人生

公開日: 心温まる話 | 悲しい話

虹(フリー写真)

1960年に私は生まれて、今まで生きてきた。

いたずらっ子だった小学生時代。

落ちこぼれだった中学生時代。

レスリングに出会い、スポーツが何たるかを学んだ高校時代。

そして、負けることの悔しさを知り、何とか入学した大学。

ここで人生の師と出会い、パワーリフティングという競技と出会う。

22歳の時に妹を自殺で亡くすという、最悪の地獄を見る事となる。

何が死に追いやったかは、36年経った今も判らない。

この事が終生、私のトラウマとなる。

卒業し、就職し、サラリーマンとパワーリフティング競技生活の二束の草鞋を履き、25歳の時、この競技の日本記録を2度更新する。亡き妹の供養が出来たのでは!

27歳の時、団体戦チーム日本一に輝く。

少年が男に為る為の全てを教えてくれたのが、前出の師なのです。

31歳の時、ある女性と出会い結婚をする。

そして、パワーリフティングを退く事となる。

師との別れ……決して良い別れ方でなかった。

その年に転職する事となる。

38歳の時に、師の死を知らされた。結婚式にも出てもらえず、わだかまりを残したままの死別であった。

39歳の時に親父を白血病にて亡くすこ事なる。

その時、初めて親父の生まれ育ちを語られた。

父の父(祖父)は若くして結核で亡くなり、祖母は後妻に入る。親父はそのままの姓を残され、祖母は後妻として新しい姓となった。

この事が「終生孤独だった」と死の一ヶ月前に知らされた。

父は、死までの間に仕事の引き継ぎをし(ある企業の役員をしていた)、遺言を書き、遺産の相続を済ませた。

自分で戒名を選び、葬式の段取りも会社の社長と取り交わし、喪主を俺に指名した。実に見事な男の死に様であった。

実は、妹の死は、親父と御袋が悪いと思い込んで(今でも)以来、御袋とは折り合いが38年悪いのも事実。しかしこの時、父を許した。

転職した会社が社名変更・親会社との合併で6回も社名が変わった。実に大変で、煩雑であったが顧客様は付いて来てくれた。感謝しています。

40歳の時に、養子縁組をする事となる。私たち夫婦は子供がどうしてもできず。

初めは養育里親として、後に特別養子縁組を得て、息子として育てている。

ゴミまみれのアパートで捨てられていた息子、3人居た末っ子だった。

長男はダウン症で、今も養護施設に暮らしている。

二男は、ある家庭に養子として引き取られ、今もこの家庭とは付き合いがあり、いつの日か兄弟である事を告げなければならない。

長男の事も気になる。今後どう支援して行くべきか考えなければならない。

息子には幼稚園卒園時に真実告知をし、私達は生みの親ではないが、お前はかけがえのない息子である事を告げた。

そして暫く経った時、息子から

「貰ってくれて有難う」

と言われた時、私は号泣したのを覚えている。

大人たちのエゴがこうさせた事実をしっかと受け止めた。

そして、自覚を持った賢明な大人として生きる覚悟を得た。

今年で52歳になる私。色々な事があった人生。たった一つだけ誇れることがある。それは、出会う人々に恵まれた事である。

会う人、会う人が私を助け、知恵を授け、共に戦ってくれた多くの人々。

お礼を申し上げたい。

「有難うございます」

そして、私はいつもこう考えいています。

「今日・只今見る景色より、来年の今月・今夜はもっと素晴らしい景色が見たい、だから努力したいんだ」

と自分に言い聞かせています。

ジェットコースターの様な人生ですが、人の経験できないことを経験した強みが私の財産なのです。

さあ、明日も素晴らしい日が来ることを祈って!

投稿者: makoto

関連記事

子供の寝顔(フリー写真)

お豆の煮方

交通安全週間のある日、母から二枚のプリントを渡されました。 そのプリントには交通事故についての注意などが書いてあり、その中には実際にあった話が書いてありました。 それは交通…

公衆電話(フリー写真)

十円玉の価値

この話は実話で、私はこの話を読む度に『価値観』や『解釈』は人によって違うことを深く感じます。 ※ その子は、生まれながら知的障害者でした。 幼稚園は近所の子供たちと一緒に通っ…

学校の教室(フリー写真)

初めての親友

中学3年生の夏。私に不登校でオタクな女の子の友達が出来た。 切っ掛けは些細なことだった。担任の先生が、 「運動会の練習をするから、△△ちゃんを呼びに行って!」 と、何…

ケーキカット(フリー写真)

思い出のスプーン

私は不妊治療の末にようやく産まれた子供だったそうです。 幼い頃から本当に可愛がられて育ちました。 もちろんただ甘やかすだけではなく、叱られることもありました。 でも常…

従軍(フリー写真)

祖父の傷跡

俺の爺さんは戦地で足を撃たれたらしい。 撤退命令が出て皆急いで撤退していたのだが、爺さんは歩けなかった。 隊長に、 「自分は歩けない。足手まといになるから置いて行って…

手のひら(フリー写真)

出会い

昔、美術館でバイトをしていた。 その日の仕事は、地元の公募展の受け付け作業。 一緒に審査員の先生も一人同席してくれる。 その時に同席してくれたのは、優しいおじいちゃん…

スマホを持つ男性(フリー写真)

父からの保護メール

俺は現在高校3年生なんだけど、10月26日に父親が死んだ。 凄く尊敬出来る、素晴らしい父親だった。 だから死んだ時は母親も妹も泣きじゃくっていた。 ※ それから二ヶ月ほ…

結婚式(フリー写真)

式場の奇跡

当時付き合ってた恋人(現在の嫁)が突然、心因性発声障害という病に罹りました。 当日は遊びに行く予定だったのですが、彼女の方からLINEで断りのメッセージ。 どんな些細な事で…

バスの車内(フリー写真)

乗客全員の拍手

今から16年程前、12月も半ばを過ぎた頃の話です。 私は体調を壊し、東京にある中野坂上の病院へ週二回、通院していました。 その日は今にも雪が降り出しそうな空で、とても寒い日…

手を繋ぐ夫婦(フリー写真)

最愛の妻が遺したもの

先日、小学5年生の娘が何か書いているのを見つけた。 それは妻への手紙だったよ。 「ちょっと貸して」 と言って内容を見た。 まだまだ汚い字だったけど、妻への想いが…