…

炊き込みご飯(フリー写真)

母の炊き込みご飯

俺は小学生の頃、母の作った炊き込みご飯が大好物だった。 特にそれを口に出して伝えた事は無かったけど、母はちゃんと解っていて、誕生日や何かの記念日には、我が家の夕食は必ず炊き込みご…

赤い糸(フリー写真)

同級生との再会

私はその日、両親、妹と住宅展示場に来ていました。 家を新築する予定となり、両親はここのところ住宅展示場巡りをしていました。 私はなかなか予定が合わず、住宅展示場に来るのはこ…

夫婦の手(フリー写真)

空席に座る子

旦那の上司の話です。亡くなったお子さんの話だそうです。 主人の上司のA課長は、病気で子供を失いました。 当時5歳。幼稚園で言えば、年中さんですね。 原因は判りません…

靴を持つ夫婦(フリー写真)

二つの指輪

「もう死にたい…。もうやだよ…。つらいよ…」 妻は産婦人科の待合室で、人目もはばからず泣いていた。 前回の流産の時、私の妹が妻に言った言葉…。 「中絶経験があったりす…