天才数学者の意志

公開日: 心温まる話

数式(フリー素材)

人は彼のことを「神童」とも「天才」とも「未来を嘱望された若手数学者」とも形容する。

ただ一貫しているのは、彼の頭脳力と、それに劣らない人格に対する尊敬と敬愛だろう。

2013年10月に癌のため31歳の若さで亡くなった天才数学者、長尾健太郎氏。

ネット上には彼に関するいくつかの伝説が残されている。

開成高校史上最高の天才と言われた長尾健太郎氏は、開成高校から東大理学部、京大大学院と進学し、名古屋大学の教員になった。

国際数学オリンピックで3年連続金メダル取得し、日本数学界の期待の星だった。

数学だけでなく、囲碁でも活躍し、国際大会の日本代表として活躍した。

将来が保証されていたかのような彼だったが、彼は常に病魔と戦い続けていた。

病名は聞き慣れない「胞巣状軟部肉腫」。

筋肉にできる珍しい癌で、1000万人に1.5~3人の確率でしか発症しない難病だった。

15歳の時に発病、25歳を過ぎてから彼の病気は肺に転移するなど進行が早まった。

イギリス滞在中に病状は悪化、有効と思われる治療法は何でも試し、数え切れないくらい手術もしたものの病状は悪くなるばかり。

それでも彼は弱音を吐かず、子供の成長を生きる希望にしていた。

彼の死後、彼の偉業を称えて、全国の小中学生が算数や数学の思考力を競う「算数オリンピック」に長尾賞が新設された。

虹(フリー写真)

人生

1960年に私は生まれて、今まで生きてきた。 いたずらっ子だった小学生時代。 落ちこぼれだった中学生時代。 レスリングに出会い、スポーツが何たるかを学んだ高校時代。 …

駅のホーム(フリー写真)

母を守る子

昔は JR大久保駅(兵庫県)から通勤していたのですが、週2日は午前10時までに舞子に着けば良い時期がありました。 朝はゆっくりできるし、電車は空いていて快適でした。 ホー…

学校の机(フリー写真)

君が居なかったら

僕は小さい頃に両親に捨てられ、色々な所を転々として生きてきました。 小さい頃には「施設の子」とか「いつも同じ服を着た乞食」などと言われました。 偶に同級生の子と遊んでいて、…

妊婦さんのお腹(フリー写真)

命懸けで教えてくれた事

13年前、俺は親元を離れて一人暮らしの大学生という名のろくでなしだった。 自己愛性人格障害の父親に反発しつつも、影響をもろに受けていた。 プライドばかり高く、傲慢さを誇りと…

子供たち(フリー写真)

子ども達への無償の愛

『40年かけて35人の道に捨てられた子どもを拾い救って来た女性』 ある一人の女性に隠されたストーリーが、世界中に感動を与えている。 その女性とは、中国の楼小英(ロウ シャオ…

柴犬(フリー写真)

犬が結んだ家族の絆

昔、うちでは一匹の犬を飼っていた。 名前はナオ。 ご近所の家で産まれた犬を、妹がみんなに相談もしないで貰って来たのだ。 当時うちの妹は中学生、俺は高校を卒業して働いて…

靴を持つ夫婦(フリー写真)

二つの指輪

「もう死にたい…。もうやだよ…。つらいよ…」 妻は産婦人科の待合室で、人目もはばからず泣いていた。 前回の流産の時、私の妹が妻に言った言葉…。 「中絶経験があったりす…

初期の携帯電話(フリー写真)

母と携帯電話

15年前の話です。 今でもそうだが人付き合いの苦手な俺は、会社を辞め一人で仕事を始めた。 車に工具を積み、出張で電気製品の修理や取り付けをする仕事だ。 当時はまだ携帯…

空(フリー写真)

才能の代わりに

小学生の時、少し知恵遅れのA君が居た。 足し算、引き算などの計算や、会話のテンポが少し遅い。でも、絵がとても上手な子だった。 彼はよく空の絵を描いた。抜けるような色合いには…

乾杯(フリー写真)

俺の夢

僕達兄弟には元々親が居らず、養護施設で育ちました。 3つ上の兄は、中学を出るとすぐに鳶の住み込みで見習いになり、その給料は全て貯金していました。 そのお金で僕は私立の高校を…