一生忘れない結婚式

結婚式(フリー写真)

本人から聞いたのか共通の友人から聞いたのかあやふやだけど、その子は物心付く前にお母さんが亡くなって、父親に育てられたという話は耳にした事があった。

結婚式後に聞いた話だけど、何かの映画か小説かであった、余命を知った母親がまだ小さな子供のためにビデオメッセージを残すというような事を、その子の母親もやっていたそうだ。

と言っても何百本も制作したという訳ではなく、絵本を読み聞かせるビデオや、小学校卒業までの毎年の誕生日メッセージくらいだったらしい。

その中に一つ、

「娘が結婚したら一緒に見て」

と父親が渡されていたビデオがあったそうだ。

思い出すと辛いのか、友人の父親はあまりビデオを見たがらなかった。

でも祝福してくれるみんなとなら…という事で、結婚式でそのビデオが流れる事になった。

二人もそのビデオを見るのは初めてだったそうだ。

そんな説明を少し司会者がしていたものの、旧友との話に花が咲き、お酒も入って軽く聞き流していたところでビデオが流れ始めた。

自分と変わらないくらいの年の綺麗な女性が映り、

「○○ちゃんおめでとー!」

とクラッカーをパーンと鳴らす。

「○○ちゃんは何歳で結婚したんだろう? きっとママに似た素敵な女性になってるんだろうねー」

と、アットホームなホームビデオという感じで、ほのぼのとした映像が流れる。

時折冗談を交えて、しんみりする雰囲気ではなく、新婦も招待された人達も笑顔で見ていた。

5分くらいメッセージが続き、ビデオの中の女性は言葉を探すようになり、そろそろ終わりかなと思った頃、

「あと…」

と少し間が空いて、

「最後に、○○君(新婦の父親)、○○ちゃんを立派にお嫁に出してくれてありがとう」

娘に宛てたメッセージとはまた違う、凄く優しい笑顔になって、メッセージは続く。

「○○君の事を愛してます。

きっと、お腹が出ちゃってる○○君を、もしかすると頭が寂しくなってるかもしれない○○君を、今でも愛してます。

いつかおじいちゃんになる○○君も、ずっと愛してます」

少し俯いた後、照れくさそうな顔をして画面に手を伸ばす女性が映り、ビデオは終わった。

ほのぼのとした雰囲気だったのが一変、式場は静まり返って、みんなプルプルし始める。

そんな中、堪えきれなくなったのだろう。突然、新婦の父がテーブルに突っ伏し、口を手で塞いで嗚咽を漏らし始めた。

新婦も涙で顔をくしゃくしゃにして駆け寄り、突っ伏した父親を抱き締めて大号泣。

つられて殆ど全員と言って良いくらいの女性客が泣き始め、男性客も涙を堪えるのに必死。

妙な雰囲気に子供が大声で泣き出し、まるで葬式のクライマックスみたいなカオスな状況に(笑)。

そんな状況をまずいと思ったのか、司会者が

「本当に素敵なメッセージでしたー。引き続きお食事をお楽しみくださーい」

と〆にかかる。

暫くお通夜状態だったものの、徐々に平穏を取り戻し、ようやく元の結婚式らしい雰囲気に戻ったところで新婦父の挨拶になった。

新婦の父は明るいガテン系という感じで、あまり人前で泣くようなキャラではないのだろう。失態を見せてしまったと思ったのか、妙にテンションの高いスピーチを始める。

最後は、

「私も○○(新婦母)を愛してまーす!」

と新日の棚橋パフォーマンス(知らない人ごめんなさい)で若干会場を引かせたものの、照れ隠しに無理してそう振る舞っているのをみんな解っていた。

そして何とも言えない、良い雰囲気で式は終わった。

ずっと鳴り止まない拍手と、新婦より幸せそうな新婦父が印象的だった。

色々あってちょっと疲れたけど、この結婚式は一生忘れないと思う。

金魚すくいをする女の子(フリー写真)

兄妹の金魚すくい

俺が打っている店(金魚すくい)に、兄妹と思われる7歳ぐらいの女の子と、10歳ぐらいの男の子がやって来た。 妹は他の子供たちが金魚すくいをしているのを興味津々で長い間見ていたが、や…

猫の寝顔(フリー写真)

猫が選んだ場所

物心ついた時からずっと一緒だった猫が病気になった。 いつものように私が名前を呼んでも、腕の中に飛び込んで来る元気も無くなり、お医者さんにも 「もう長くはない」 と告げ…

ベトナムの夕日(フリー写真)

あの子は僕の友達なんです

ベトナムの村にある宣教師たちの運営する孤児院が、爆撃を受けてしまいました。 宣教師達と二人の子供達が即死し、その他の者も重傷を負いました。 重傷になった者達の中でも、8才の…

浜辺を走る親子(フリー写真)

両親は大切に

人前では殆ど泣いたことのない俺が、生涯で一番泣いたのはお袋が死んだ時だった。 お袋は元々ちょっと頭が弱くて、よく家族を困らせていた。 思春期の俺は、普通とは違う母親がむかつ…

猫(フリー写真)

鳴かない猫

昔話だけど。 実家の猫は赤ちゃんの時、空き地で目も潰れて放置され、泣き喚いていたところを保護したんだ。 正直、化け猫のようで触るのも躊躇するほどの悲惨さだった。 目は…

ディズニーランド(フリー写真)

親子三人で

秋も大分深まってまいりました。 ディズニーランドのスタッフの皆様、いつも私たちに素敵な夢をありがとうございます。 今月、数年ぶりに主人とディズニーランドに遊びに行かせていた…

椅子(フリー写真)

脳内共同ガールフレンド

大戦中にドイツ軍の捕虜収容所に居たフランス兵たちのグループが、長引く捕虜生活の苛立ちから来る仲間内の喧嘩や悲嘆を紛らわすために、皆で脳内共同ガールフレンドなるものを作った話を思い出した…

蛍(フリー写真)

蛍は亡くなった人の魂

祖父が死んで、もう12年になる。 幼い頃から、 「蛍は亡くなった人の魂だから、粗末に扱うな」 と祖父に教えられてきた。 ※ 去年の8月15日の夜、父と俺とで家族総…

朝焼け空(フリー写真)

自衛隊最大の任務

「若者の代表として、一つだけ言いたいことがあります…」 焼け野原に立つ避難所の一角で、その青年は拡声器を握り締め話し始めた。 真っ赤に泣き腫らした瞳から流れる涙を拭いながら…

コザクラインコ(フリー写真)

ぴーちゃんとの思い出

10年前に飼い始めた、コザクラインコのぴーちゃん。 ぴーちゃんという名前は、子供の頃からぴーぴー鳴いていたから。 ぴーちゃんは、飛行機に乗って遠く九州から東京にやって来ま…