赤い薔薇の花束

公開日: 家族 | 心温まる話 | |

赤い薔薇(フリー写真)

数年前にお父さんが還暦を迎えた時、家族4人で食事に出掛けた。

その時はお兄ちゃんが全員分の支払いをしてくれた。

普段着ではなく、全員が少しかしこまっていて照れくさい気もした。

当時はまだ学生だった私も社会人となった。

お母さんの還暦のお祝いは、家族で温泉旅行に行こうとお兄ちゃんと話し合った。

両親に伝えると、とても喜んでくれた。

家族旅行なんて久しぶりのことだった。

私が高校に入ってからは、自然と行かなくなっていた。

旅館の部屋は思っていたよりも結構広くて綺麗だった。

食事も豪華で、両親共に大満足のようだった。

お母さんと一緒に温泉に入り、背中を流してあげた時、何だか小さく感じた。

今まで私たちの為に沢山頑張ってきてくれたのだと思った。

その日の夜、家族4人で並んで眠った。

子供の頃からそんな風に全員が並んで眠ることはなかった。

私の記憶にある家族旅行では、ホテルで二部屋に分かれて泊まっていた。

でも何だか懐かしいような気持ちになった。

家族旅行をプレゼント出来て、本当に良かったと思った。

旅行から帰宅し、リビングでお茶を飲んでいるとチャイムが鳴った。

珍しくお父さんが玄関へと向かった。

お父さんの後に玄関へと向かったお母さんが驚きの声を上げた。

お母さんの声を聞いて、私とお兄ちゃんも玄関へ向かった。

駆け付けた私が目にしたものは、まるで想像していなかったものだった。

お母さんが大輪の赤い薔薇の花束を抱えていた。

お父さんは少し照れているようだった。

お兄ちゃんが私にそっと耳打ちした。

「親父に相談されて僕が手配したんだ。60本あるんだよ」

こんなサプライズがあったなんて、とても驚いた。

薔薇の花束を持つお母さんは、まるで少女みたいな笑顔だった。

お父さんのことがいつもより格好良く見えた。

妊婦さん(フリー写真)

普通の一家の物語

その昔、大学の同級生の女の子にがりがりに痩せた子が居た。 細身の娘が好みだったので声を掛け、程なく恋仲に。 ある日、 「心臓に大穴が空いていて、苦しい。 子供も…

オフィス(フリー写真)

苦手だった部長

その時の部長は凄く冷たくて、いつもインテリ独特のオーラを張り巡らせている人だった。 飲みに誘っても来ることは無いし、忘年会などでも一人で淡々と飲むようなタイプ。 俺はよく怒…

浜辺の母娘(フリー写真)

天国へ持って行きたい記憶

『ワンダフルライフ』という映画を知っていますか? 自分が死んだ時にたった一つ、天国に持って行ける記憶を選ぶ、という内容の映画です。 高校生の頃にこの映画を観て、何の気無しに…

海の父娘(フリー写真)

例え火の中でも

私の両親は小さな喫茶店を営んでいます。 私はそこの一人娘で、父は中卒で学歴はありませんが、とても真面目な人でした。 バブルが弾けて景気が悪化して来た頃、父は仕事の暇な時間に…

母に渡す花(フリー写真)

お母さんの看病がしたいよ

19歳の頃、癌で入院中のお母さんに、泊り込みで付き添っていた。 その頃、私は予備校に行っていた。 お母さんが 「看護婦さんになって欲しい」 と言ったから、一つく…

イチゴのショートケーキ(フリー写真)

イチゴショートと女の子

俺がケーキ屋で支払いをしていると、自動ドアが開いて、幼稚園児くらいの女の子が入って来た。 女の子は一人で買い物に来たらしく、極度の緊張からか、頬を赤く染め真剣な眼差しで店員に …

ディズニーランド(フリー写真)

ディズニーランドの星

ある日、ディズニーランドのインフォメーションに、一人の男性が暗い顔でやって来ました。 「あの…落とし物をしてしまって」 「どういったものでしょうか?」 「サイン帳です…

夫婦の手(フリー写真)

空席に座る子

旦那の上司の話です。亡くなったお子さんの話だそうです。 主人の上司のA課長は、病気で子供を失いました。 当時5歳。幼稚園で言えば、年中さんですね。 原因は判りません…

巣鴨の歩行者天国(フリー写真)

とげぬき地蔵様

私は小さい頃から中耳炎で、しょっちゅう耳が痛くなっては、治療のために耳鼻科へ行っていました。 小学校に入ると、私が耳鼻科に行くために学校を休んだり早退したりすると、クラスの子に …

通帳(フリー写真)

ばあちゃんの封筒

糖尿病を患っていて、目が見えなかったばあちゃん。 一番家が近くて、よく遊びに来る私を随分可愛がってくれた。 思えば、小さい頃の記憶は、殆どばあちゃんと一緒に居た気がする(母…