素直な感謝の気持ち

公開日: 心温まる話

信号(フリー写真)

今日、近所の交差点で車に乗り信号待ちをしていると、前方の右折車線でジリジリ前進している車がいた。

明らかに『信号が青になった瞬間に曲がっちまおう』というのが見え見え。

この道路は主要幹線で交通量も多い。

確かにこのチャンスを逃したら、右折信号が出るまでの数分は足止めを食らうだろう。

俺は、

「ほんの数分も待てねーのかよ」

と毒づきながら、信号が変わる瞬間を待っていた。

当然、譲る気は無い。

昼飯前の空腹感と暑さが、俺を少々苛立たせていた。

すると、いきなり俺の左の車線の車から中年の男性が降りて来た。

自分の車を放って置いて。

その車には誰も乗っていない。

もうすぐ信号が変わる大通りで信じられない出来事。

そのおじさんは、俺の車の前に背を向けて立ち『止まっとけ』のサインを出しつつ、右折しようとした車に『早く行け』と手を振った。

右折車が、結構なスピードで右折して行く。

しかし、俺の目にははっきりと見えた。

苦しそうな顔の女性が。

助手席の窓にまで達した大きな腹。

明らかに妊婦。

俺は咄嗟に助手席の窓を全開にし、小走りで車に戻ろうとしていたおじさんに叫んだ。

「ありがとう!全然気付かなかったよ!」

おじさんは、ちょっとびっくりしたような顔をすると、

「仕事が交通整理なんでな!」

と、笑いながら言い返してきた。

その顔の誇らしげなこと。

とても眩しく見えた。

後続車の猛クラクションの中、俺たちは慌てて発進した。

ハザードを二回焚く。

多分、隣の車も。

結果的に俺は何も出来なかった訳だが、あそこで「ありがとう」と言えた自分に感謝したい。

素直な感謝の気持ちをそのまま言葉にする。

自分が本当に思っていることを口にして言うだけなのに、それが恥ずかしくて出来なかった、愚かな俺。

今まで、本当に言いたいことも言えず、へらへら生きてきただけの自分を後悔する毎日だったから。

それがちゃんと出来ることを教えてくれたおじさん、本当にありがとう。

そして、あの時の妊婦さんが元気な子供を生んでくれることを、心からお祈りします。

関連記事

兄弟(フリー写真)

最強最高の兄ちゃん

両親は俺が中学2年生の時、交通事故で死んだ。 俺には4つ上の兄と、5つ下の妹が居る。 両親の死後、俺は母方の親戚に、妹は父方に引き取られて、兄は母方の祖父母と住んでいた。 …

星空(フリー写真)

一生懸命に生きて

私は昨日、小学4年生の子から手紙で相談を受けました。 『僕のお母さんに元気になって欲しくて、プレゼントをあげたいんだけど、僕のお小遣いは329円しかありません。この値段で買えて、…

赤ちゃんの手を握る母(フリー写真)

お母さんありがとう

昨日、午前4時22分に母が亡くなった。 風邪ひとつ引かない元気な母だった。 僕が幼稚園に入る頃には、もう父は居なかった。 借金を作って逃げたらしい。 母は早朝4…

ラムネ(フリー写真)

笑顔でいるんだ

俺が小学生の頃、家のすぐ近くにお好み焼屋があったんだ。 その店はお婆さんが一人でやっているお店で、細々と続いていた。 俺はその頃いじめられててさ、でも家に帰っても家族には何…

婚約指輪(フリー写真)

玩具の指輪

高校生の頃の話。 小さな頃から幼馴染の女がいるのだが、その子とは本当に仲が良かった。 小学生の頃、親父が左手の薬指に着けていた指輪が気になって、 「何でずっと着けてる…

犬(フリー写真)

良い犬の話

良い人じゃなくて、良い犬の話。 知り合いのお爺さんが愛犬と山道を散歩していて、途中のベンチで座って一休みしていたら…。 蛇(名前は忘れたが毒を持っている)がお爺さんに齧り付…

花嫁(フリー写真)

血の繋がらない娘

土曜日、一人娘の結婚式だったんさ。 出会った当時の俺は25歳、嫁は33歳、娘は13歳。 まあ、要するに嫁の連れ子だったんだけど。 娘も大きかったから、多少ギクシャクし…

桜(フリー写真)

進学を願ってくれた母

僕の家は兄弟三人の母子家庭です。 母子家庭という事もあり、母は何も言わなかったけど家庭は火の車でした。 電気が止まった時も。 ガスが止まった時も。 中学の校納金…

乾杯(フリー写真)

変わらないもの

今まですれ違いが多くて、なかなか時間を取って話す機会のなかった父。 そんな父と時間を取って話す機会を得たのは、恥ずかしながら仕事でミスを連発して会社から叱責を何度も受けていた時…

浜辺の母娘(フリー写真)

天国へ持って行きたい記憶

『ワンダフルライフ』という映画を知っていますか? 自分が死んだ時にたった一つ、天国に持って行ける記憶を選ぶ、という内容の映画です。 高校生の頃にこの映画を観て、何の気無しに…