花火とプロポーズ

公開日: ちょっと切ない話 | 恋愛 | 長編

花火(フリー写真)

2012年の夏。

付き合って2年になる彼女がいた。

彼女とは中学の同級生で、成人してから付き合い始めた。

同窓会で2年振りの再会。

お互いにどんな性格なのか、趣味が何なのかなど知っていたので、付き合うまでにそう時間は掛からなかった。

彼女の家と、俺の家は近かったが、毎日会う訳でもなかった。

連絡も気まぐれにするような感じで、頻繁という訳でもなかった。

だけど俺は彼女のことが大好きで、

『きっとこいつと結婚するんだろうな』

という思いが、心の中にあった。

付き合って2年目の夏、

「今年も花火行こう!」「夏祭りに出掛けよう!」

と、彼女との恒例の話が始まった。

結婚も現実味を帯び、

『今年はこのイベントを使ってプロポーズをしよう!』

と決めていた俺だった。

『どんな風に言えば彼女は喜んでくれるだろうか、どう伝えれば彼女の心に響くのだろう』

と悩みに悩み、プロポーズする日ギリギリまで、毎日のように紙に書いてはこうじゃない、こうでもない、と考えていた。

やがてプロポーズの言葉も決まり、後はメッセージ花火に乗せて伝えるだけ。

『彼女は驚くだろうか? 笑うのかな? 泣くのかな?』

なんて想像をしながら、プロポーズの日を待った。

プロポーズ前日の朝。

彼女から、

『今日は友達と遊びに行って来るね。明日の浴衣を買いに行って来るわ!どんなんにしよかな~? 楽しみにしてて』

とメールが入っていた。

俺は想像を膨らませ、仕事に出掛けた。

仕事が終わり、帰宅しようと携帯の電源を入れた。

すると、一本の電話が鳴った。

彼女の家族からだった。

「○○(俺)君、今から△△病院まで来てくれる?」

『何で病院?』と若干パニックになりながらも、俺は急いで向かった。

病院の入り口で彼女の家族が待っていた。

「何があったんですか?」

と聞く俺に、彼女の家族が

「あのね、落ち着いて聞いてね。

今日の朝、出掛けると言って出て行った□□(彼女)が事故に遭って。

打ちどころが悪くて今、意識が無いの。

今夜が山って言われて」

俺は頭の中が真っ白になった。

急いでICUに向かうと、スヤスヤ眠っている彼女。

その姿を見て、

『何だ、オーバーな。寝てるだけじゃないか。今夜が山? 朝になれば目を覚ますやろ』

と、俺は思った。

朝になっても目を覚まさない彼女。

峠を越えたと思ったが、プロポーズ当日の夜になっても目を覚まさない。

花火の時間になり、会場近くだった病院の周りは人で埋め尽くされて行った。

病院の窓から見える花火。

本当なら今頃、俺は彼女や友人たちと一緒に、この花火を見ているよな。

彼女は新しい浴衣を着て、俺の横で

「綺麗やね~!」

と満面の笑顔で言っているよな。

なんて、考えながら花火を見ていた。

メッセージ花火の時間。

会場からアナウンサーの声が聞こえた。

「○○さんから□□さんへ。

至らない俺やけど、これからの人生、俺の横でずっとその素敵な笑顔を見せてくれへん?」

というプロポーズの言葉と共に、彼女への花火が打ち上がった。

花火終了の時刻。

とうとう意識も戻らず、家族や友人に見守られながら、彼女は息を引き取った。

あれから2年。

今年も花火の季節がやって来る。

あの時、どんな風に返事をしてくれたのか。

今となってはもう分からない。

関連記事

ハンバーグ(フリー写真)

お母さんの弁当

俺の母さんは、生まれつき両腕が不自由だった。 なので料理は基本的に父が作っていた。 でも遠足などで弁当が必要な時は、母さんが頑張って作ってくれていた。 ※ 小学六年生の…

婚約指輪(フリー写真)

例外の入籍手続き

彼は肺がんで入院していて、余命宣告されていました。 本人は退院後の仕事の予定も入れ、これからの人生に気力を振り絞っていました。 私と彼は半同棲状態、彼はバツイチ、そして大分…

空(フリー写真)

生まれつき

私は生まれつき足に大きな痣があり、それが自分自身でも大嫌いでした。 更に小学生の頃、不注意からやかんの熱湯をひっくり返してしまい、両足に酷い火傷を負ってしまいました。 それ…

夫婦(フリー写真)

幸せなことは何度でもある

結婚5年目に、ようやく待ちに待った子供が産まれた。 2年経って子供に障害があることが判明し、何もかもが嫌になって子供と死のうと思った。 そしたら旦那がメールが届いた。 ※…

学校の机(フリー写真)

君が居なかったら

僕は小さい頃に両親に捨てられ、色々な所を転々として生きてきました。 小さい頃には「施設の子」とか「いつも同じ服を着た乞食」などと言われました。 偶に同級生の子と遊んでいて、…

眠る犬(フリー写真)

飼い犬との別れ

今年の元旦の事だった。 僕の実家にはKという犬が居た。 Kは僕が大学の頃に飼い始めて、かれこれ14年。 飼い始めの頃はまだちっちゃくて、公園に散歩に連れて行っても、懸…

カップル(フリー写真)

僕はずっと傍に居るよ

私は昔から、何事にも無関心で無愛想でした。 友達は片手で数えるほどしか居らず、恋愛なんて生まれてこの方、二回しか経験がありません。 しかし無愛想・無関心ではやって行けないご…

恋人(フリー写真)

彼からの手紙

幼稚園から一緒だった幼馴染の男の子が居た。 私は今でも憶えている。 彼に恋した日のことを。 ※ 幼稚園で意味もなく友達に責められている時に唯一、私の側に居てくれて、ギュ…

夕日と花を掴む手(フリー写真)

泣くな

ある日、教室へ行くと座席表が書いてあった。 私の席は廊下側の前から二番目。彼は窓側の一番後ろの席。離れてしまった。 でも同じクラスで本当に良かった。 ※ クラスに馴染ん…

子供たち(フリー写真)

子ども達への無償の愛

『40年かけて35人の道に捨てられた子どもを拾い救って来た女性』 ある一人の女性に隠されたストーリーが、世界中に感動を与えている。 その女性とは、中国の楼小英(ロウ シャオ…