今は亡き僕の先生

診療所(フリー写真)

僕は幼い頃から病弱で、いつも何かしらの病気にか罹っていた。

例えば、喘息、熱、インフルエンザなど。

そのような時はいつも診療所の先生に診ていただいていた。

その先生はとてもパワフルな人だった。

一日に何十人と患者を診て疲れているはずなのに、いつも元気で笑顔も絶やさない素敵な人だった。

そんな先生を僕は尊敬していた。

小学生の時も中学生の時も、僕が病気になった時はいつも診てくれていた。

あれから月日が経ち、僕は高校生になった。

病弱だった自分にとって、病気にならない体になったことは憧れだった。

自分は憧れていたものになれたと思った。

しかし高校で虐めを受けるようになり、塞ぎ込んで家に引き篭もることが増えた。

そんな時、先生の診療所がカウセリングをしているのを知って行くことにした。

お話を聞いてくれたのは、幼い頃からお世話になっていた当時の先生だった。

ある日、いつものようにカウセリングに行くと、一枚の紙を渡された。

「この紙に嫌なことと好きなことを書いて、また来る時に渡して欲しい」

僕は悩みに悩んで書くことにした。

明朝の起床時、家族が僕に告げた。

「先生、亡くなったんだって。

診察していた時に亡くなったって」

僕は一瞬、その言葉の意味が解らなかった。

それから暫く経ち、診療所へ行った。

その時は先生の娘さんが後を継いで、診療所を切り盛りしていた。

先生が僕のことを色々話していたよ、と聞かされた。

学校で頑張っていたことや、体調面のこと。

来てくれた時にいつも色々なお話を聞けて、元気をもらっていたこと。

孫のように見ていて気にかけていてくれたこと。

そのお話を聞いて僕は泣いた。

涙が止まらなかった。止めようとしてもずっと涙が溢れた。

僕はあなたが居てくれたから頑張って来られた。

あなたが居てくれたから、病気も治った。

もっと生きていて欲しかった。

もっと色々な患者さんを診て欲しかった。

何で…。

もっとお話を聞いて欲しかった。

それからまた月日が流れ、僕は大人になっていた。

定期的に先生のお墓参りに行き、いつも決まって出来事を報告するようにしていた。

亡くなる前、そう言えば先生と約束していたな。

何か誇りを見つけろ、と。

先生、僕の誇りはあなたです。

色々なことを教えてくれた先生。

今でもずっと先生のお墓参りに通っている。

投稿者: 須藤様

桜(フリー写真)

進学を願ってくれた母

僕の家は兄弟三人の母子家庭です。 母子家庭という事もあり、母は何も言わなかったけど家庭は火の車でした。 電気が止まった時も。 ガスが止まった時も。 中学の校納金…

空(フリー写真)

4歳の約束

7ヶ月前、妻が他界して初めての娘の4歳の誕生日。 今日は休みを取って、朝から娘と二人、妻の墓参りに出掛けて来た。 妻の死後はあんなに、 「ママにあいたい」 「…

病室(フリー背景素材)

またどこかで会おうね

俺は以前、病院勤務をしていた。と言っても看護婦や医者などの有資格者じゃないんだけどね。 それでさ、掃除しようと思ってある病室に入ったんだよ。 よく知らずに入ったらさ、どうや…

カルテを持つ医師(フリー写真)

医者になれ

高校一年生の夏休みに、両親から 「大事な話がある」 と居間に呼び出された。 親父が癌で、もう手術では治り切らない状態であると。 暑さとショックで頭がボーっとして…

犬(フリー写真)

コロの思い出

うちにはコロという名前の雑種の犬が居ました。 白色と茶色の長い毛がふわふわしている犬でした。 私が学生の頃は学校から帰って来る時間になると毎日、通学路が見える場所に座り、遠…

駄菓子屋(フリー写真)

駄菓子屋に集結したヒーロー

近所に古い駄菓子屋がある。 経営しているのは、お婆ちゃん一人だけ(お爺ちゃんは5年程前に病気で亡くなってしまった)。 いつもニコニコしていて、とても優しいお婆ちゃんで、お金…

万年筆(フリー写真)

わすれられないおくりもの

生まれて初めて、万年筆をくれた人がいました。 私はまだ小学4年生で、使い方も知りませんでした。 万年筆をくれたので、その人のことを『万年筆さん』と呼びます。 万年筆…

献花(フリー写真)

課長の笑顔

私の前の上司(課長)は無口、無表情。雑談には加わらず、お酒も飲まず、人付き合いをしない堅物でした。 誠実公平、どんな時でも冷静なので頼もしい上司なのですが、堅過ぎて近寄り難い雰囲…

空(フリー写真)

才能の代わりに

小学生の時、少し知恵遅れのA君が居た。 足し算、引き算などの計算や、会話のテンポが少し遅い。でも、絵がとても上手な子だった。 彼はよく空の絵を描いた。抜けるような色合いには…

ベゴニア(フリー写真)

初めて好きになった人

俺が小学6年生の頃の話。 俺は当時、親の転勤で都会から田舎へと引っ越しをした。時期はちょうど夏休み。全く知らない土地で暮らすのはこれで五回目だった。 引っ越しが終わり、夏休…