素直な感謝の気持ち

公開日: 心温まる話

信号(フリー写真)

今日、近所の交差点で車に乗り信号待ちをしていると、前方の右折車線でジリジリ前進している車がいた。

明らかに『信号が青になった瞬間に曲がっちまおう』というのが見え見え。

この道路は主要幹線で交通量も多い。

確かにこのチャンスを逃したら、右折信号が出るまでの数分は足止めを食らうだろう。

俺は、

「ほんの数分も待てねーのかよ」

と毒づきながら、信号が変わる瞬間を待っていた。

当然、譲る気は無い。

昼飯前の空腹感と暑さが、俺を少々苛立たせていた。

すると、いきなり俺の左の車線の車から中年の男性が降りて来た。

自分の車を放って置いて。

その車には誰も乗っていない。

もうすぐ信号が変わる大通りで信じられない出来事。

そのおじさんは、俺の車の前に背を向けて立ち『止まっとけ』のサインを出しつつ、右折しようとした車に『早く行け』と手を振った。

右折車が、結構なスピードで右折して行く。

しかし、俺の目にははっきりと見えた。

苦しそうな顔の女性が。

助手席の窓にまで達した大きな腹。

明らかに妊婦。

俺は咄嗟に助手席の窓を全開にし、小走りで車に戻ろうとしていたおじさんに叫んだ。

「ありがとう!全然気付かなかったよ!」

おじさんは、ちょっとびっくりしたような顔をすると、

「仕事が交通整理なんでな!」

と、笑いながら言い返してきた。

その顔の誇らしげなこと。

とても眩しく見えた。

後続車の猛クラクションの中、俺たちは慌てて発進した。

ハザードを二回焚く。

多分、隣の車も。

結果的に俺は何も出来なかった訳だが、あそこで「ありがとう」と言えた自分に感謝したい。

素直な感謝の気持ちをそのまま言葉にする。

自分が本当に思っていることを口にして言うだけなのに、それが恥ずかしくて出来なかった、愚かな俺。

今まで、本当に言いたいことも言えず、へらへら生きてきただけの自分を後悔する毎日だったから。

それがちゃんと出来ることを教えてくれたおじさん、本当にありがとう。

そして、あの時の妊婦さんが元気な子供を生んでくれることを、心からお祈りします。

関連記事

親子の手(フリー写真)

自慢の息子

これを書いている私は今、38歳の会社員です。 私は30歳の時にうつ病を患いました。 父が自殺、その後、高校の同級生である友人が自殺。 仕事は忙しく、三ヶ月休みが無い…

初期の携帯電話(フリー写真)

母と携帯電話

15年前の話です。 今でもそうだが人付き合いの苦手な俺は、会社を辞め一人で仕事を始めた。 車に工具を積み、出張で電気製品の修理や取り付けをする仕事だ。 当時はまだ携帯…

花嫁(フリー写真)

生きているうちに

大学生の時、友人Aちゃんは彼氏B君と同棲していました。 二人ともまだ学生だったため、両親から 「交際は許すが結婚はまだまだ先の事。責任を持った交際をすること(避妊をしっかり…

母への感謝の気持ち(フリー写真)

ありがとうな、おかん

なあなあ、おかんよ。 中学の時に不登校になり、夜間高校に入るも家に帰って来ず、毎日心配させてごめんよ。 二十歳を超えてからも、彼氏を作り勝手に同棲して、ろくに連絡もせず心配…

ハート(フリー素材)

残りの一年

彼女に大事な話があるからと呼び出した。 彼女も俺に大事な話があると言われて待ち合わせ。 てっきり別れると言われるのかと思ってビビりながら、いつものツタヤの駐車場に集合。 …

夕日(フリー写真)

戦時中のパラオにて

遠い南の島に、日本の歌を歌う老人が居た。 「あそこでみんな、死んで行ったんだ…」 沖に浮かぶ島を指差しながら、老人は呟いた。 ※ 太平洋戦争の時、その島には日本軍が進駐…

結婚式場(フリー写真)

叔父さんの血

俺には腹違いの兄貴が居る。 俺が小学5年生、兄貴が大学生の時に、両親が子連れ同士の再婚。 一周りも年が離れていたせいか、何だか打ち解けられないままだった。 ※ 大学入試…

裁縫(フリー写真)

妹に作った妖精衣装

俺には妹が居るんだが、これが何と10歳も年が離れている。 しかも俺が13歳、妹が3歳の時に母親が死んでしまったので、俺が母親代わり(父親は生きているから)みたいなものだった。 …

入学式とランドセル(フリー写真)

お兄ちゃんの思いやり

小学1年生の息子と、幼稚園の年中の息子、二児の母です。 下の子には障害があり、今年は就学問題を控えています。 今年に入ってすぐ、上の子が 「来年は弟くんも1年生だね~…

夕日(フリー写真)

祖父母からのお小遣い

自分には77歳のばあちゃんがいる。 数ヶ月前にじいちゃんが亡くなり、最近はあまり元気が無い。 ばあちゃんの家には車で20分程で行ける距離だから、父と定期的に行くようにしてい…