花火とプロポーズ

公開日: ちょっと切ない話 | 恋愛 | 長編

花火(フリー写真)

2012年の夏。

付き合って2年になる彼女がいた。

彼女とは中学の同級生で、成人してから付き合い始めた。

同窓会で2年振りの再会。

お互いにどんな性格なのか、趣味が何なのかなど知っていたので、付き合うまでにそう時間は掛からなかった。

彼女の家と、俺の家は近かったが、毎日会う訳でもなかった。

連絡も気まぐれにするような感じで、頻繁という訳でもなかった。

だけど俺は彼女のことが大好きで、

『きっとこいつと結婚するんだろうな』

という思いが、心の中にあった。

付き合って2年目の夏、

「今年も花火行こう!」「夏祭りに出掛けよう!」

と、彼女との恒例の話が始まった。

結婚も現実味を帯び、

『今年はこのイベントを使ってプロポーズをしよう!』

と決めていた俺だった。

『どんな風に言えば彼女は喜んでくれるだろうか、どう伝えれば彼女の心に響くのだろう』

と悩みに悩み、プロポーズする日ギリギリまで、毎日のように紙に書いてはこうじゃない、こうでもない、と考えていた。

やがてプロポーズの言葉も決まり、後はメッセージ花火に乗せて伝えるだけ。

『彼女は驚くだろうか? 笑うのかな? 泣くのかな?』

なんて想像をしながら、プロポーズの日を待った。

プロポーズ前日の朝。

彼女から、

『今日は友達と遊びに行って来るね。明日の浴衣を買いに行って来るわ!どんなんにしよかな~? 楽しみにしてて』

とメールが入っていた。

俺は想像を膨らませ、仕事に出掛けた。

仕事が終わり、帰宅しようと携帯の電源を入れた。

すると、一本の電話が鳴った。

彼女の家族からだった。

「○○(俺)君、今から△△病院まで来てくれる?」

『何で病院?』と若干パニックになりながらも、俺は急いで向かった。

病院の入り口で彼女の家族が待っていた。

「何があったんですか?」

と聞く俺に、彼女の家族が

「あのね、落ち着いて聞いてね。

今日の朝、出掛けると言って出て行った□□(彼女)が事故に遭って。

打ちどころが悪くて今、意識が無いの。

今夜が山って言われて」

俺は頭の中が真っ白になった。

急いでICUに向かうと、スヤスヤ眠っている彼女。

その姿を見て、

『何だ、オーバーな。寝てるだけじゃないか。今夜が山? 朝になれば目を覚ますやろ』

と、俺は思った。

朝になっても目を覚まさない彼女。

峠を越えたと思ったが、プロポーズ当日の夜になっても目を覚まさない。

花火の時間になり、会場近くだった病院の周りは人で埋め尽くされて行った。

病院の窓から見える花火。

本当なら今頃、俺は彼女や友人たちと一緒に、この花火を見ているよな。

彼女は新しい浴衣を着て、俺の横で

「綺麗やね~!」

と満面の笑顔で言っているよな。

なんて、考えながら花火を見ていた。

メッセージ花火の時間。

会場からアナウンサーの声が聞こえた。

「○○さんから□□さんへ。

至らない俺やけど、これからの人生、俺の横でずっとその素敵な笑顔を見せてくれへん?」

というプロポーズの言葉と共に、彼女への花火が打ち上がった。

花火終了の時刻。

とうとう意識も戻らず、家族や友人に見守られながら、彼女は息を引き取った。

あれから2年。

今年も花火の季節がやって来る。

あの時、どんな風に返事をしてくれたのか。

今となってはもう分からない。

手を繋いで夕日を眺めるカップル(フリー写真)

ずっと並んで歩こうよ

交通事故に遭ってから左半身に少し麻痺が残り、日常生活に困るほどではないけれど、歩くとおかしいのがばれる。 付き合い始めの頃、それを気にして一歩下がるように歩いていた私に気付き、手…

広島平和記念碑 原爆ドーム(フリー写真)

忘れてはならない

今日が何の日かご存知であろうか。知識としての説明は必要ないだろう。 だが一歩その先へ。それが、自分の経験であったかもしれないことを想像して頂きたい。 向こう70年、草木も生…

万年筆(フリー写真)

わすれられないおくりもの

生まれて初めて、万年筆をくれた人がいました。 私はまだ小学4年生で、使い方も知りませんでした。 万年筆をくれたので、その人のことを『万年筆さん』と呼びます。 万年筆…

祖母の手(フリー写真)

おばあちゃんの深い愛

幼い頃から両親が共働きで、俺の面倒を見てくれたばあちゃん。 俺は癇癪持ちだったからめちゃくちゃ怒られたけど(笑)。 あまりにも怒らせると、トイレに閉じ込められたりもした。…

たんぽぽを持つ手(フリー写真)

あした

私の甥っ子は、母親である妹が病気で入院した時に、暫くパパママと離れて実家の父母の家に預けられていました。 「ままがびょうきだから、おとまりさせてね」 と言いながら、小さな体…

街の夕日(フリー写真)

人とのご縁

自分は三人兄弟の真ん中として、どこにでもある中流家庭で育ちました。 父はかなり堅い会社のサラリーマンで、性格も真面目一筋。それは厳格で厳しい父親でした。 母は元々小学校の教…

浜辺を走る親子(フリー写真)

両親は大切に

人前では殆ど泣いたことのない俺が、生涯で一番泣いたのはお袋が死んだ時だった。 お袋は元々ちょっと頭が弱くて、よく家族を困らせていた。 思春期の俺は、普通とは違う母親がむかつ…

雨(フリー写真)

真っ直ぐな青年の姿

20年前、私は団地に住んでいました。 夜の20時くらいに会社から帰ると、団地前の公園で雨の中、一人の男の子が傘もささず向かいの団地を見ながら立っていました。 はっきり言って…

家の居間(フリー写真)

妹を守る兄

兄が6歳、私が2歳の頃に両親が離婚した。 私にその当時の記憶は殆ど無く、お父さんが居ないことを気にした覚えもありませんでした。 小学生に上がる頃に母が再婚し、義理の父が本当…

結婚式の花嫁さん(フリー写真)

お父さんよりいい男

私の小さい頃の夢は、お父さんのお嫁さんになることでした。 お父さんに対して、嫌いと思ったことも嫌だと思ったこともありませんでした。 周りの友達よりもお父さんとは仲良しだった…