再会の約束

公開日: ちょっと切ない話 | 恋愛

夕日

私の心に刻まれた恋の物語をお話しします。

大学生の日々、初めて彼氏ができました。

私たちは同じキャンパス、同じサークルで出会った運命の人でした。

お互いに気持ちを深め、幸せな日々を過ごしていました。

しかし、大学4年生ともなると、二人の関係には様々な試練が待っていました。

不安定な就職活動、将来の不透明さ…その中で二人の間には疲れと摩擦が生まれました。

運命のいたずらか、私たちは異なる道を選ぶことになりました。

彼は遠く、私は近く。そう別れることとなった私たちは約束を交わしました。

「3年後、この場所で再び出会おう」

時間は過ぎ、私は仕事に情熱を傾け、再会の日を心待ちにしました。

そして、運命の日がやってきました。

心臓の鼓動が速くなる中、待ち合わせた駅に足を運びました。

しかし、時計の針は彼の姿を迎えることなく、進んでいきました。

待ち続ける時間は、私の心をさらに重くさせました。

淋しさ、失望、不安…それでも私は彼を信じて待ち続けました。

でも、真っ暗になる夜空の下、彼は現れませんでした。

彼の選んだ道、私の選んだ道。それぞれが異なる未来を歩むことになったのか、または彼が何かの理由で来られなかったのか。

答えはわからないまま、私は新しい日々へと進むことを決意しました。

関連記事

友情(フリー写真)

変わらないもの

俺たち小学校から高校までずっと一緒だったよな。 高卒後、俺は就職、お前はフリーター。 学歴社会の昨今、 「俺たちゃ負け組じゃねぇよな!がんばろうぜ!」 と、よく…

ワイン(フリー写真)

ワイン好きの父

いまいち仲が良くなかった父が、入院する前夜にワインを取り出し、 「まあいつまで入院するか分からないけど、一応、別れの杯だ」 なんて冗談めかして言ったんだ。 こんなのは…

夕焼け(フリー写真)

夕焼けの絵葉書

ふと思い出したのだけど、亡くなってしまった子から絵葉書をもらったことがある。 中学生の時の隣のクラスの女の子で、病気で殆ど学校に来ないまま亡くなってしまった。 うちの学校は…

母と子(フリー写真)

懸命に育ててくれた母

私の父は幼い頃に亡くなり、母は再婚せずに私を育ててくれました。 母は学歴も技術もなく、個人商店のような仕事で生計を立てていました。 それでも、当時住んでいた土地は人情が残…

赤ちゃんの手を握る母(フリー写真)

お母さんありがとう

昨日、午前4時22分に母が亡くなった。 風邪ひとつ引かない元気な母だった。 僕が幼稚園に入る頃には、もう父は居なかった。 借金を作って逃げたらしい。 母は早朝4…

空の太陽(フリー写真)

祖父が立てた誓い

三年前に死んだ祖父は、末期癌になっても一切治療を拒み、医者や看護婦が顔を歪めるほどの苦痛に耐えながら死んだ。 体中に癌が転移し、せめて痛みを和らげる治療(非延命)をと、息子(父)…

海

あの日の下り坂

夏休みのある日、友達と「自転車でどこまで行けるか」を試すために小旅行に出かけた。地図も計画もお金も持たず、ただひたすら国道を進んでいった。 途中に大きな下り坂が現れ、自転車はま…

母の手を握る赤子(フリー写真)

母の想い

彼は幼い頃に母親を亡くし、父親と祖母と暮らしていました。 17歳の時、急性骨髄性白血病にかかってしまい、本人すら死を覚悟していましたが、骨髄移植のドナーが運良く見つかり死の淵から…

手を繋ぐ恋人(フリー写真)

握り返してくれた手

今から6年前の話です。 僕がまだ十代で、携帯電話も普及しておらずポケベル全盛期の時代の事です。 僕はその頃、高校を出て働いていたのですが、二つ年上の女性と付き合っていました…

タクシー(フリー写真)

台風の日

タクシーの中でお客さんとどんな話をするか、平均で10分前後の短い時間で完結する話題と言えばやはり天気の話になります。 今日の福岡は台風11号の余波で、朝から断続的に激しい雨が降っ…