天邪鬼な君

公開日: ちょっと切ない話 | 恋愛

恋人同士(フリー写真)

関係を迫ると、あなたは紳士じゃないと言われる。

関係を迫らないと、あなたは男じゃないと言われる。

度々部屋を訪れると、もっと一人の時間が欲しいと言われる。

あまり部屋を訪れないと、二股をかけているのかと言われる。

流行りの格好良い服を着ると、あなたって流行に振り回されて軽薄なのねと言われる。

流行りの格好良い服を着ないと、あなたってダサダサで恥ずかしいと言われる。

話を聞きながら発言すると、黙って聞いてよと言われる。

話を黙って聞いていると、何か言ってよと言われる。

待ち合わせに30分遅れて行くと、30分も待たせるなんてひどいと言われる。

自分が30分遅れると、30分ぐらい何よと言われる。

やきもちを焼くと、縛られるのは嫌と言う。

やきもちを焼かないと、もう愛は無いのかと言う。

そうだねと賛成すると、自分の考えが無い人ねと言われる。

そうじゃないと反対すると、理解が無い人ねと言われる。

愛してるよと言うと、口の軽い人ねと言われる。

大好きだよと言うと、それだけしか言えないのと言われる。

墓に供え物をすると、君は無視する。

僕は泣いているのに、君は安らかに笑っている。

電車内から見る駅のホーム(フリー写真)

おとうさんという言葉

その日は約束の時間ぎりぎりに、舞浜駅のホームから階段を降りた。 雑踏の中には元妻と、ミニリュックを背負った小学3年生の息子が待っていた。 半年ほど見ない間に一回り大きくなっ…

桜(フリー写真)

桜と最後の嘘

僕は良いところなど一つも無いと言って良い程、嫌な人間だった。 ルックスに自信は無く、頭も良くはない。そして、人に平気で嘘を吐く卑怯者。 僕に構う人など誰も居なかった。もちろ…

コスモスの花(フリー写真)

余命半年の彼女

今日、彼女と別れた。 原因は彼女の病気、癌だった。 最初に聞いた時、冗談だと思った。 つい昨日まで普通に遊んで、喋って、ご飯を食べて、笑っていたのに。 俺は、 …

渓流(フリー写真)

お母さんと呼んだ日

私がまだ小学2年生の頃、継母が父の後妻として一緒に住むことになった。 特に苛められたとかそういうことは無かったのだけど、何だか馴染めなくて、いつまで経っても「お母さん」と呼べない…

おにぎり(フリー写真)

二人の母

俺の母親は、俺が5歳の時に癌で亡くなった。 それから2年間、父と2歳年上の姉と三人暮らしをしていた。 俺が小学1年生の時のある日曜日、父が俺と姉に向かって 「今から二…

合格祈願の絵馬(フリー写真)

もう戻って来ない彼女

大好きだった彼女と別れた。 理由はシンプル。 俺が早稲田に落ちて浪人が決定したから。 「二人とも大学卒業したら結婚しようね」 こう言ってくれた彼女。 でも…

恋人同士(フリー写真)

彼女のために出来ること

まだ一年程前の事です。 彼女がこの世を去りました。病死です。 その彼女と出会ったのは7年前でした。彼女はその頃、大学1年生でした。 彼女には持病があり、 「あと…

手を繋いで夕日を眺めるカップル(フリー写真)

ずっと並んで歩こうよ

交通事故に遭ってから左半身に少し麻痺が残り、日常生活に困るほどではないけれど、歩くとおかしいのがばれる。 付き合い始めの頃、それを気にして一歩下がるように歩いていた私に気付き、手…

皺のある手(フリー写真)

私はおばあちゃんの子だよ

私は幼い時に両親が離婚して、父方の祖父母の家に引き取られ育てられました。 田舎だったので、都会で育った私とは周りの話し方から着る服、履く靴まで全てが違いました。 そのため祖…

犬(フリー写真)

コロの思い出

うちにはコロという名前の雑種の犬が居ました。 白色と茶色の長い毛がふわふわしている犬でした。 私が学生の頃は学校から帰って来る時間になると毎日、通学路が見える場所に座り、遠…