お母さんの匂い

公開日: 心温まる話 | 長編

教室(フリー写真)

その小学校の先生が5年生の担任になった時、一人服装が不潔でだらしなく、どうしても好きになれない少年が居た。

先生は中間記録に少年の悪いところばかりを記入するようになっていた。

ある時、少年の1年生からの記録が目に留まった。

「朗らかで、友達が好きで、人にも親切。勉強もよく出来、将来が楽しみ」

とある。間違いだ。他の子の記録に間違いない。先生はそう思った。

2年生になると、

「母親が病気で世話をしなければならず、時々遅刻する」

と書かれていた。

3年生では、

「母親の病気が悪くなり、疲れていて、教室で居眠りをする」

後半の記録には、

「母親が死亡。希望を失い、悲しんでいる」

とあり、4年生になると

「父は生きる意欲を失い、アルコール依存症となり、子供に暴力を振るう」

先生の胸に激しい痛みが走った。

駄目と決めつけていた子が突然、深い悲しみと共に生き抜いている生身の人間として、自分の前に立ち現れて来たのだ。

先生にとって目を開かれた瞬間であった。

放課後、先生は少年に声を掛けた。

「先生は夕方まで教室で仕事をするから、あなたも勉強して行かない? 解らないところは教えてあげるから」

少年は初めて笑顔を見せた。

それから少年は毎日、教室の自分の机で予習復習を熱心に続けた。

授業で少年が初めて手を上げた時、先生に大きな喜びが湧き起こった。

少年は自信を持ち始めていた。

クリスマスの午後だった。少年が小さな包みを先生の胸に押し付けて来た。

後で開けてみると、香水の瓶だった。亡くなったお母さんが使っていた物に間違いない。

先生はその一滴を身に振り掛け、夕暮れに少年の家を訪ねた。

雑然とした部屋で独り本を読んでいた少年は、気が付くと飛んで来て、先生の胸に顔を埋めて叫んだ。

「ああ、お母さんの匂い!今日は素敵なクリスマスだ」

少年が6年生になると、先生は少年の担任ではなくなった。

卒業の時、先生に少年から一枚のカードが届いた。

「先生は僕のお母さんのようです。そして今まで出会った中で、一番素晴らしい先生でした」

それから6年後、またカードが届いた。

「明日は高校の卒業式です。僕は小学5年生の時に先生に担当していただき、とても幸せでした。

おかげで奨学金をもらって医学部に進学することが出来ます」

十年を経て、またカードが届いた。

そこには先生と出会えたことの感謝と、父親に叩かれた体験があるから患者の痛みが解る医者になれると記されており、こう締め括られていた。

「僕はよく小学5年生の時の先生を思い出します。あのまま駄目になってしまう僕を救ってくださった先生を、神様のように感じます。

大人になり、医者になった僕にとって、今でも最高の先生です」

そして一年後。届いたカードは結婚式の招待状だった。

「母の席に座ってください」

と一行、書き添えられていた。

赤ちゃんの足を持つ手(フリー写真)

ママの最後の魔法

サキちゃんのママは重い病気と闘っていたが、死期を悟ってパパを枕元に呼んだ。 その時、サキちゃんはまだ2歳だった。 「あなた、サキのためにビデオを3本残します。 このビ…

桜(フリー写真)

天国のお父さんへ

幼くして父親を亡くした女の子が、小学校に入学する頃のことでした。 周りの子はみんな、親から買ってもらった赤いランドセルを背負って通学していました。 しかし、その子の家庭は幼…

飛行機雲(フリー写真)

きっと天国では

二十歳でヨーロッパに旅をした時の実話をいっちょう。 ルフトハンザの国内線に乗ってフランクフルト上空に居た時、隣に座っていたアメリカ人のじい様に話し掛けられた。 日本は良い国…

バイオリン(フリー写真)

世界一の良い娘

昨夜、嫁とケンカした。 切っ掛けは些細なことで、小学2年生の娘がバイオリンを習いたいと言い出したことだ。 嫁「本人がやりたいなんて言い出すのは珍しいから、習わせてあげたい」…

終電(フリー写真)

精一杯の強がり

彼とは中学校からの付き合いでした。 中学校の頃から素直で、趣味などでも一つのことをとことん追求するような奴でした。 中学、高校、大学と一緒の学校に通い、親友と呼べる唯一の友…

柿(フリー写真)

果物の命

昔、24時間営業のスーパーで働いていた。 この時期はただえさえ寒い上に、店内に冷房が効いていて凄く寒かったな。 それはさておき、その年は柿が凄く美味しかったんですよ。 …

巣鴨の歩行者天国(フリー写真)

とげぬき地蔵様

私は小さい頃から中耳炎で、しょっちゅう耳が痛くなっては、治療のために耳鼻科へ行っていました。 小学校に入ると、私が耳鼻科に行くために学校を休んだり早退したりすると、クラスの子に …

ラムネ(フリー写真)

笑顔でいるんだ

俺が小学生の頃、家のすぐ近くにお好み焼屋があったんだ。 その店はお婆さんが一人でやっているお店で、細々と続いていた。 俺はその頃いじめられててさ、でも家に帰っても家族には何…

消火活動(フリー写真)

救助から生まれた恋

5年前のある日、ある病院から火災発生の通報を受けた。 湿度が低い日だったせいか、現場に着いてみると既に燃え広がっていた。 救助のため中に入ると、一階はまだ何とか形を保ってい…

白猫(フリー写真)

猫の導き

小学生の頃、親戚の家に遊びに行ったら、痩せてガリガリの子猫が庭にいた。 両親にせがんで家に連れて帰り、その猫を飼う事になった。思い切り可愛がった。 猫は太って元気になり、…