花火とプロポーズ

公開日: ちょっと切ない話 | 恋愛 | 長編

花火(フリー写真)

2012年の夏。

付き合って2年になる彼女がいた。

彼女とは中学の同級生で、成人してから付き合い始めた。

同窓会で2年振りの再会。

お互いにどんな性格なのか、趣味が何なのかなど知っていたので、付き合うまでにそう時間は掛からなかった。

彼女の家と、俺の家は近かったが、毎日会う訳でもなかった。

連絡も気まぐれにするような感じで、頻繁という訳でもなかった。

だけど俺は彼女のことが大好きで、

『きっとこいつと結婚するんだろうな』

という思いが、心の中にあった。

付き合って2年目の夏、

「今年も花火行こう!」「夏祭りに出掛けよう!」

と、彼女との恒例の話が始まった。

結婚も現実味を帯び、

『今年はこのイベントを使ってプロポーズをしよう!』

と決めていた俺だった。

『どんな風に言えば彼女は喜んでくれるだろうか、どう伝えれば彼女の心に響くのだろう』

と悩みに悩み、プロポーズする日ギリギリまで、毎日のように紙に書いてはこうじゃない、こうでもない、と考えていた。

やがてプロポーズの言葉も決まり、後はメッセージ花火に乗せて伝えるだけ。

『彼女は驚くだろうか? 笑うのかな? 泣くのかな?』

なんて想像をしながら、プロポーズの日を待った。

プロポーズ前日の朝。

彼女から、

『今日は友達と遊びに行って来るね。明日の浴衣を買いに行って来るわ!どんなんにしよかな~? 楽しみにしてて』

とメールが入っていた。

俺は想像を膨らませ、仕事に出掛けた。

仕事が終わり、帰宅しようと携帯の電源を入れた。

すると、一本の電話が鳴った。

彼女の家族からだった。

「○○(俺)君、今から△△病院まで来てくれる?」

『何で病院?』と若干パニックになりながらも、俺は急いで向かった。

病院の入り口で彼女の家族が待っていた。

「何があったんですか?」

と聞く俺に、彼女の家族が

「あのね、落ち着いて聞いてね。

今日の朝、出掛けると言って出て行った□□(彼女)が事故に遭って。

打ちどころが悪くて今、意識が無いの。

今夜が山って言われて」

俺は頭の中が真っ白になった。

急いでICUに向かうと、スヤスヤ眠っている彼女。

その姿を見て、

『何だ、オーバーな。寝てるだけじゃないか。今夜が山? 朝になれば目を覚ますやろ』

と、俺は思った。

朝になっても目を覚まさない彼女。

峠を越えたと思ったが、プロポーズ当日の夜になっても目を覚まさない。

花火の時間になり、会場近くだった病院の周りは人で埋め尽くされて行った。

病院の窓から見える花火。

本当なら今頃、俺は彼女や友人たちと一緒に、この花火を見ているよな。

彼女は新しい浴衣を着て、俺の横で

「綺麗やね~!」

と満面の笑顔で言っているよな。

なんて、考えながら花火を見ていた。

メッセージ花火の時間。

会場からアナウンサーの声が聞こえた。

「○○さんから□□さんへ。

至らない俺やけど、これからの人生、俺の横でずっとその素敵な笑顔を見せてくれへん?」

というプロポーズの言葉と共に、彼女への花火が打ち上がった。

花火終了の時刻。

とうとう意識も戻らず、家族や友人に見守られながら、彼女は息を引き取った。

あれから2年。

今年も花火の季節がやって来る。

あの時、どんな風に返事をしてくれたのか。

今となってはもう分からない。

関連記事

手を繋ぎ歩く子供(フリー写真)

身近な人を大切に

3歳ぐらいの時から毎日のように遊んでくれた、一個上のお兄ちゃんが居た。 成績優秀でスポーツ万能。しかも超優しい。 一人っ子の俺にとっては、本当にお兄ちゃんみたいな存在だった…

彼女(フリー写真)

忘れられない暗証番号

元号が昭和から平成に変わろうとしていた頃の話です。 当時、私は二十代半ば。彼女も同じ年でした。 いよいよ付き合おうかという時期に、彼女から私に泣きながらの電話…。 「…

結婚式(フリー写真)

もしもし、お母さん

私が結婚を母に報告した時、ありったけの祝福の言葉を言い終えた母は、私の手を握り真っ直ぐ目を見つめてこう言った。 「私にとって、みおは本当の娘だからね」 ドキリとした。 …

母の手を握る赤子(フリー写真)

母の想い

彼は幼い頃に母親を亡くし、父親と祖母と暮らしていました。 17歳の時、急性骨髄性白血病にかかってしまい、本人すら死を覚悟していましたが、骨髄移植のドナーが運良く見つかり死の淵から…

ブランコ(フリー写真)

母ちゃんの記憶

母ちゃんは俺が4歳の時、病気で死んだんだ。 ぼんやりと憶えている事が一つ。 俺はいつも公園で遊んでいたのだが、夕方になるとみんなの母ちゃんが迎えに来るんだ。 うちの母…

象(フリー写真)

三頭の象

上野の動物園は、桜の花盛りです。 風にぱっと散る花。お日様に光り輝いて咲く花。 お花見の人たちがどっと押し寄せ、動物園は砂埃を巻き上げるほどに混み合っていました。 象…

婚約指輪(フリー写真)

例外の入籍手続き

彼は肺がんで入院していて、余命宣告されていました。 本人は退院後の仕事の予定も入れ、これからの人生に気力を振り絞っていました。 私と彼は半同棲状態、彼はバツイチ、そして大分…

父の日のプレゼント(フリー写真)

見知らぬおじさん

私には妻が居たが、一人娘が1歳と2ヶ月の時、離婚することになった。 酒癖の悪かった私は暴力を振るうこともあり、幼い娘に危害が及ぼすことを恐れた妻が、子供を守るために選んだ道だった…

ちゃぶ台(フリー写真)

色褪せた家族写真

一昨年、ばあちゃんが死んだ。 最後に会ったのは、俺が中学生の時だったかな。 葬式の為に20年越しで、ばあちゃんの住んでいた田舎に行った。 次の日、遺品の整理をする為に…

恋人(フリー写真)

彼女の遺言

大学時代の同級生仲間で、1年の時から付き合っているカップルが居ました。 仲良しで、でも二人だけの世界を作っている訳ではなく、みんなと仲良くしていました。 私は女の方の一番の…