遠くて近い二人

公開日: ちょっと切ない話 | 家族 | 心温まる話 |

カフェ

私はファミリーレストランでのひとときを静かに過ごしていました。

目の前のテーブルには、スーツ姿の中年の男性と、鮮やかな制服の女子高生が座っていました。

男性は痩せており、どこか東幹久さんに似た優しい雰囲気を持っていました。

対照的に、女子高生は目がぱっちりとしており、無邪気な笑顔をたびたび見せていました。

父「お気に入りのものを注文していいよ。あれは、君が小さい頃から好きだったよね。」

娘「うん、そうだね。」

父「お母さん、元気にしてる?」

娘「うん、大丈夫だよ。」

父「ちゃんとご飯、食べてるかな?」

娘「毎日、ちゃんと食べてるよ。」

父の言葉は時折、強調された陽気さを伴っていました。

しかし、その笑顔の裏に隠れた痛みを、次の言葉で私は感じ取りました。

父「新しいお父さん、優しい人か?」

娘「うん、とっても。でも、私が一番好きなのはお父さんだよ。」

父の目には驚きとともに涙が浮かんでいました。

彼の明るさは一瞬の間に霧消して、深い悲しみに包まれました。

その瞬間、周りの時間が止まったように感じられました。

店員さんが慎重にお手拭きを持ってきました。

そこには、絆を再確認する親子の姿がありました。

時が流れ、環境が変わっても、親子の絆は永遠であることを、私は強く感じました。

関連記事

桜

再会と再出発

3年前、私は桜が開花し始める頃に自殺を考えていました。失恋、借金、会社の倒産と様々な問題が重なり、絶望していたのです。両親とも絶縁状態で、孤独を感じていました。 最後に何か美味…

月(フリー写真)

月に願いを

俺は今までに三度神頼みをしたことがあった。 一度目は俺が七歳で両親が離婚し、父方の祖父母に預けられていた時。 祖父母はとても厳しく、おまけに 「お前なんて生まれて来な…

誕生日ケーキ(フリー写真)

父への反抗期

これは反抗期の頃の話なのだけど、今でも忘れられない。 幼い頃からずっと片親で育って来た私は、父親と二人暮らしをしていた。 父は友達や親戚から見ても、誰から見ても、私を大事に…

空の太陽(フリー写真)

祖父が立てた誓い

三年前に死んだ祖父は、末期癌になっても一切治療を拒み、医者や看護婦が顔を歪めるほどの苦痛に耐えながら死んだ。 体中に癌が転移し、せめて痛みを和らげる治療(非延命)をと、息子(父)…

手繋ぎ

重なる運命のメッセージ

彼と彼女は、いつものツタヤの駐車場で待ち合わせをしました。お互いに重要な話があり、緊張しながら集まった二人は、メールで心の内を伝え合うことにしました。 彼は重い告白をしました。…

父の日のプレゼント(フリー写真)

見知らぬおじさん

私には妻が居たが、一人娘が1歳と2ヶ月の時、離婚することになった。 酒癖の悪かった私は暴力を振るうこともあり、幼い娘に危害が及ぼすことを恐れた妻が、子供を守るために選んだ道だった…

彼女(フリー写真)

忘れられない暗証番号

元号が昭和から平成に変わろうとしていた頃の話です。 当時、私は二十代半ば。彼女も同じ年でした。 いよいよ付き合おうかという時期に、彼女から私に泣きながらの電話…。 「…

ファミコン(フリー写真)

消えた冒険の書

私には、兄が居ました。 三つ年上の兄は、妹思いの優しい兄でした。 子供の頃はよくドラクエ3を兄と一緒にやっていました(私は見ているだけでした)。 勇者が兄で、僧侶が私…

恋人同士(フリー写真)

大切なペンダント

中学2年生の時、幼馴染のKという女子に恋心を抱いていた。 しかし、Kは俺よりも数倍かっこいい男子と付き合っていた。 俺がかなう相手でもなく、彼女自身がそれを伝えてきたので…

花(フリー写真)

母の匂いと記憶

先日、母の日に実家へ帰った時、ジョイントを持って行った。 兄に子供が生まれた関係で家は禁煙になっていて、俺の部屋も物置き状態。 母親の隣で寝る事になったんだけど、何か気恥ず…