赤い薔薇の花束

公開日: 家族 | 心温まる話 | |

赤い薔薇(フリー写真)

数年前にお父さんが還暦を迎えた時、家族4人で食事に出掛けた。

その時はお兄ちゃんが全員分の支払いをしてくれた。

普段着ではなく、全員が少しかしこまっていて照れくさい気もした。

当時はまだ学生だった私も社会人となった。

お母さんの還暦のお祝いは、家族で温泉旅行に行こうとお兄ちゃんと話し合った。

両親に伝えると、とても喜んでくれた。

家族旅行なんて久しぶりのことだった。

私が高校に入ってからは、自然と行かなくなっていた。

旅館の部屋は思っていたよりも結構広くて綺麗だった。

食事も豪華で、両親共に大満足のようだった。

お母さんと一緒に温泉に入り、背中を流してあげた時、何だか小さく感じた。

今まで私たちの為に沢山頑張ってきてくれたのだと思った。

その日の夜、家族4人で並んで眠った。

子供の頃からそんな風に全員が並んで眠ることはなかった。

私の記憶にある家族旅行では、ホテルで二部屋に分かれて泊まっていた。

でも何だか懐かしいような気持ちになった。

家族旅行をプレゼント出来て、本当に良かったと思った。

旅行から帰宅し、リビングでお茶を飲んでいるとチャイムが鳴った。

珍しくお父さんが玄関へと向かった。

お父さんの後に玄関へと向かったお母さんが驚きの声を上げた。

お母さんの声を聞いて、私とお兄ちゃんも玄関へ向かった。

駆け付けた私が目にしたものは、まるで想像していなかったものだった。

お母さんが大輪の赤い薔薇の花束を抱えていた。

お父さんは少し照れているようだった。

お兄ちゃんが私にそっと耳打ちした。

「親父に相談されて僕が手配したんだ。60本あるんだよ」

こんなサプライズがあったなんて、とても驚いた。

薔薇の花束を持つお母さんは、まるで少女みたいな笑顔だった。

お父さんのことがいつもより格好良く見えた。

関連記事

父と子(フリー写真)

身体を大事にしろ

今日は父親の13回忌だ。 うちの父は僕が高校生の時に他界している。 死因は末期の膵臓癌だった。 最初に父が身体の不調を訴えて病院で検査を受けた時、肺に水が溜まっていた…

花(フリー写真)

母が見せた涙

うちは親父が仕事の続かない人で、いつも貧乏だった。 母さんは俺と兄貴のために、いつも働いていた。ヤクルトの配達や、近所の工場とか…。 土日もゆっくり休んでいたという記憶は無…

教室(フリー写真)

虐めから守ってくれた兄

中学生の頃、学校で虐めに遭っていた。 教室に入る勇気が無く、いつも保険室に通っていた。 虐めの事は家族にも言っていない。 ただ私の我儘で保険室に通っているだけ。そんな…

夫婦(フリー写真)

奥さんの日記

嫁の日記を盗み読みしたら、いつも昼飯は納豆ご飯やお茶漬けしか食べていないことが判った。 友達とファミレスに行くのも月に一度と決めているらしい。 俺に美味しい料理を食べさせた…

昼寝中の猫(フリー写真)

ずうずうしい野良猫

お悩み相談 Q. 通って来る野良猫が大変ずうずうしく、困っています。 始めは家の外でみゃーみゃー鳴いて飯をねだる程度だったのですが、この寒空の下では辛かろうと一度玄関に泊め…

バイキングのお皿(フリー写真)

埃まみれのパンチパーマ

阪神大震災後の話。 当時、俺はあるファミレスの店員をしていて、震災後はボランティアでバイキングのみのメニューを無料で提供する事になった。 開店と同時に満席になって待ち列が出…

色鉛筆で描かれた線(フリー写真)

弟の物語

私の家族は、父、母、私、弟の四人家族。 弟がまだ六歳の時の話。 弟と私は十二才も歳が離れている。凄く可愛い弟。 だけど私は遊び盛りだったし、家に居れば父と母の取っ組み…

おでこを当てる父と娘(フリー写真)

もうおねえさんだから

7ヶ月前に妻が他界して初めて迎えた、娘の4歳の誕生日。 今日は休みを取って朝から娘と二人、妻の墓参りに出掛けて来た。 妻の死後、暫くはあんなに 「ままにあいたい」「ま…

レトロなサイダー瓶(フリー写真)

子供時代の夏

大昔は、8月上旬は30℃を超えるのが夏だった。朝晩は涼しかった。 8月の下旬には、もう夕方の風が寂しくて秋の気配がした。 泥だらけになって遊びから帰って来ると、まず玄関に入…

ラグビー場(フリー写真)

ラグビーと恩師

私は高校時代に万引きをして、人生観が変わりました。 中学から好きだった野球を続ける為に、有名な強豪校に希望して入りました。 しかしボールを触らせて貰えず、毎日ボール拾いばか…