一生忘れない結婚式

結婚式(フリー写真)

本人から聞いたのか共通の友人から聞いたのかあやふやだけど、その子は物心付く前にお母さんが亡くなって、父親に育てられたという話は耳にした事があった。

結婚式後に聞いた話だけど、何かの映画か小説かであった、余命を知った母親がまだ小さな子供のためにビデオメッセージを残すというような事を、その子の母親もやっていたそうだ。

と言っても何百本も制作したという訳ではなく、絵本を読み聞かせるビデオや、小学校卒業までの毎年の誕生日メッセージくらいだったらしい。

その中に一つ、

「娘が結婚したら一緒に見て」

と父親が渡されていたビデオがあったそうだ。

思い出すと辛いのか、友人の父親はあまりビデオを見たがらなかった。

でも祝福してくれるみんなとなら…という事で、結婚式でそのビデオが流れる事になった。

二人もそのビデオを見るのは初めてだったそうだ。

そんな説明を少し司会者がしていたものの、旧友との話に花が咲き、お酒も入って軽く聞き流していたところでビデオが流れ始めた。

自分と変わらないくらいの年の綺麗な女性が映り、

「○○ちゃんおめでとー!」

とクラッカーをパーンと鳴らす。

「○○ちゃんは何歳で結婚したんだろう? きっとママに似た素敵な女性になってるんだろうねー」

と、アットホームなホームビデオという感じで、ほのぼのとした映像が流れる。

時折冗談を交えて、しんみりする雰囲気ではなく、新婦も招待された人達も笑顔で見ていた。

5分くらいメッセージが続き、ビデオの中の女性は言葉を探すようになり、そろそろ終わりかなと思った頃、

「あと…」

と少し間が空いて、

「最後に、○○君(新婦の父親)、○○ちゃんを立派にお嫁に出してくれてありがとう」

娘に宛てたメッセージとはまた違う、凄く優しい笑顔になって、メッセージは続く。

「○○君の事を愛してます。

きっと、お腹が出ちゃってる○○君を、もしかすると頭が寂しくなってるかもしれない○○君を、今でも愛してます。

いつかおじいちゃんになる○○君も、ずっと愛してます」

少し俯いた後、照れくさそうな顔をして画面に手を伸ばす女性が映り、ビデオは終わった。

ほのぼのとした雰囲気だったのが一変、式場は静まり返って、みんなプルプルし始める。

そんな中、堪えきれなくなったのだろう。突然、新婦の父がテーブルに突っ伏し、口を手で塞いで嗚咽を漏らし始めた。

新婦も涙で顔をくしゃくしゃにして駆け寄り、突っ伏した父親を抱き締めて大号泣。

つられて殆ど全員と言って良いくらいの女性客が泣き始め、男性客も涙を堪えるのに必死。

妙な雰囲気に子供が大声で泣き出し、まるで葬式のクライマックスみたいなカオスな状況に(笑)。

そんな状況をまずいと思ったのか、司会者が

「本当に素敵なメッセージでしたー。引き続きお食事をお楽しみくださーい」

と〆にかかる。

暫くお通夜状態だったものの、徐々に平穏を取り戻し、ようやく元の結婚式らしい雰囲気に戻ったところで新婦父の挨拶になった。

新婦の父は明るいガテン系という感じで、あまり人前で泣くようなキャラではないのだろう。失態を見せてしまったと思ったのか、妙にテンションの高いスピーチを始める。

最後は、

「私も○○(新婦母)を愛してまーす!」

と新日の棚橋パフォーマンス(知らない人ごめんなさい)で若干会場を引かせたものの、照れ隠しに無理してそう振る舞っているのをみんな解っていた。

そして何とも言えない、良い雰囲気で式は終わった。

ずっと鳴り止まない拍手と、新婦より幸せそうな新婦父が印象的だった。

色々あってちょっと疲れたけど、この結婚式は一生忘れないと思う。

学校(フリー写真)

学生時代の思い出

俺が中学生の時の話。 当時はとにかく運動部の奴がモテた。 中でも成績が優秀な奴が集まっていたのがバスケ部だった。 気が弱くて肥満体の俺は、クラス替え当日から、バスケ部…

家族の手(フリー写真)

幸せな家族

私は長女が3歳になった時に長男を出産した。 長男が生まれるまで、私と長女は殆どずっと一緒に居た。 夫が居ない平日の昼間は、二人だけの時間だった。 でも子供が二人になる…

雨(フリー写真)

真っ直ぐな青年の姿

20年前、私は団地に住んでいました。 夜の20時くらいに会社から帰ると、団地前の公園で雨の中、一人の男の子が傘もささず向かいの団地を見ながら立っていました。 はっきり言って…

空(フリー写真)

見守ってくれた兄

我が家の仏壇には、他より一回り小さな位牌があった。 両親に聞いた話では、生まれる前に流産してしまった俺の兄のものだという。 両親はその子に名前(A)を付け、事ある毎に …

夕焼け(フリー素材)

大きな下り坂

夏休みに自転車でどこまで行けるかと小旅行。計画も、地図も、お金も、何も持たずに。 国道をただひたすら進んでいた。途中に大きな下り坂があって、自転車はひとりでに進む。 ペダル…

母猫(フリー写真)

母猫の選択

Rの実家は猫好きな一家で、野良猫に餌をあげているうちに、家中猫だらけになってしまったそうだ。 住み着いた猫が仔を作り、その仔もまた仔を作る。 一時は家庭崩壊しかけたほど猫が…

梅干し(フリー写真)

憧れた世界

飲んだくれの親父のせいで貧乏育ち。だから小さい頃は遠足の弁当が嫌いだった。 麦の混ざったご飯に梅干しと佃煮。 恥ずかしいから、 「見て~!俺オッサン弁当!父ちゃんが『…

柴犬(フリー写真)

犬が結んだ家族の絆

昔、うちでは一匹の犬を飼っていた。 名前はナオ。 ご近所の家で産まれた犬を、妹がみんなに相談もしないで貰って来たのだ。 当時うちの妹は中学生、俺は高校を卒業して働いて…

広島平和記念碑 原爆ドーム(フリー写真)

忘れてはならない

今日が何の日かご存知であろうか。知識としての説明は必要ないだろう。 だが一歩その先へ。それが、自分の経験であったかもしれないことを想像して頂きたい。 向こう70年、草木も生…

白猫(フリー写真)

白猫のミーコ

私が生まれる前から、私の家にはミーコという猫が居た。 白くて、ふわふわで、温かかった。 私はミーコが大好きだった。 ミーコもそんな私に懐いてくれた。 ※ 父が入院…