命よりも大切な友達

公開日: ちょっと切ない話 | 友情

春の路地(フリー写真)

お前は俺にとって、命よりも大切な友達だ。

小学校2年の時、友達も居なかった俺の誕生日に、プレゼントとしてチョロQを持って来てくれた。

その時の600円というのは、俺達にとって大変な金額だった。

とても嬉しかった。

3年生の時、一緒にサッカークラブに入った。

お前は上手で、俺は下手だった。

4年生の時、イトマンに入った。

やっぱりそこでもお前は大会に出られるようになったけど、俺は幼稚園児達と一緒に泳いで練習していた。

5、6年生になって俺は野球クラブに入ったがやはり下手で、いつもみんなで野球をやる時、最後にジャンケンで要るとか要らないとか言われていた。

だけど、お前にけなされた覚えは無い。

こんなに差があるのに友達で居てくれたお前を、俺は大好きだった。

中学校に入学してからも殆ど一緒に登校したし、部活の無い日は一緒に帰った。

昨日の通夜には、行かなかった。

家でタオルを咥えてこの文を書いていたよ。

朝、遅刻をすると内申書に良くないと言って一緒に走った。

お前はよく遅れて来たよな。

今でも後ろを振り向くと、後ろから走って来る気がする。

お前の声が聞こえて来そうな気がする。

今、お前をこうして見ていると、

「冗談だ」

と言って、笑いながら起きて来そうな気がする。

起きて来て欲しい。

数え切れない程の人達が、こんなにも悲しんでいる。

俺がテストで良い点を取った時は褒めてくれた。

俺が、悪口を言われている時は庇ってくれた。

お前は自慢しなかったけど、これだけ沢山の友達を持って、これは自慢した方がいい。

よく『喧嘩する程仲が良い』と言うけど、あれは違う。

俺とお前は、喧嘩した事が無いからだ。

時々遊びに来いよ。

夢でも、幽霊でもいいから、盆と正月は必ず来いよ。

俺が死ななきゃならない時は、三途の川まで絶対来いよ。

今度話す時、お前は天国、俺はプロ野球の話をしよう。

最後にもう一度言うけど、お前は俺にとって命より大切な友達だ。

いつまでも友達で居よう。

関連記事

手を握るカップル(フリー写真)

最期の時

俺だけしか泣けないかもしれませんが。 この間、仕事から帰ると妻が一人掛けの椅子に腰かけて眠っていました。 そんなはずは無いと解っていても、声を掛けられずにはいられませんで…

オフィス(フリー写真)

苦手だった部長

その時の部長は凄く冷たくて、いつもインテリ独特のオーラを張り巡らせている人だった。 飲みに誘っても来ることは無いし、忘年会などでも一人で淡々と飲むようなタイプ。 俺はよく怒…

ピンクのチューリップ(フリー写真)

親指姫

6年程前の今頃は花屋に勤めていて、毎日エプロンを着け店先に立っていた。 ある日、小学校1年生ぐらいの女の子が、一人で花を買いに来た。 淡いベージュのセーターに、ピンクのチェ…

手を握る(フリー写真)

仲直り

金持ちで顔もまあまあ。 何より明るくて突っ込みが上手く、ボケた方が 「俺、笑いの才能あるんじゃね」 と勘違いするほど(笑)。 彼の周りには常に笑いが絶えなかった…

スケッチブック(フリー写真)

手作りのアルバム

うちは貧乏な母子家庭で、俺が生まれた時はカメラなんて無かった。 だから写真の代わりに、母さんが色鉛筆で俺の絵を描いてアルバムにしていた。 絵は決して上手ではない。 た…

砂浜を歩くカップル(フリー写真)

当たり前の日常

小さな頃から、私と彼はいつも一緒でした。 周りがカップルに間違えるほどの仲でした。 私が彼に恋愛感情を抱いていると気付いたのは、高校3年生の時です。 今思うと、その前…

レトロなサイダー瓶(フリー写真)

子供時代の夏

大昔は、8月上旬は30℃を超えるのが夏だった。朝晩は涼しかった。 8月の下旬には、もう夕方の風が寂しくて秋の気配がした。 泥だらけになって遊びから帰って来ると、まず玄関に入…

教室(フリー写真)

大切な幼馴染

私には、大好きな男の子がいた。 その子は幼馴染で、小さな頃からずっと一緒だった。 私はいつも支えてくれた彼が大好きだった。 でも、彼は自ら命を絶った。 首を吊…

夕日とカップル(フリー写真)

優しい貴方へ

元気ですか。 今、何処に居ますか。 生きていますか。 悪い事はもうしていませんか。 貴方と離れてから7年が経ちました。 貴方は私に言いました。 「沢…

カレーライス(フリー写真)

クロベーの笑顔

俺が小学生の頃の話。 同じクラスに黒田平一(仮名)、通称クロベーというやつが居たんだ。 クロベーの家は母子家庭で、母親とクロベーと弟の3人暮らしだった。 クロベーの一…