人生

公開日: 心温まる話 | 悲しい話

虹(フリー写真)

1960年に私は生まれて、今まで生きてきた。

いたずらっ子だった小学生時代。

落ちこぼれだった中学生時代。

レスリングに出会い、スポーツが何たるかを学んだ高校時代。

そして、負けることの悔しさを知り、何とか入学した大学。

ここで人生の師と出会い、パワーリフティングという競技と出会う。

22歳の時に妹を自殺で亡くすという、最悪の地獄を見る事となる。

何が死に追いやったかは、36年経った今も判らない。

この事が終生、私のトラウマとなる。

卒業し、就職し、サラリーマンとパワーリフティング競技生活の二束の草鞋を履き、25歳の時、この競技の日本記録を2度更新する。亡き妹の供養が出来たのでは!

27歳の時、団体戦チーム日本一に輝く。

少年が男に為る為の全てを教えてくれたのが、前出の師なのです。

31歳の時、ある女性と出会い結婚をする。

そして、パワーリフティングを退く事となる。

師との別れ……決して良い別れ方でなかった。

その年に転職する事となる。

38歳の時に、師の死を知らされた。結婚式にも出てもらえず、わだかまりを残したままの死別であった。

39歳の時に親父を白血病にて亡くすこ事なる。

その時、初めて親父の生まれ育ちを語られた。

父の父(祖父)は若くして結核で亡くなり、祖母は後妻に入る。親父はそのままの姓を残され、祖母は後妻として新しい姓となった。

この事が「終生孤独だった」と死の一ヶ月前に知らされた。

父は、死までの間に仕事の引き継ぎをし(ある企業の役員をしていた)、遺言を書き、遺産の相続を済ませた。

自分で戒名を選び、葬式の段取りも会社の社長と取り交わし、喪主を俺に指名した。実に見事な男の死に様であった。

実は、妹の死は、親父と御袋が悪いと思い込んで(今でも)以来、御袋とは折り合いが38年悪いのも事実。しかしこの時、父を許した。

転職した会社が社名変更・親会社との合併で6回も社名が変わった。実に大変で、煩雑であったが顧客様は付いて来てくれた。感謝しています。

40歳の時に、養子縁組をする事となる。私たち夫婦は子供がどうしてもできず。

初めは養育里親として、後に特別養子縁組を得て、息子として育てている。

ゴミまみれのアパートで捨てられていた息子、3人居た末っ子だった。

長男はダウン症で、今も養護施設に暮らしている。

二男は、ある家庭に養子として引き取られ、今もこの家庭とは付き合いがあり、いつの日か兄弟である事を告げなければならない。

長男の事も気になる。今後どう支援して行くべきか考えなければならない。

息子には幼稚園卒園時に真実告知をし、私達は生みの親ではないが、お前はかけがえのない息子である事を告げた。

そして暫く経った時、息子から

「貰ってくれて有難う」

と言われた時、私は号泣したのを覚えている。

大人たちのエゴがこうさせた事実をしっかと受け止めた。

そして、自覚を持った賢明な大人として生きる覚悟を得た。

今年で52歳になる私。色々な事があった人生。たった一つだけ誇れることがある。それは、出会う人々に恵まれた事である。

会う人、会う人が私を助け、知恵を授け、共に戦ってくれた多くの人々。

お礼を申し上げたい。

「有難うございます」

そして、私はいつもこう考えいています。

「今日・只今見る景色より、来年の今月・今夜はもっと素晴らしい景色が見たい、だから努力したいんだ」

と自分に言い聞かせています。

ジェットコースターの様な人生ですが、人の経験できないことを経験した強みが私の財産なのです。

さあ、明日も素晴らしい日が来ることを祈って!

投稿者: makoto

関連記事

ラーメン(フリー写真)

母ちゃんとラーメン

今日、俺は珍しく母ちゃんを外食に誘った。 行き先は、昔からよく行く馴染みのラーメン屋だった。 俺は味噌ラーメンの大盛り、母ちゃんは味噌ラーメンの並盛りを頼んだ。 「昔…

セイコーマート(フリー写真)

小さな子供達の友情

俺はセイコーマートで働いて三年目になる。 いつも買い物に来る小さな子の話を一つ。 その子は生まれつき目が見えないらしく、白い杖をついて母親と一緒に週二、三度うちの店を訪れる…

学校(フリー写真)

学生時代の思い出

俺が中学生の時の話。 当時はとにかく運動部の奴がモテた。 中でも成績が優秀な奴が集まっていたのがバスケ部だった。 気が弱くて肥満体の俺は、クラス替え当日から、バスケ部…

窓辺(フリー写真)

失われた家族

妻と娘が一ヶ月前に交通事故で命を落としました。 独りで運転していた車が大破したそうです。 その知らせを受けたとき、私は出張先の根室にいました。 帰るのは一苦労でした…

差し伸べる手(フリー写真)

俺を育ててくれた兄貴

俺を育ててくれた兄貴が正月に結婚したんだ。 兄貴と言っても、血は繋がっていないけれど。 ※ 自分が5歳の時に親父が死んでから、母親が女手一つで育ててくれた。 親父と結婚…

愛(フリー写真)

伝わる気持ち

嫁は妊娠中。もうすぐ八ヶ月。 ある日、西日の部屋でソファに座ってお腹を撫でている嫁を見ていた。 そしたら何となく言いたくなって、後ろから抱き締めて 「愛してる」 …

手を繋ぐ(フリー写真)

大事な我が子へ

自分が多少辛くても、腰が痛くても頭が痛くても、子供が元気にしてくれているのが凄く嬉しいの。 元気そうな子供の姿を見たり声を聞いているとね、本当に嬉しいの。 別に感謝してくれ…

ケーキカット(フリー写真)

思い出のスプーン

私は不妊治療の末にようやく産まれた子供だったそうです。 幼い頃から本当に可愛がられて育ちました。 もちろんただ甘やかすだけではなく、叱られることもありました。 でも常…

エルトゥールル号遭難慰霊碑

エルトゥールル号の奇跡

和歌山県の南端に大島がある。その東には、明治三年に出来た樫野崎灯台があり、現在も断崖の上に建っている。 明治23年9月16日の夜、台風が大島を襲った。 ビュワーン・ビュワー…

アパート

優しい味のおにぎり

もう20年以上前のことです。古びたアパートでの一人暮らしの日々。 安月給ではあったが、なんとか生計を立てていました。隣の部屋には50代のお父さんと、小学2年生の女の子、陽子ちゃ…