花火とプロポーズ

公開日: ちょっと切ない話 | 恋愛 | 長編

花火(フリー写真)

2012年の夏。

付き合って2年になる彼女がいた。

彼女とは中学の同級生で、成人してから付き合い始めた。

同窓会で2年振りの再会。

お互いにどんな性格なのか、趣味が何なのかなど知っていたので、付き合うまでにそう時間は掛からなかった。

彼女の家と、俺の家は近かったが、毎日会う訳でもなかった。

連絡も気まぐれにするような感じで、頻繁という訳でもなかった。

だけど俺は彼女のことが大好きで、

『きっとこいつと結婚するんだろうな』

という思いが、心の中にあった。

付き合って2年目の夏、

「今年も花火行こう!」「夏祭りに出掛けよう!」

と、彼女との恒例の話が始まった。

結婚も現実味を帯び、

『今年はこのイベントを使ってプロポーズをしよう!』

と決めていた俺だった。

『どんな風に言えば彼女は喜んでくれるだろうか、どう伝えれば彼女の心に響くのだろう』

と悩みに悩み、プロポーズする日ギリギリまで、毎日のように紙に書いてはこうじゃない、こうでもない、と考えていた。

やがてプロポーズの言葉も決まり、後はメッセージ花火に乗せて伝えるだけ。

『彼女は驚くだろうか? 笑うのかな? 泣くのかな?』

なんて想像をしながら、プロポーズの日を待った。

プロポーズ前日の朝。

彼女から、

『今日は友達と遊びに行って来るね。明日の浴衣を買いに行って来るわ!どんなんにしよかな~? 楽しみにしてて』

とメールが入っていた。

俺は想像を膨らませ、仕事に出掛けた。

仕事が終わり、帰宅しようと携帯の電源を入れた。

すると、一本の電話が鳴った。

彼女の家族からだった。

「○○(俺)君、今から△△病院まで来てくれる?」

『何で病院?』と若干パニックになりながらも、俺は急いで向かった。

病院の入り口で彼女の家族が待っていた。

「何があったんですか?」

と聞く俺に、彼女の家族が

「あのね、落ち着いて聞いてね。

今日の朝、出掛けると言って出て行った□□(彼女)が事故に遭って。

打ちどころが悪くて今、意識が無いの。

今夜が山って言われて」

俺は頭の中が真っ白になった。

急いでICUに向かうと、スヤスヤ眠っている彼女。

その姿を見て、

『何だ、オーバーな。寝てるだけじゃないか。今夜が山? 朝になれば目を覚ますやろ』

と、俺は思った。

朝になっても目を覚まさない彼女。

峠を越えたと思ったが、プロポーズ当日の夜になっても目を覚まさない。

花火の時間になり、会場近くだった病院の周りは人で埋め尽くされて行った。

病院の窓から見える花火。

本当なら今頃、俺は彼女や友人たちと一緒に、この花火を見ているよな。

彼女は新しい浴衣を着て、俺の横で

「綺麗やね~!」

と満面の笑顔で言っているよな。

なんて、考えながら花火を見ていた。

メッセージ花火の時間。

会場からアナウンサーの声が聞こえた。

「○○さんから□□さんへ。

至らない俺やけど、これからの人生、俺の横でずっとその素敵な笑顔を見せてくれへん?」

というプロポーズの言葉と共に、彼女への花火が打ち上がった。

花火終了の時刻。

とうとう意識も戻らず、家族や友人に見守られながら、彼女は息を引き取った。

あれから2年。

今年も花火の季節がやって来る。

あの時、どんな風に返事をしてくれたのか。

今となってはもう分からない。

手を繋ぐ(フリー写真)

初恋の人

初恋の人が亡くなりました。 初恋で初めての彼氏で、私も若くて我儘放題で、悔やまれることばかりです。 ある日、突然「別れて欲しい」と言われ、意地を張って「いいよ」と言い返して…

デジカメを持つ女性(フリー写真)

母がデジカメを買った

機械音痴の母がデジカメを買った。 とても嬉しいらしく、はしゃぎながら色々なものを撮っていた。 ※ 何日か経った頃、メモリが一杯で写せなくなったらしく 「どうすればいいの…

浜辺で手を繋ぐカップル(フリー写真)

彼女の面影

彼女が痴呆になりました。 以前から物忘れが激しかったが、ある日の夜中に突然、昼ご飯と言って料理を始めた。 更に、私は貴方の妹なのと言ったりするので、これは変だと思い病院へ行…

恋人同士(フリー写真)

彼女のために出来ること

まだ一年程前の事です。 彼女がこの世を去りました。病死です。 その彼女と出会ったのは7年前でした。彼女はその頃、大学1年生でした。 彼女には持病があり、 「あと…

猫(フリー写真)

愛猫との別れ

私がまだ高校生の冬、家で飼っている猫が赤ちゃんを産みました。しかも電気毛布を敷いた私の布団で。 五匹も産んだのですが、次々と飼い主が決まり、とうとう一匹だけになりました。 …

カップル(フリー写真)

二人の幸せ

私は現在20歳です。 今付き合っている彼氏とは、去年の夏にナンパされて知り合った。 彼氏の見た目はいわゆるチャラ男で、それなりに遊んでいる感じ。 絶対好きになんてなら…

入学式とランドセル(フリー写真)

お兄ちゃんの思いやり

小学1年生の息子と、幼稚園の年中の息子、二児の母です。 下の子には障害があり、今年は就学問題を控えています。 今年に入ってすぐ、上の子が 「来年は弟くんも1年生だね~…

梅干し(フリー写真)

憧れた世界

飲んだくれの親父のせいで貧乏育ち。だから小さい頃は遠足の弁当が嫌いだった。 麦の混ざったご飯に梅干しと佃煮。 恥ずかしいから、 「見て~!俺オッサン弁当!父ちゃんが『…

家の居間(フリー写真)

妹を守る兄

兄が6歳、私が2歳の頃に両親が離婚した。 私にその当時の記憶は殆ど無く、お父さんが居ないことを気にした覚えもありませんでした。 小学生に上がる頃に母が再婚し、義理の父が本当…

母に渡す花(フリー写真)

お母さんの看病がしたいよ

19歳の頃、癌で入院中のお母さんに、泊り込みで付き添っていた。 その頃、私は予備校に行っていた。 お母さんが 「看護婦さんになって欲しい」 と言ったから、一つく…