命よりも大切な友達

公開日: ちょっと切ない話 | 友情

春の路地(フリー写真)

お前は俺にとって、命よりも大切な友達だ。

小学校2年の時、友達も居なかった俺の誕生日に、プレゼントとしてチョロQを持って来てくれた。

その時の600円というのは、俺達にとって大変な金額だった。

とても嬉しかった。

3年生の時、一緒にサッカークラブに入った。

お前は上手で、俺は下手だった。

4年生の時、イトマンに入った。

やっぱりそこでもお前は大会に出られるようになったけど、俺は幼稚園児達と一緒に泳いで練習していた。

5、6年生になって俺は野球クラブに入ったがやはり下手で、いつもみんなで野球をやる時、最後にジャンケンで要るとか要らないとか言われていた。

だけど、お前にけなされた覚えは無い。

こんなに差があるのに友達で居てくれたお前を、俺は大好きだった。

中学校に入学してからも殆ど一緒に登校したし、部活の無い日は一緒に帰った。

昨日の通夜には、行かなかった。

家でタオルを咥えてこの文を書いていたよ。

朝、遅刻をすると内申書に良くないと言って一緒に走った。

お前はよく遅れて来たよな。

今でも後ろを振り向くと、後ろから走って来る気がする。

お前の声が聞こえて来そうな気がする。

今、お前をこうして見ていると、

「冗談だ」

と言って、笑いながら起きて来そうな気がする。

起きて来て欲しい。

数え切れない程の人達が、こんなにも悲しんでいる。

俺がテストで良い点を取った時は褒めてくれた。

俺が、悪口を言われている時は庇ってくれた。

お前は自慢しなかったけど、これだけ沢山の友達を持って、これは自慢した方がいい。

よく『喧嘩する程仲が良い』と言うけど、あれは違う。

俺とお前は、喧嘩した事が無いからだ。

時々遊びに来いよ。

夢でも、幽霊でもいいから、盆と正月は必ず来いよ。

俺が死ななきゃならない時は、三途の川まで絶対来いよ。

今度話す時、お前は天国、俺はプロ野球の話をしよう。

最後にもう一度言うけど、お前は俺にとって命より大切な友達だ。

いつまでも友達で居よう。

卵焼き(フリー写真)

親父の弁当を捨てた

小学1年生の秋に、母親が男を作って家を出て行き、俺は親父の飯で育てられた。 当時は親父の下手な料理が嫌で堪らず、また母親が突然居なくなった寂しさも相まって、俺は飯の度に癇癪を起こ…

夕焼け(フリー素材)

大きな下り坂

夏休みに自転車でどこまで行けるかと小旅行。計画も、地図も、お金も、何も持たずに。 国道をただひたすら進んでいた。途中に大きな下り坂があって、自転車はひとりでに進む。 ペダル…

飲食店の席(フリー写真)

ファミレスの父娘

ファミレスで一人ご飯を食べていたら、前のテーブルからおっさんと女子高生の会話が聞こえて来た。 おっさんはスーツ姿で普通の中年。痩せていて、東幹久さんに似た雰囲気。会話の流れから父…

親子(フリー写真)

お袋からの手紙

俺の母親は俺が12歳の時に死んだ。 ただの風邪で入院してから一週間後に、死んだ。 親父は俺の20歳の誕生日の一ヶ月後に死んだ。 俺の20歳の誕生日に、入院中の親父から…

お見舞いの花(フリー写真)

父の唯一の楽しみ

私の家系は少し複雑な家庭で、父と母は離婚して別々に暮らしています。 私は三姉妹の末っ子で、父に会いに行くのも私だけでした。 姉二人なんて、父と十年近く会っていません。 ※…

手を握るカップル(フリー写真)

最期の時

俺だけしか泣けないかもしれませんが。 この間、仕事から帰ると妻が一人掛けの椅子に腰かけて眠っていました。 そんなはずは無いと解っていても、声を掛けられずにはいられませんで…

女性(フリー写真)

見守ってる

昨日、恋人が死んだ。 病気で苦しんだ末、死んだ。 通夜が終わり、病院に置いて来た荷物を改めて取りに行ったら、その荷物の中に俺宛の手紙が入っていた。 そこには、 …

カップル(フリー写真)

人の大切さ

私は生まれつき体が弱く、よく学校で倒れたりしていました。 おまけに骨も脆く、骨折6回、靭帯2回の、体に関して何も良いところがありません。 中学三年生の女子です。 重…

星空(フリー写真)

一生懸命に生きて

私は昨日、小学4年生の子から手紙で相談を受けました。 『僕のお母さんに元気になって欲しくて、プレゼントをあげたいんだけど、僕のお小遣いは329円しかありません。この値段で買えて、…

クリスマス(フリー写真)

サンタさんへの手紙

6歳の娘がクリスマスの数日前から、欲しいものを手紙に書いて窓際に置いていた。 何が欲しいのかなあと、夫とキティちゃんの便箋を破らないようにして手紙を覗いてみたら、こう書いてあった…