今は亡き僕の先生

診療所(フリー写真)

僕は幼い頃から病弱で、いつも何かしらの病気にか罹っていた。

例えば、喘息、熱、インフルエンザなど。

そのような時はいつも診療所の先生に診ていただいていた。

その先生はとてもパワフルな人だった。

一日に何十人と患者を診て疲れているはずなのに、いつも元気で笑顔も絶やさない素敵な人だった。

そんな先生を僕は尊敬していた。

小学生の時も中学生の時も、僕が病気になった時はいつも診てくれていた。

あれから月日が経ち、僕は高校生になった。

病弱だった自分にとって、病気にならない体になったことは憧れだった。

自分は憧れていたものになれたと思った。

しかし高校で虐めを受けるようになり、塞ぎ込んで家に引き篭もることが増えた。

そんな時、先生の診療所がカウセリングをしているのを知って行くことにした。

お話を聞いてくれたのは、幼い頃からお世話になっていた当時の先生だった。

ある日、いつものようにカウセリングに行くと、一枚の紙を渡された。

「この紙に嫌なことと好きなことを書いて、また来る時に渡して欲しい」

僕は悩みに悩んで書くことにした。

明朝の起床時、家族が僕に告げた。

「先生、亡くなったんだって。

診察していた時に亡くなったって」

僕は一瞬、その言葉の意味が解らなかった。

それから暫く経ち、診療所へ行った。

その時は先生の娘さんが後を継いで、診療所を切り盛りしていた。

先生が僕のことを色々話していたよ、と聞かされた。

学校で頑張っていたことや、体調面のこと。

来てくれた時にいつも色々なお話を聞けて、元気をもらっていたこと。

孫のように見ていて気にかけていてくれたこと。

そのお話を聞いて僕は泣いた。

涙が止まらなかった。止めようとしてもずっと涙が溢れた。

僕はあなたが居てくれたから頑張って来られた。

あなたが居てくれたから、病気も治った。

もっと生きていて欲しかった。

もっと色々な患者さんを診て欲しかった。

何で…。

もっとお話を聞いて欲しかった。

それからまた月日が流れ、僕は大人になっていた。

定期的に先生のお墓参りに行き、いつも決まって出来事を報告するようにしていた。

亡くなる前、そう言えば先生と約束していたな。

何か誇りを見つけろ、と。

先生、僕の誇りはあなたです。

色々なことを教えてくれた先生。

今でもずっと先生のお墓参りに通っている。

投稿者: 須藤様

関連記事

桜(フリー写真)

娘を思う父の心

この前、娘が大学受けたんですよ、初めてね。 で、生まれて初めて娘の合格発表を迎えた訳ですわ。正直、最初は合格発表を見に行った娘の電話を待つのなんて簡単だと思ってたのよ。みんな普通…

バイキングのお皿(フリー写真)

埃まみれのパンチパーマ

阪神大震災後の話。 当時、俺はあるファミレスの店員をしていて、震災後はボランティアでバイキングのみのメニューを無料で提供する事になった。 開店と同時に満席になって待ち列が出…

ドーベルマン(フリー写真)

リードを噛み千切り

普段は俺のことをバカにしまくっているドーベルマンのロッキー。 しかし小学生の時、ロッキーは俺を助けてくれた。 ※ お袋の実家に帰省していた時、近所の大きな川にロッキーと一緒に…

女性の後姿(フリー写真)

宝物ボックス

俺が中学2年生の時だった。 幼馴染で結構前から恋心も抱いていた、Kという女子が居た。 でもKは、俺の数倍格好良い男子と付き合っていた。俺が敵う相手ではなかった。 彼女…

牢屋

想像の中の少女と共に

大戦中、ドイツ軍の捕虜収容所に居たフランス兵たちのグループが、捕虜生活の苛立ちから来る仲間内の争いや悲嘆を紛らわすために、共同で「脳内共同ガールフレンド」を創り出した話。 彼ら…

手のひら(フリー写真)

出会い

昔、美術館でバイトをしていた。 その日の仕事は、地元の公募展の受け付け作業。 一緒に審査員の先生も一人同席してくれる。 その時に同席してくれたのは、優しいおじいちゃん…

親子(フリー写真)

お袋からの手紙

俺の母親は俺が12歳の時に死んだ。 ただの風邪で入院してから一週間後に、死んだ。 親父は俺の20歳の誕生日の一ヶ月後に死んだ。 俺の20歳の誕生日に、入院中の親父から…

電車の車内(フリー写真)

みんな同じ

俺の娘は今年、4歳になる。 嫁は娘を生んですぐに家を飛び出したので、子供には母親の記憶は無い。 今まで母親のことはあまり話題にせず避けて来たのだが、この間ちょっと考えさせら…

月明かり(フリー写真)

お月さんの下で

昨日、彼女の家の犬が死んだ。 彼女の家は昔、彼女の兄貴が高校生という若さで自殺してから、両親も彼女もうつ病になって酷い状態だったらしい。 そんな時に引き取って来た犬だったそ…

手紙

母の願い

毎日の小さな痛みや苦しみがあっても、子供たちが元気でいることが、私にとっての最大の喜びです。子供たちの笑顔や元気な声を聞くと、心から幸せを感じます。子供たちがありがとうと言ってくれる…