祖父の形をした幻

公開日: 家族 | 心温まる話 | 祖父母

オフィス(フリー素材)

私の名前は中島洋二、会社員であり、幸せな家庭の父親です。

家族は妻と二人の子供、それから母親がいます。

しかし、私にとっての大切な家族の一人に、私の祖父がいます。

彼の名前は中島慎二、私が生まれる前に他界した人です。

私は彼とは一度も会ったことがありません。

母や父から聞く話では、彼はとても優しく、家族を愛する人だったと言います。

私は常に祖父の存在を感じ、彼を尊敬し、また彼のような人間になりたいと願っていました。

ある日、私は仕事で大きな失敗をしました。

その失敗は私のプロジェクトチーム全体に影響を及ぼし、私は深く落ち込んでしまいました。

私は自己嫌悪に陥り、自分の無力さを痛感しました。

その夜、私は部屋で一人、深く後悔の念に浸っていました。

すると私の前に祖父の形をした幻が現れました。

私は驚き、目を疑いました。

その幻は確かに祖父の姿で、私に微笑みかけていました。

祖父は私に向かって、

「洋二、立ち直りなさい。あなたにはまだやるべきことがある」

と言いました。

その言葉に、私は涙が溢れてきました。

祖父の言葉は、私の心に深く響き、私を励ましてくれました。

私は祖父の言葉に感謝し、再び立ち上がる決意をしました。

その日から、私は再び仕事に取り組み始めました。

失敗を乗り越え、自分を成長させるために、私は一生懸命に取り組みました。

その結果、私のプロジェクトは成功を収め、私は仕事の評価を改めて高めることができました。

私はその成功を祖父の助けに感謝しました。

そして、私は自分自身を見つめ直し、自分の成長を感じることができました。

祖父の言葉と助けによって、私は自分自身を信じ直し、前向きに生きることができました。

それから、私は常に祖父の言葉を思い出し、困難な時にはそれに励まされています。

祖父の言葉は、私にとっての大きな支えであり、私を強くさせてくれました。

祖父の形をした幻が現れたあの日から、私は自分自身をより深く理解し、自分の弱さと向き合うことができました。

その経験は私にとって、人生の大きな転機となりました。

祖父が私に与えてくれた言葉と勇気は、私が今の自分になるための大きな力となりました。

私は、祖父が私にくれたその存在感に深く感謝しています。

そして、私はその感謝の気持ちを忘れることなく、これからも生きていきます。

祖父の言葉を胸に、私は自分の道を進んでいきます。

関連記事

戦後

少女の小さな勇気

第二次大戦が終わり、私は復員した日本の兵士の家族たちへの通知業務に就いていました。暑い日の出来事です。毎日、痩せ衰えた留守家族たちに彼らの愛する人々の死を伝える、とても苦しい仕事でし…

野球ボール(フリー写真)

頑張ったよ

常葉大菊川(静岡)と14日に対戦し、敗れた日南学園(宮崎)。 左翼手の奥野竜也君(3年)は、がんで闘病中の母への思いを胸に、甲子園に立った。 竜也君が中学1年生の秋、ゆか…

病院

父の願いと医者への道

高校一年生の夏休み、両親から「大事な話がある」と呼び出されたとき、父が癌で余命宣告されていることを知りました。 私たち家族は商売をしており、借金も多く、父が亡くなれば高校に通う…

渋滞(フリー写真)

迷彩服のヒーロー

一昨年の夏、私は5歳の息子を連れて、家から車で1時間の所にある自然博物館の昆虫展へ向かっていました。ムシキングの影響で、息子はとても楽しみにしていました。 あと数キロと言う地点で…

卒業証書(フリー写真)

忘れられない生徒

高校教師です。 私が教えていた生徒に問題児の女の子が居ました。 彼女は成績も悪くなく、資格取得にも一生懸命なのですが、その原動力は強過ぎる学歴コンプレックスらしく精神も病ん…

ディズニーランド(フリー写真)

親子三人で

秋も大分深まってまいりました。 ディズニーランドのスタッフの皆様、いつも私たちに素敵な夢をありがとうございます。 今月、数年ぶりに主人とディズニーランドに遊びに行かせていた…

夏のスイカ(フリー写真)

夏の記憶、婆ちゃんとツトム

昨年の夏、私は高知を訪れた。 熱波が街を包み、頭がクラクラするほどだった。 R439を目指して進む中、中村市の近くに来た。 そこには、一人の婆ちゃんがビーチパラソル…

ハンバーグ(フリー写真)

お母さんの弁当

俺の母さんは、生まれつき両腕が不自由だった。 なので料理は基本的に父が作っていた。 でも遠足などで弁当が必要な時は、母さんが頑張って作ってくれていた。 ※ 小学六年生の…

学校の机(フリー写真)

君が居なかったら

僕は小さい頃に両親に捨てられ、色々な所を転々として生きてきました。 小さい頃には「施設の子」とか「いつも同じ服を着た乞食」などと言われました。 偶に同級生の子と遊んでいて、…

エルトゥールル号遭難慰霊碑

エルトゥールル号の奇跡

和歌山県の南端に大島がある。その東には、明治三年に出来た樫野崎灯台があり、現在も断崖の上に建っている。 明治23年9月16日の夜、台風が大島を襲った。 ビュワーン・ビュワー…