あの子は僕の友達なんです

公開日: 友情 | 心温まる話

ベトナムの夕日(フリー写真)

ベトナムの村にある宣教師たちの運営する孤児院が、爆撃を受けてしまいました。

宣教師達と二人の子供達が即死し、その他の者も重傷を負いました。

重傷になった者達の中でも、8才の女の子は最も危ない状態でした。

無線で助けを求めると、暫くしてアメリカ海軍の医者と看護婦が到着しました。

大量に出血したことで危ない状態にあり、早く手当をしないと少女は命を落とすことになります。

輸血が必要でした。しかしどうやってそれを行うことが出来るというのでしょうか。

言葉が通じないため、ジェスチャーを使って子供達を集めました。

そして何が起きていたのかを説明し、誰かが血液を提供することが必要であることを伝えようとしました。

沈黙の時間が暫く続いた後、一本の細い腕が恐る恐る挙がりました。

ヘングという名の少年でした。

急いで少年の準備をすると、苦しむ少女の隣に寝かせ、輸血用の管を取り付けました。

少年は黙ったまま天井をじっと見つめていました。

暫くすると、少年は自由になっている手で顔を覆うと、しゃくり上げるように泣いているのでした。

医師がどこか痛いのかと尋ねると、そうではないようでした。

しかし暫くするとまたしゃくり上げ、今度は大粒の涙を溢していました。

医師はどうしたのかと気になり、再び尋ねましたが、またもや彼は否定しました。

時々しゃくり上げていたのが、やがて静かに泣き出しました。

明らかに少年の中での認識が間違っているようでした。

すると別の村からベトナム人の看護婦が現れました。

医師はその看護婦にヘングに何が起きたのか尋ねてくれるように頼みました。

すると少年の苦しそうな表情は緩み、暫くすると彼の顔は再び平静を取り戻しました。

すると看護婦はアメリカ人の医師達に説明しました。

「彼はもう自分が死ぬのかと思っていたんです。あなた達が説明したことを理解しておらず、少女を助けるため、全ての血液を提供しなければいけないと思ったようです」

すると医師はベトナム人看護婦の助けを借り、少年に訊いてみました。

「そうであれば、どうしてあなたは血液を提供しようと決心したんですか」

すると少年は単純に応えました。

「あの子は僕の友達なんです」

関連記事

巣鴨の歩行者天国(フリー写真)

とげぬき地蔵様

私は小さい頃から中耳炎で、しょっちゅう耳が痛くなっては、治療のために耳鼻科へ行っていました。 小学校に入ると、私が耳鼻科に行くために学校を休んだり早退したりすると、クラスの子に …

月(フリー写真)

月に願いを

俺は今までに三度神頼みをしたことがあった。 一度目は俺が七歳で両親が離婚し、父方の祖父母に預けられていた時。 祖父母はとても厳しく、おまけに 「お前なんて生まれて来な…

親子(フリー写真)

お袋からの手紙

俺の母親は俺が12歳の時に死んだ。 ただの風邪で入院してから一週間後に、死んだ。 親父は俺の20歳の誕生日の一ヶ月後に死んだ。 俺の20歳の誕生日に、入院中の親父から…

会議室(フリー写真)

忘れられない誕生日

俺は入社以来、ひたすら数字を追い続けて来た。 毎日必死に働き、7年経った今では会社からも業績を認められるようになった。 何度か昇格をして、部下が何人か居る。 重要な仕…

菜の花畑(フリー写真)

本当の豊かさ

中国のとある大富豪の男性が、自分の息子を田舎の土地に送りました。 裕福な生活を当たり前と思っている息子に、一度『貧しさ』というものを体験してもらい、自分たちの生活がどれだけ幸せな…

飲食店の席(フリー写真)

ファミレスの父娘

ファミレスで一人ご飯を食べていたら、前のテーブルからおっさんと女子高生の会話が聞こえて来た。 おっさんはスーツ姿で普通の中年。痩せていて、東幹久さんに似た雰囲気。会話の流れから父…

夫婦(フリー写真)

幸せなことは何度でもある

結婚5年目に、ようやく待ちに待った子供が産まれた。 2年経って子供に障害があることが判明し、何もかもが嫌になって子供と死のうと思った。 そしたら旦那がメールが届いた。 ※…

カレーライス(フリー写真)

クロベーの笑顔

俺が小学生の頃の話。 同じクラスに黒田平一(仮名)、通称クロベーというやつが居たんだ。 クロベーの家は母子家庭で、母親とクロベーと弟の3人暮らしだった。 クロベーの一…

母への感謝の気持ち(フリー写真)

ありがとうな、おかん

なあなあ、おかんよ。 中学の時に不登校になり、夜間高校に入るも家に帰って来ず、毎日心配させてごめんよ。 二十歳を超えてからも、彼氏を作り勝手に同棲して、ろくに連絡もせず心配…

公園(フリーイラスト)

友達の大切さ

幼稚園の頃から仲が良かった親友が居た。 俺たちはいつも4人で遊んでいた。 どんな時も、一緒に遊んでいた。 彼女についての相談をしたり馬鹿言ったり、喧嘩したり。 …