お母さんの匂い

公開日: 心温まる話 | 長編

教室(フリー写真)

その小学校の先生が5年生の担任になった時、一人服装が不潔でだらしなく、どうしても好きになれない少年が居た。

先生は中間記録に少年の悪いところばかりを記入するようになっていた。

ある時、少年の1年生からの記録が目に留まった。

「朗らかで、友達が好きで、人にも親切。勉強もよく出来、将来が楽しみ」

とある。間違いだ。他の子の記録に間違いない。先生はそう思った。

2年生になると、

「母親が病気で世話をしなければならず、時々遅刻する」

と書かれていた。

3年生では、

「母親の病気が悪くなり、疲れていて、教室で居眠りをする」

後半の記録には、

「母親が死亡。希望を失い、悲しんでいる」

とあり、4年生になると

「父は生きる意欲を失い、アルコール依存症となり、子供に暴力を振るう」

先生の胸に激しい痛みが走った。

駄目と決めつけていた子が突然、深い悲しみと共に生き抜いている生身の人間として、自分の前に立ち現れて来たのだ。

先生にとって目を開かれた瞬間であった。

放課後、先生は少年に声を掛けた。

「先生は夕方まで教室で仕事をするから、あなたも勉強して行かない? 解らないところは教えてあげるから」

少年は初めて笑顔を見せた。

それから少年は毎日、教室の自分の机で予習復習を熱心に続けた。

授業で少年が初めて手を上げた時、先生に大きな喜びが湧き起こった。

少年は自信を持ち始めていた。

クリスマスの午後だった。少年が小さな包みを先生の胸に押し付けて来た。

後で開けてみると、香水の瓶だった。亡くなったお母さんが使っていた物に間違いない。

先生はその一滴を身に振り掛け、夕暮れに少年の家を訪ねた。

雑然とした部屋で独り本を読んでいた少年は、気が付くと飛んで来て、先生の胸に顔を埋めて叫んだ。

「ああ、お母さんの匂い!今日は素敵なクリスマスだ」

少年が6年生になると、先生は少年の担任ではなくなった。

卒業の時、先生に少年から一枚のカードが届いた。

「先生は僕のお母さんのようです。そして今まで出会った中で、一番素晴らしい先生でした」

それから6年後、またカードが届いた。

「明日は高校の卒業式です。僕は小学5年生の時に先生に担当していただき、とても幸せでした。

おかげで奨学金をもらって医学部に進学することが出来ます」

十年を経て、またカードが届いた。

そこには先生と出会えたことの感謝と、父親に叩かれた体験があるから患者の痛みが解る医者になれると記されており、こう締め括られていた。

「僕はよく小学5年生の時の先生を思い出します。あのまま駄目になってしまう僕を救ってくださった先生を、神様のように感じます。

大人になり、医者になった僕にとって、今でも最高の先生です」

そして一年後。届いたカードは結婚式の招待状だった。

「母の席に座ってください」

と一行、書き添えられていた。

学校(フリー写真)

学生時代の思い出

俺が中学生の時の話。 当時はとにかく運動部の奴がモテた。 中でも成績が優秀な奴が集まっていたのがバスケ部だった。 気が弱くて肥満体の俺は、クラス替え当日から、バスケ部…

封筒を持つ手(フリー写真)

結婚記念日おめでとう

入社4年目の時に、初めて結婚記念日の日を迎えた。 しかしその日、運悪く社内でトラブルが発生した。 下手したら全員会社に泊まりになるかもしれないという修羅場なのに、 「…

妊婦さんのお腹(フリー写真)

皆からもらった命

母は元々体が弱く、月に一回定期検診を受けていた。 そこで、私が出来たことも発覚したらしい。 母の体が弱いせいか、私は本来赤ちゃんが居なくてはいけない所に居らず、危ない状態だ…

象(フリー写真)

三頭の象

上野の動物園は、桜の花盛りです。 風にぱっと散る花。お日様に光り輝いて咲く花。 お花見の人たちがどっと押し寄せ、動物園は砂埃を巻き上げるほどに混み合っていました。 象…

家の居間(フリー写真)

妹を守る兄

兄が6歳、私が2歳の頃に両親が離婚した。 私にその当時の記憶は殆ど無く、お父さんが居ないことを気にした覚えもありませんでした。 小学生に上がる頃に母が再婚し、義理の父が本当…

花束(フリー写真)

大切なあなたに花束を

私は介護施設で働いています。 時々おじいちゃんやおばあちゃん宛に、ご家族の方よりお手紙や花束が届きます。 花束を持って行くと、皆さん集まって来ます。 自分かもしれない…

ファミレス(フリー写真)

兄妹の情

ファミレスで仕事をしていると、隣のテーブルに親子が座ったんです。 妙に若作りしている茶髪のお母さんと、中学一年生くらいの兄、そして小学校低学年くらいの妹です。 最初はどこに…

手を繋ぐカップル(フリー写真)

幸せの在り処

もう五年も前になる。 当時無職だった俺に彼女が出来た。 彼女の悩みを聞いてあげたのが切っ掛けだった。 正直、他人事だと思って調子の良いことを言っていただけだったが、彼…

柴犬(フリー写真)

犬が結んだ家族の絆

昔、うちでは一匹の犬を飼っていた。 名前はナオ。 ご近所の家で産まれた犬を、妹がみんなに相談もしないで貰って来たのだ。 当時うちの妹は中学生、俺は高校を卒業して働いて…

味噌焼きおにぎり(フリー写真)

祖母の味噌焼きおにぎり

僕には祖母がいる。 祖父は僕が生まれる前に亡くなった。 だから、祖母は大変だったらしい。 祖父は保険に入っておらず、残されたのは煙草畑と田んぼと仔牛くらいだった。 …