せめて届かないだろうか

公開日: ちょっと切ない話 | 友情

田舎の風景(フリー写真)

葬式、行けなくてゴメン。

マジでゴメン。

行かなかったことに言い訳できないけどさ、せめてものお詫びに、お前んちの裏の山に登って来たんだ。

工事用の岩の間に作った基地さ、まだあったぜ。

置いてたエ○本はパリパリになってたけどな。

あの頃はこんな青年誌でもエ○本だと思ってたんだな。ガキだわ。

んで、そのエ○本の奥にあった手紙の山。

『なんだ?』って思ったら、ラブレターだった。

そういやぁ二人して書いてたな。二人とも同じ人宛てにさ。

んでさ、まあ殆ど読めなかったけどさ、ある一行が俺の目に飛び込んで来たよ。

『もし、俺がダメだったらシューチと付き合ってよ。あいつすんげぇいい奴だから』

…バカじゃねぇの? お前。

何だよ。忘れてたよ。お前がこんなヤツだって事。

すんげぇいいヤツだって事。

離ればなれになっちまってから、ホント忘れてたよ。

そんで、俺がどれだけクソな人間か思い知らされたよ。

もうお前は帰って来ない。

今更、俺が何を言っても届かない。

死んだ時は分からなかった死の実感。

だけど…せめて届かないだろうか。

お前だって見てたんだろ? この板。

本当に、ゴメン。ゴメンなさい。

あとさ、久しぶりにチアキに連絡した。

あいつ…お前が死んだこと知らなかったよ。

一緒に謝りに行くから。お前の墓に。

関連記事

手(フリー写真)

無償の愛

おじいちゃんは老いから手足が不自由で、トイレも一人で行くのは厳しい。 だから、いつもはおばあちゃんが下の世話をしていた。 おばあちゃん以外が下の世話をするのを嫌がったからだ…

タクシーの後部座席(フリー写真)

母の気持ち

実家に帰省して、また帰る時の事。 俺は母子家庭で仕送りを貰っている癖に、冗談めかしに帰りのタクシー代と電車賃を頂戴と母にせがんだ。 すると母は、 「何言ってんの!うち…

星空(フリー写真)

一生懸命に生きて

私は昨日、小学4年生の子から手紙で相談を受けました。 『僕のお母さんに元気になって欲しくて、プレゼントをあげたいんだけど、僕のお小遣いは329円しかありません。この値段で買えて、…

梅干し(フリー写真)

憧れた世界

飲んだくれの親父のせいで貧乏育ち。だから小さい頃は遠足の弁当が嫌いだった。 麦の混ざったご飯に梅干しと佃煮。 恥ずかしいから、 「見て~!俺オッサン弁当!父ちゃんが『…

父と子のシルエット(フリー写真)

親父からのタスキ

小さい頃、よく親父に連れられて街中を走ったものだった。 生まれた町は田舎だったので交通量が少なく、そして自然が多く、晴れた日にはとても気持ちの良い空気が漂っていた。 ※ 親父…

老人の手を握る(フリー写真)

祖父の気持ち

まだ幼い頃、祖父を慕っていた私はよく一緒に寝ていました。 私は祖父のことをとても慕っていたし、祖父にとっては初孫ということもあって、よく可愛がってくれていました。 小学校…

高校生(フリー写真)

ほら、笑いなよ!

高校2年生の夏、僕は恋をした。 好きで好きで堪らなかった。 その相手を好きになった切っ掛けは、僕がクラスで虐めに遭い落ち込んでいた頃、生きる意味すら分からなくなり教室で一人…

ろうそくの火(フリー写真)

ろうそくの火と墓守

急な坂をふうふう息を吐きながら登り、家族のお墓に着く。 風が強いんだ、今日は。 春の日差しに汗ばみながら枯れた花を除去して、生えた雑草を取り、墓石を綺麗に拭く。 狭い…

月明かり(フリー写真)

お月さんの下で

昨日、彼女の家の犬が死んだ。 彼女の家は昔、彼女の兄貴が高校生という若さで自殺してから、両親も彼女もうつ病になって酷い状態だったらしい。 そんな時に引き取って来た犬だったそ…

たんぽぽを持つ手(フリー写真)

あした

私の甥っ子は、母親である妹が病気で入院した時に、暫くパパママと離れて実家の父母の家に預けられていました。 「ままがびょうきだから、おとまりさせてね」 と言いながら、小さな体…