素直な感謝の気持ち

公開日: 心温まる話

信号(フリー写真)

今日、近所の交差点で車に乗り信号待ちをしていると、前方の右折車線でジリジリ前進している車がいた。

明らかに『信号が青になった瞬間に曲がっちまおう』というのが見え見え。

この道路は主要幹線で交通量も多い。

確かにこのチャンスを逃したら、右折信号が出るまでの数分は足止めを食らうだろう。

俺は、

「ほんの数分も待てねーのかよ」

と毒づきながら、信号が変わる瞬間を待っていた。

当然、譲る気は無い。

昼飯前の空腹感と暑さが、俺を少々苛立たせていた。

すると、いきなり俺の左の車線の車から中年の男性が降りて来た。

自分の車を放って置いて。

その車には誰も乗っていない。

もうすぐ信号が変わる大通りで信じられない出来事。

そのおじさんは、俺の車の前に背を向けて立ち『止まっとけ』のサインを出しつつ、右折しようとした車に『早く行け』と手を振った。

右折車が、結構なスピードで右折して行く。

しかし、俺の目にははっきりと見えた。

苦しそうな顔の女性が。

助手席の窓にまで達した大きな腹。

明らかに妊婦。

俺は咄嗟に助手席の窓を全開にし、小走りで車に戻ろうとしていたおじさんに叫んだ。

「ありがとう!全然気付かなかったよ!」

おじさんは、ちょっとびっくりしたような顔をすると、

「仕事が交通整理なんでな!」

と、笑いながら言い返してきた。

その顔の誇らしげなこと。

とても眩しく見えた。

後続車の猛クラクションの中、俺たちは慌てて発進した。

ハザードを二回焚く。

多分、隣の車も。

結果的に俺は何も出来なかった訳だが、あそこで「ありがとう」と言えた自分に感謝したい。

素直な感謝の気持ちをそのまま言葉にする。

自分が本当に思っていることを口にして言うだけなのに、それが恥ずかしくて出来なかった、愚かな俺。

今まで、本当に言いたいことも言えず、へらへら生きてきただけの自分を後悔する毎日だったから。

それがちゃんと出来ることを教えてくれたおじさん、本当にありがとう。

そして、あの時の妊婦さんが元気な子供を生んでくれることを、心からお祈りします。

関連記事

オフィス(フリー写真)

苦手だった部長

その時の部長は凄く冷たくて、いつもインテリ独特のオーラを張り巡らせている人だった。 飲みに誘っても来ることは無いし、忘年会などでも一人で淡々と飲むようなタイプ。 俺はよく怒…

レストラン(フリー写真)

父の気持ち

某信用金庫に勤める二十歳の女性が、初月給を親のために使って喜んでもらおうと、両親をレストランに招待しました。 お母さんは前日から美容院へセットに行ったりして大喜び。 ところ…

手を繋いで歩く夫婦(フリー写真)

たった一つの記憶

私の夫は、結婚する前に脳の病気で倒れてしまい、死の淵を彷徨いました。 私がそれを知ったのは、倒れてから5日も経ってからでした。 夫の家族が病院に駆け付け、携帯電話を見て私の…

ベース(フリー写真)

やりたいこと頑張りなさい

三年前のある日、両親が離婚。俺と弟が母さんに付いて行きました。 母さんは今まで専業主婦だったから、仕事なんて全然出来ない。 パートを始めるも、一ヶ月も経たない内に退職の繰り…

恋人同士(フリー写真)

がんばろうや

親父がサラ金で借金を作って逃げた。 それで、とうの昔に別居していた母さんと住む事になった。 友達にも母さんにも明るく振る舞っているけど、正直参っている。 「あんたは強…

父と子(フリー写真)

父が遺したもの

三年前に親父が亡くなったんだけど、殆ど遺産を整理し終えた後に、親父が大事にしていた金庫が出てきたんだよ。 うちは三人兄弟なんだけど、お袋も亡くなっていて、誰もその金庫の中身を知ら…

恋人(フリー写真)

彼女の遺言

大学時代の同級生仲間で、1年の時から付き合っているカップルが居ました。 仲良しで、でも二人だけの世界を作っている訳ではなく、みんなと仲良くしていました。 私は女の方の一番の…

結婚式(フリー写真)

前彼の祝福

学生時代、彼氏を事故で亡くした。 引き摺りまくって、もう新しい彼氏も結婚も要らないと荒み、誘いも蹴り告白も断った。 お一人様の老後を設計していたのだけど、ある日いきなりご縁…

空(フリー写真)

お盆のある日

私には4年前、赤ちゃんの時に亡くなった子どもがいました。 昨年の8月のお盆のある時、上の娘が空を見上げて 「お母さん、空見てみて。ほら、空の雲の間に光っているところあるで…

渋滞(フリー写真)

迷彩服のヒーロー

一昨年の夏、私は5歳の息子を連れて、家から車で1時間の所にある自然博物館の昆虫展へ向かっていました。ムシキングの影響で、息子はとても楽しみにしていました。 あと数キロと言う地点で…