命よりも大切な友達

公開日: ちょっと切ない話 | 友情

春の路地(フリー写真)

お前は俺にとって、命よりも大切な友達だ。

小学校2年の時、友達も居なかった俺の誕生日に、プレゼントとしてチョロQを持って来てくれた。

その時の600円というのは、俺達にとって大変な金額だった。

とても嬉しかった。

3年生の時、一緒にサッカークラブに入った。

お前は上手で、俺は下手だった。

4年生の時、イトマンに入った。

やっぱりそこでもお前は大会に出られるようになったけど、俺は幼稚園児達と一緒に泳いで練習していた。

5、6年生になって俺は野球クラブに入ったがやはり下手で、いつもみんなで野球をやる時、最後にジャンケンで要るとか要らないとか言われていた。

だけど、お前にけなされた覚えは無い。

こんなに差があるのに友達で居てくれたお前を、俺は大好きだった。

中学校に入学してからも殆ど一緒に登校したし、部活の無い日は一緒に帰った。

昨日の通夜には、行かなかった。

家でタオルを咥えてこの文を書いていたよ。

朝、遅刻をすると内申書に良くないと言って一緒に走った。

お前はよく遅れて来たよな。

今でも後ろを振り向くと、後ろから走って来る気がする。

お前の声が聞こえて来そうな気がする。

今、お前をこうして見ていると、

「冗談だ」

と言って、笑いながら起きて来そうな気がする。

起きて来て欲しい。

数え切れない程の人達が、こんなにも悲しんでいる。

俺がテストで良い点を取った時は褒めてくれた。

俺が、悪口を言われている時は庇ってくれた。

お前は自慢しなかったけど、これだけ沢山の友達を持って、これは自慢した方がいい。

よく『喧嘩する程仲が良い』と言うけど、あれは違う。

俺とお前は、喧嘩した事が無いからだ。

時々遊びに来いよ。

夢でも、幽霊でもいいから、盆と正月は必ず来いよ。

俺が死ななきゃならない時は、三途の川まで絶対来いよ。

今度話す時、お前は天国、俺はプロ野球の話をしよう。

最後にもう一度言うけど、お前は俺にとって命より大切な友達だ。

いつまでも友達で居よう。

関連記事

パソコン(フリー写真)

母からのメール

私が中学3年生になって間もなく、母が肺がんであるという診断を受けたことを聞きました。 当時の自分は受験や部活のことで頭が一杯で、生活は大丈夫なのだろうか、お金は大丈夫なのだろう…

終電(フリー写真)

精一杯の強がり

彼とは中学校からの付き合いでした。 中学校の頃から素直で、趣味などでも一つのことをとことん追求するような奴でした。 中学、高校、大学と一緒の学校に通い、親友と呼べる唯一の友…

プリン・ア・ラ・モード(フリー写真)

誕生日会と親友

僕が小学4年生の時、10歳の誕生日会を開くことになった。 土曜日に仲の良い友達みんなに声を掛けた。 「明日来てくれる?」 みんなは、 「うん!絶対行くよ!」 …

公園(フリーイラスト)

友達の大切さ

幼稚園の頃から仲が良かった親友が居た。 俺たちはいつも4人で遊んでいた。 どんな時も、一緒に遊んでいた。 彼女についての相談をしたり馬鹿言ったり、喧嘩したり。 …

手紙(フリー写真)

亡くなった旦那からの手紙

妊娠と同時に旦那の癌が発覚。 子供の顔を見るまでは…と頑張ってくれたのだけど、ちょっと間に合わなかった。 旦那が居なくなってしまってから、一人必死で息子を育てている。 …

手を繋ぐ夫婦(フリー写真)

最愛の妻が遺したもの

先日、小学5年生の娘が何か書いているのを見つけた。 それは妻への手紙だったよ。 「ちょっと貸して」 と言って内容を見た。 まだまだ汚い字だったけど、妻への想いが…

遠足用具(フリー素材)

遠足のおやつ

小学生の頃、母親が入院していた時期があった。 それが俺の遠足の時期と重なってしまい、俺は一人ではおやつも買いに行けず、戸棚に閉まってあった食べかけのお茶菓子などをリュックに詰め込…

女の子の後ろ姿(フリー写真)

温かい家庭

兄家族が俺達の家にやって来て、長女を押し付け引っ越して行った。 兄も兄嫁も甥っ子だけが生き甲斐みたいなところがあったんだよね。 甥っ子は本当に頭が良かったんだ。 勉強…

野球ボール(フリー写真)

父と息子のキャッチボール

私の父は高校の時、野球部の投手として甲子園を目指したそうです。 「地区大会の決勝で9回に逆転され、あと一歩のところで甲子園に出ることができなかった」 と、小さい頃によく聞か…

老人の手を握る(フリー写真)

祖父の気持ち

まだ幼い頃、祖父を慕っていた私はよく一緒に寝ていました。 私は祖父のことをとても慕っていたし、祖父にとっては初孫ということもあって、よく可愛がってくれていました。 小学校…