少年とテツ

公開日: ちょっと切ない話 | 心温まる話 |

犬

1月の寒い朝、思い出す少年がいます。

当時、私は狭心症で休職し、九州の実家で静養していました。

毎朝、愛犬テツとの散歩中、いつも遅刻ギリギリの不良少年に出会いました。

彼はやがてテツと仲良くなり、私とも言葉を交わすように。

家庭環境は複雑だったようですが、彼はよく部屋に遊びに来て、テツと遊んでいました。

時間が流れ、少年は更に不良へと傾きました。

しかし、私の部屋では純粋な少年のままで、テツと笑い合っていました。

ある夜、突然部屋に来て、別れを告げた彼。

何があったのかと心配しましたが、彼は去ってしまいました。

約束通り、春になっても彼は戻って来ませんでした。

テツも、彼の不在を寂しそうに感じていたようです。

やがて、寒い冬が訪れました。

愛犬テツが静かにこの世を去ったのです。

悲しみに暮れる私に、一年ぶりに現れた少年。

少年は、テツの死を知り、思わず泣き崩れました。

彼の涙に、私も涙が溢れました。

少年は、テツのことを本当に想ってくれていたんだと心から感謝しました。

少年は話し始めました。

家庭の問題から不良に走り、犯罪を犯して少年院に入れられました。

両親に見放され、学園という施設で生活していたと言います。

彼は、施設で出会った小さな男の子と特別な絆を結びました。

その子は、彼に懐き、彼もその子を大切に思っていました。

ある日、その子の背中に残るタバコの跡を見て、彼は涙を流しました。

彼自身の苦しみを乗り越え、その子の悲しみに共感したのです。

その子が別れの時、「僕、泣かないで頑張るからね!」と言った言葉は、彼の心を揺さぶりました。

少年は涙を流しながら去って行きました。

私はその話を聞き、人間の強さと愛情の深さを改めて感じました。

彼は苦しい環境の中でも、希望を見出し、成長したのです。

テツの死を悼みながらも、彼の話は私に深い感動を与えました。

1月の寒い朝、少年とテツの物語を思い出し、心を温めるのです。

関連記事

教室(フリー写真)

女の子を庇うため

中学一年の時のこと。 授業中に隣の席の女の子がおしっこを漏らしていました。 女の子の席は一番後ろの端だったので、他には誰も気が付いていない様子。 僕はおもむろに席を立…

親子(フリー写真)

娘が好きだったハム太郎

娘が六歳で死んだ。 ある日突然、風呂に入れている最中に意識を失った。 直接の死因は心臓発作なのだが、持病の無い子だったので病院も不審に思ったらしく、俺は警察の事情聴取まで受…

桜の木(フリー写真)

トムの桜

小学校の頃、クラスの友人が手から血を流していたので、ティッシュを渡してあげた。 「どうしたんだ?」 と聞いたところ、ムカつく猫が居たので捕まえて、水の入ったポリバケツに放り…

おにぎり(フリー写真)

二人の母

俺の母親は、俺が5歳の時に癌で亡くなった。 それから2年間、父と2歳年上の姉と三人暮らしをしていた。 俺が小学1年生の時のある日曜日、父が俺と姉に向かって 「今から二…

病室(フリー写真)

おばあちゃんの愛

私のばあちゃんは、いつも沢山湿布をくれた。 しかも肌色のちょっと高い物。 中学生だった私はそれを良く思っていなかった。 私は足に小さな障害があった。 けれど日…

月明かり(フリー写真)

お月さんの下で

昨日、彼女の家の犬が死んだ。 彼女の家は昔、彼女の兄貴が高校生という若さで自殺してから、両親も彼女もうつ病になって酷い状態だったらしい。 そんな時に引き取って来た犬だったそ…

恋人同士(フリー写真)

大切なペンダント

中学2年生の時、幼馴染のKという女子に恋心を抱いていた。 しかし、Kは俺よりも数倍かっこいい男子と付き合っていた。 俺がかなう相手でもなく、彼女自身がそれを伝えてきたので…

お味噌汁(フリー写真)

これで仲直りしよう

昨日の朝、女房と喧嘩した。と言うか酷いことをした。 原因は、夜更かしして寝不足だった俺の寝起き悪さのせいだった。 「仕事行くの嫌だよな」 と呟く俺。 そこで女房…

柴犬(フリー写真)

犬が結んだ家族の絆

昔、うちでは一匹の犬を飼っていた。 名前はナオ。 ご近所の家で産まれた犬を、妹がみんなに相談もしないで貰って来たのだ。 当時うちの妹は中学生、俺は高校を卒業して働いて…

オフィス(フリー写真)

秘密のお守り

初めて彼女に会ったのは、内定式の時。同期だった。 聡明を絵に書いたような人。学生時代に書いた論文か何かが賞を獲ったこともあるらしく、期待の新人ということだった。 ただ、ちょ…