人生

公開日: 心温まる話 | 悲しい話

虹(フリー写真)

1960年に私は生まれて、今まで生きてきた。

いたずらっ子だった小学生時代。

落ちこぼれだった中学生時代。

レスリングに出会い、スポーツが何たるかを学んだ高校時代。

そして、負けることの悔しさを知り、何とか入学した大学。

ここで人生の師と出会い、パワーリフティングという競技と出会う。

22歳の時に妹を自殺で亡くすという、最悪の地獄を見る事となる。

何が死に追いやったかは、36年経った今も判らない。

この事が終生、私のトラウマとなる。

卒業し、就職し、サラリーマンとパワーリフティング競技生活の二束の草鞋を履き、25歳の時、この競技の日本記録を2度更新する。亡き妹の供養が出来たのでは!

27歳の時、団体戦チーム日本一に輝く。

少年が男に為る為の全てを教えてくれたのが、前出の師なのです。

31歳の時、ある女性と出会い結婚をする。

そして、パワーリフティングを退く事となる。

師との別れ……決して良い別れ方でなかった。

その年に転職する事となる。

38歳の時に、師の死を知らされた。結婚式にも出てもらえず、わだかまりを残したままの死別であった。

39歳の時に親父を白血病にて亡くすこ事なる。

その時、初めて親父の生まれ育ちを語られた。

父の父(祖父)は若くして結核で亡くなり、祖母は後妻に入る。親父はそのままの姓を残され、祖母は後妻として新しい姓となった。

この事が「終生孤独だった」と死の一ヶ月前に知らされた。

父は、死までの間に仕事の引き継ぎをし(ある企業の役員をしていた)、遺言を書き、遺産の相続を済ませた。

自分で戒名を選び、葬式の段取りも会社の社長と取り交わし、喪主を俺に指名した。実に見事な男の死に様であった。

実は、妹の死は、親父と御袋が悪いと思い込んで(今でも)以来、御袋とは折り合いが38年悪いのも事実。しかしこの時、父を許した。

転職した会社が社名変更・親会社との合併で6回も社名が変わった。実に大変で、煩雑であったが顧客様は付いて来てくれた。感謝しています。

40歳の時に、養子縁組をする事となる。私たち夫婦は子供がどうしてもできず。

初めは養育里親として、後に特別養子縁組を得て、息子として育てている。

ゴミまみれのアパートで捨てられていた息子、3人居た末っ子だった。

長男はダウン症で、今も養護施設に暮らしている。

二男は、ある家庭に養子として引き取られ、今もこの家庭とは付き合いがあり、いつの日か兄弟である事を告げなければならない。

長男の事も気になる。今後どう支援して行くべきか考えなければならない。

息子には幼稚園卒園時に真実告知をし、私達は生みの親ではないが、お前はかけがえのない息子である事を告げた。

そして暫く経った時、息子から

「貰ってくれて有難う」

と言われた時、私は号泣したのを覚えている。

大人たちのエゴがこうさせた事実をしっかと受け止めた。

そして、自覚を持った賢明な大人として生きる覚悟を得た。

今年で52歳になる私。色々な事があった人生。たった一つだけ誇れることがある。それは、出会う人々に恵まれた事である。

会う人、会う人が私を助け、知恵を授け、共に戦ってくれた多くの人々。

お礼を申し上げたい。

「有難うございます」

そして、私はいつもこう考えいています。

「今日・只今見る景色より、来年の今月・今夜はもっと素晴らしい景色が見たい、だから努力したいんだ」

と自分に言い聞かせています。

ジェットコースターの様な人生ですが、人の経験できないことを経験した強みが私の財産なのです。

さあ、明日も素晴らしい日が来ることを祈って!

投稿者: makoto

関連記事

キッチン(フリー写真)

最高に幸せなこと

私は小さな食堂でバイトをしています。 その食堂は夫婦と息子さんで経営。バイトは私だけの合計四人で働いています。 基本的に調理は旦那さんと息子さんがやっているのですが、付け合…

ハート(フリー素材)

残りの一年

彼女に大事な話があるからと呼び出した。 彼女も俺に大事な話があると言われて待ち合わせ。 てっきり別れると言われるのかと思ってビビりながら、いつものツタヤの駐車場に集合。 …

おばあちゃんの手(フリー写真)

祖母から孫への想い

俺は母とおばあちゃんの三人で暮らしている。 母と親父は離婚していない。 パチンコなどのギャンブルで借金を作る駄目な親父だった。 母子家庭というのはやはり経済的に苦しく…

教室の机(フリー写真)

丸坊主だらけの教室

中学生の弟が、学校帰りに床屋で丸坊主にして来た。 失恋でもしたのかと聞いたら、小学校からの女の子の友達が今日から登校するようになったからだ、と言う。 彼女は今まで病気で入院…

おむすび(フリー写真)

母の意志

僕が看取った患者さんに、スキルス胃がんに罹った女性の方が居ました。 余命3ヶ月と診断され、彼女はある病院の緩和ケア病棟にやって来ました。 ある日、病室のベランダでお茶を飲み…

手を繋ぎ歩く子供(フリー写真)

身近な人を大切に

3歳ぐらいの時から毎日のように遊んでくれた、一個上のお兄ちゃんが居た。 成績優秀でスポーツ万能。しかも超優しい。 一人っ子の俺にとっては、本当にお兄ちゃんみたいな存在だった…

お花畑(フリー写真)

本当のやさしさ

遡ること、今から15年以上前。 当時、小学6年生だった僕のクラスに、A君というクラスメイトがいました。 父親のいないA君の家は暮らしぶりが悪いようで、いつも兄弟のお下がりと…

手を繋ぐカップル(フリー写真)

最初で最後のキス

私が小学生の頃、初めて人を好きになりました。 上級生だったのですが、誰にでも分け隔てなく優しい人で、誰もが彼を好いていました。 そんな彼がどういう訳か、地味な私を好きになっ…

山からの眺め(フリー写真)

命があるということ

普通に生きて来ただけなのに、いつの間にか取り返しのつかないガンになっていた。 先月の26日に、あと三ヶ月くらいしか生きられないと言われた。 今は無理を言って退院し、色々な人…

終電の車内(フリー写真)

親切の輪

終電の発車間際に切符なしで飛び乗り、車掌さんが回って来た時に切符を買おうと財布を出そうとしたが、財布がなかった。小銭入れもない。 どこかで落としたのだろうか。 途方に暮れた…