一緒に遊んでくれた女の子

公開日: 友情 | 悲しい話 | 長編

公園(フリー写真)

これは私が小学三年生の頃の話です。

両親が離婚して母子家庭となり、一人で居るのが怖かった私は、しょっちゅう児童館へ行っていました。

学童保育という手もあったのですが、当時は希望者が多く、入れる人は本当に少ししか居ませんでした。

児童館に行く時は、必ず友達と行っていました。

一人になるのが怖かったから。

時には男友達とも遊んでいました。

どうしても一人にはなりたくなかったから。

ある日、男友達も友達も児童館に来られない時がありました。

私は怖くて、怖くて、どうしようも無い気持ちで児童館に居ました。

何をすれば良いかも分からなくて、泣きそうになっていた時、

「私、1年生の○○って言うの!一緒に遊ばない?」

一つ下の、一年生の女の子に話し掛けられました。

半泣きの私は震えた声で、

「うん」

と答えました。

それからというもの、友達が来られない日は毎日彼女と遊んでいました。

三年生に上がる頃、学童保育に空きが出来ました。

親は私を心配し、学童保育に入れてくれました。

学童に入ってからは、寂しい思いをせずに済んだので幸せでした。

いつしか、彼女の存在は薄れて行きました。

ある朝、友達と登校していると彼女に話し掛けられました。

「△△(私)ちゃん、おはよう!!」

「あ、おはよ…」

『友達と楽しく話していたのに、邪魔されたなあ…』と思ってしまいました。

その数ヶ月後、彼女のことすら頭に無くなった頃。

朝になって登校すると、先生達が慌ただしく動いていました。

一年生の女の子が何か必死に先生に話していました。

「…それでね!その女の子、倒れてて、鼻から血が凄い出てたの!」

私はドキッとしました。

『まあ、私には関係ないよね…』なんて思い、普通に過ごしていました。

お昼を過ぎた頃、全校放送で朝礼を行うと放送されました。

『昼礼でしょ?』くらいに思いながら、体育館に向かいました。

校長は真っ赤な瞼と目で、震えた唇に赤い顔で、話し始めました。

「二年生の○○さんが今朝、交通事故に遭ってお亡くなりになられました」

『え? あの○○ちゃんが?』

「とてもとても優しい子で、毎朝挨拶をしてくれて…。先生は急いで病院に駆け付けたのですが…っ。その頃には…」

夢であって欲しかった。

ただ、涙は出なかった。

数日後にお別れ会をすると聞き、私は会場に駆け付けた。

会場のホールに入るなり、私は絶句した。

○○ちゃんの綺麗な顔が、一番奥の真ん中に、写真として…遺影として飾ってあったから。

「どうぞ。真ん中の○○ちゃんにあげてください…」

知らないお母さんに花を二つほど渡された。

周りが二年生で溢れる中、三年生の友達が話し掛けて来た。

「ほんと、かわいそうだよねぇ」

「うんうん。あ、△△ちゃん、花あげてきちゃいなよ」

三年生の友達はみんな交流のために来たのか、と言いたくなるほど軽かった。

そして、笑っていた。

私は恐る恐る、人が集まる箱の前に来た。

そこには、花に埋もれた彼女が居た。

綺麗な黒髪は少し短くなっていて、唇がぷるぷるで、ファンデーションを塗っているようで…。

綺麗な顔が化粧で更に綺麗になっていた。

眠っているような顔で、すぐ起きるんじゃないだろうか、なんて思ってしまった。

私はそっと花を置いた瞬間、彼女の肌に触れた。

とても、冷たい。

「まあ、ほんとかわいそうだったよね。まだ小さいのに」

友達が言った。

「そうだよねー。てか今日のあれマジうけなかった!?」

遺体の前で、普通の会話が始まった。

私は許せなかった。

ふと、遺体を見た瞬間、ぼろぼろと音が出るかと思うほど涙が溢れて来た。

そしてやっと、現実を感じた。

初めて、友達の前で声を上げて泣いた。

周りの子はみんな、びっくりして私を見ていた。

『頑張っているからねって、強くなるからねって…』

混濁した頭の中で『三日月』という歌の歌詞が流れ始めた。

それで更に涙が止まらなくなって、気が付いたら服の袖が涙で激しく濡れていた。

私は凄く悲しかった。

何年か経った今でも、あの日々とお別れ会の日は忘れない。

○○ちゃんへ

私はあなたのことを忘れません。

あなたの家族以外のみんながあなたを忘れても、絶対に忘れません。

楽しかった毎日をありがとう。

いつかそこに行ったらよろしくね。

本当にありがとう。

関連記事

夕日(フリー写真)

自衛隊の方への感謝

被災した時、俺はまだ中学生でした。 家は全壊しましたが、たまたま通りに近い部屋で寝ていたので腕の骨折だけで済み、自力で脱出することが出来ました。 奥の部屋で寝ていたオカンと…

手を繋ぎ歩く子供(フリー写真)

身近な人を大切に

3歳ぐらいの時から毎日のように遊んでくれた、一個上のお兄ちゃんが居た。 成績優秀でスポーツ万能。しかも超優しい。 一人っ子の俺にとっては、本当にお兄ちゃんみたいな存在だった…

カレーライス(フリー写真)

クロベーの笑顔

俺が小学生の頃の話。 同じクラスに黒田平一(仮名)、通称クロベーというやつが居たんだ。 クロベーの家は母子家庭で、母親とクロベーと弟の3人暮らしだった。 クロベーの一…

女性の後姿(フリー写真)

宝物ボックス

俺が中学2年生の時だった。 幼馴染で結構前から恋心も抱いていた、Kという女子が居た。 でもKは、俺の数倍格好良い男子と付き合っていた。俺が敵う相手ではなかった。 彼女…

マグカップ(フリー写真)

友情の形

友人が亡くなった。 入院の話は聞いていたが、会えばいつも元気一杯だったので、見舞いは控えていた。 棺に眠る友人を見ても、闘病で小さくなった亡骸に実感が湧かなかった。 …

椅子と聖書(フリー写真)

特攻隊員の方の手紙

お母さん、とうとう悲しい便りを出さねばならない時が来ました。 晴れて特攻隊員に選ばれ出陣するのは嬉しいですが、お母さんのことを思うと泣けて来ます。 母チャン、母チャンが 私…

ファミレス(フリー写真)

兄妹の情

ファミレスで仕事をしていると、隣のテーブルに親子が座ったんです。 妙に若作りしている茶髪のお母さんと、中学一年生くらいの兄、そして小学校低学年くらいの妹です。 最初はどこに…

月(フリー写真)

月に願いを

俺は今までに三度神頼みをしたことがあった。 一度目は俺が七歳で両親が離婚し、父方の祖父母に預けられていた時。 祖父母はとても厳しく、おまけに 「お前なんて生まれて来な…

冬と春の境界(フリー写真)

人間としての愛

1月の朝がとても寒い時に、必ず思い出す少年がいます。 当時、私は狭心症で休職し、九州の実家にて静養していた時でした。 毎朝、愛犬のテツと散歩していた時に、いつも遅刻して実家…

お手玉(フリー写真)

私のこと忘れないでね

遠い昔、私が小学4年生の頃の話です。 当時の僕は人見知りで臆病で、積極的に話しかけたりするのが出来ない性格でした。 休み時間、みんなは外に出て遊んでいても、僕は教室の椅子…