一生忘れない結婚式

結婚式(フリー写真)

本人から聞いたのか共通の友人から聞いたのかあやふやだけど、その子は物心付く前にお母さんが亡くなって、父親に育てられたという話は耳にした事があった。

結婚式後に聞いた話だけど、何かの映画か小説かであった、余命を知った母親がまだ小さな子供のためにビデオメッセージを残すというような事を、その子の母親もやっていたそうだ。

と言っても何百本も制作したという訳ではなく、絵本を読み聞かせるビデオや、小学校卒業までの毎年の誕生日メッセージくらいだったらしい。

その中に一つ、

「娘が結婚したら一緒に見て」

と父親が渡されていたビデオがあったそうだ。

思い出すと辛いのか、友人の父親はあまりビデオを見たがらなかった。

でも祝福してくれるみんなとなら…という事で、結婚式でそのビデオが流れる事になった。

二人もそのビデオを見るのは初めてだったそうだ。

そんな説明を少し司会者がしていたものの、旧友との話に花が咲き、お酒も入って軽く聞き流していたところでビデオが流れ始めた。

自分と変わらないくらいの年の綺麗な女性が映り、

「○○ちゃんおめでとー!」

とクラッカーをパーンと鳴らす。

「○○ちゃんは何歳で結婚したんだろう? きっとママに似た素敵な女性になってるんだろうねー」

と、アットホームなホームビデオという感じで、ほのぼのとした映像が流れる。

時折冗談を交えて、しんみりする雰囲気ではなく、新婦も招待された人達も笑顔で見ていた。

5分くらいメッセージが続き、ビデオの中の女性は言葉を探すようになり、そろそろ終わりかなと思った頃、

「あと…」

と少し間が空いて、

「最後に、○○君(新婦の父親)、○○ちゃんを立派にお嫁に出してくれてありがとう」

娘に宛てたメッセージとはまた違う、凄く優しい笑顔になって、メッセージは続く。

「○○君の事を愛してます。

きっと、お腹が出ちゃってる○○君を、もしかすると頭が寂しくなってるかもしれない○○君を、今でも愛してます。

いつかおじいちゃんになる○○君も、ずっと愛してます」

少し俯いた後、照れくさそうな顔をして画面に手を伸ばす女性が映り、ビデオは終わった。

ほのぼのとした雰囲気だったのが一変、式場は静まり返って、みんなプルプルし始める。

そんな中、堪えきれなくなったのだろう。突然、新婦の父がテーブルに突っ伏し、口を手で塞いで嗚咽を漏らし始めた。

新婦も涙で顔をくしゃくしゃにして駆け寄り、突っ伏した父親を抱き締めて大号泣。

つられて殆ど全員と言って良いくらいの女性客が泣き始め、男性客も涙を堪えるのに必死。

妙な雰囲気に子供が大声で泣き出し、まるで葬式のクライマックスみたいなカオスな状況に(笑)。

そんな状況をまずいと思ったのか、司会者が

「本当に素敵なメッセージでしたー。引き続きお食事をお楽しみくださーい」

と〆にかかる。

暫くお通夜状態だったものの、徐々に平穏を取り戻し、ようやく元の結婚式らしい雰囲気に戻ったところで新婦父の挨拶になった。

新婦の父は明るいガテン系という感じで、あまり人前で泣くようなキャラではないのだろう。失態を見せてしまったと思ったのか、妙にテンションの高いスピーチを始める。

最後は、

「私も○○(新婦母)を愛してまーす!」

と新日の棚橋パフォーマンス(知らない人ごめんなさい)で若干会場を引かせたものの、照れ隠しに無理してそう振る舞っているのをみんな解っていた。

そして何とも言えない、良い雰囲気で式は終わった。

ずっと鳴り止まない拍手と、新婦より幸せそうな新婦父が印象的だった。

色々あってちょっと疲れたけど、この結婚式は一生忘れないと思う。

関連記事

キャンドル

灯り続ける希望の光

24歳の時、僕は会社を退職し、独立を決意しました。上司の姿から自分の未来を映し出し、恐れを感じたからです。しかし現実は甘くなく、厳しい毎日が始まりました。25歳で月収7万円、食事は白…

花と手紙(フリー写真)

彼女が遺した手紙

私(晃彦)には幼稚園から連れ添ってきた恋人(美咲)がいる。 私が高校を卒業し、就職してからも同居し、貧乏ながらも支えてくれた掛け替えのない存在。 プロポーズの決心をしてから…

手を繋いで歩く夫婦(フリー写真)

たった一つの記憶

私の夫は、結婚する前に脳の病気で倒れてしまい、死の淵を彷徨いました。 私がそれを知ったのは、倒れてから5日も経ってからでした。 夫の家族が病院に駆け付け、携帯電話を見て私の…

朝焼け(フリー写真)

天国の祖父へ

大正生まれの祖父は、妻である祖母が認知症になってもたった一人で介護をし、祖母が亡くなって暫くは一人で暮らしていた。 私が12歳の時に、祖父は我が家で同居することになった。 …

野球のグローブ(フリー写真)

カーブ!

今はお通夜の最中です。兄貴が死にました。 4つ年上の兄貴は40歳の若さで、この世を去りました。胃癌でした。 私の家は母子家庭でした。だから初めて野球を教えてくれたのは、親父…

工事現場(フリー写真)

鳶職の父

公用で M高校へ出かけたある日のことだった。 校長先生が私達を呼び止められ、 「もし時間がありましたらお見せしたいものがありますので、校長室までお越しください」 と…

桜

再会と再出発

3年前、私は桜が開花し始める頃に自殺を考えていました。失恋、借金、会社の倒産と様々な問題が重なり、絶望していたのです。両親とも絶縁状態で、孤独を感じていました。 最後に何か美味…

夫婦の手(フリー写真)

空席に座る子

旦那の上司の話です。亡くなったお子さんの話だそうです。 主人の上司のA課長は、病気で子供を失いました。 当時5歳。幼稚園で言えば、年中さんですね。 原因は判りません…

お見舞いの花(フリー写真)

父の唯一の楽しみ

私の家系は少し複雑な家庭で、父と母は離婚して別々に暮らしています。 私は三姉妹の末っ子で、父に会いに行くのも私だけでした。 姉二人なんて、父と十年近く会っていません。 ※…

恋人同士(フリー写真)

大切なペンダント

中学2年生の時、幼馴染のKという女子に恋心を抱いていた。 しかし、Kは俺よりも数倍かっこいい男子と付き合っていた。 俺がかなう相手でもなく、彼女自身がそれを伝えてきたので…