世界一の良い娘

公開日: 子供 | 家族 | 心温まる話

バイオリン(フリー写真)

昨夜、嫁とケンカした。

切っ掛けは些細なことで、小学2年生の娘がバイオリンを習いたいと言い出したことだ。

嫁「本人がやりたいなんて言い出すのは珍しいから、習わせてあげたい」

俺「どうせ思いつきだろ。ほっといたら三日で忘れる」

まあ、俺はその日に仕事でトラブルがあって、イライラしていたというのもあったんだけどね。

最終的に、

「俺は仕事で疲れてるんだから黙ってろ!」

と思わず怒鳴ってしまい、終了。

翌朝、俺も嫁も険悪なムードのまま、二人とも仕事に出た。

仕事から帰宅すると、嫁はまだ泣き腫らした目をしていた。

何となくバツが悪くなって俯いてしまうと、嫁が

「あ…違うの。あのね、ちょっとこれ見て」

と新聞の切り抜きを俺に渡して来た。

それは、DM封入のバイトの募集記事で

『封筒に紙を入れるだけの簡単な仕事です!』

と書いてあった。

俺「これがどうかしたの?」

嫁「今日ね、この会社から電話があったの」

俺「?」

嫁「○美(娘)がね、この会社に働きたいって電話したんだって」

俺「はぁ?」

嫁「先方が声も幼いし、おかしいと思って○美に連絡先を聞いて、うちに電話をくれたの。

○美に確認したら……(ここら辺で涙ポロポロ流し出した)、○美がね、

『ママとパパ、ケンカしてるのが自分のせいなのが解ったから嫌だった。

だから、私も働いてパパのお仕事の大変さを解りたかったし、お金も稼げるし、そしたらバイオリンも習えるし、パパもママもケンカしなくて済むから一番良いと思ったの』

って言うの…」

気が付いたら俺も泣きそうになっていて、嫁が

「ごめんね」

なんて言うもんだから、余計に泣きそうになった。

顔を上げたら、ちょうどドアから○美がこっそり覗いていた。

俺は○美を部屋に入れ、盛大に説教をした。

「お前は働かなくていいんだ。つーか、勉強しろ。その代わりママとパパは出来るだけケンカしないようにする。

バイオリンは習ってよし。ただし、途中で止めるとかいいだすな。解ったか!」

…とね。

でもさ、説教しながら、俺、泣いてんの(笑)。

こんな小さな娘に気を遣わせるほどピリピリしていた自分に後悔しつつ、こんな良い娘に育ってくれたことに感謝していたら、涙が止まらないんでやんの(笑)。

いやー、うちの娘は世界一の良い娘だ。マジそう思う(笑)。

ケーキカット(フリー写真)

思い出のスプーン

私は不妊治療の末にようやく産まれた子供だったそうです。 幼い頃から本当に可愛がられて育ちました。 もちろんただ甘やかすだけではなく、叱られることもありました。 でも常…

手を繋ぐ友人同士(フリー写真)

メロンカップの盃

小学6年生の時の事。 親友と一緒に先生の資料整理の手伝いをしていた時、親友が 「あっ」 と小さく叫んだのでそちらを見たら、名簿の私の名前の後ろに『養女』と書いてあった…

柴犬(フリー写真)

おばあちゃんと柴犬

昔の話だが、近所に旦那さんに先立たれ、独り暮らしをしているお婆ちゃんが居た。 お婆ちゃんは室内で柴犬を飼っていた。 嫁いだ娘さんや孫たちがしょっちゅう様子を見に来ていたから…

ウェディングドレスの女性(フリー写真)

俺の娘が、俺の嫁になった話

俺には、嫁がいない。 正確に言えば、嫁はいたのだが、病気で先立ってしまった。 ただ、俺には10歳の娘がいる。 娘は本当にヤンチャで、しょっちゅうケンカして帰って来る…

兄弟(フリー写真)

最強最高の兄ちゃん

両親は俺が中学2年生の時、交通事故で死んだ。 俺には4つ上の兄と、5つ下の妹が居る。 両親の死後、俺は母方の親戚に、妹は父方に引き取られて、兄は母方の祖父母と住んでいた。 …

空(フリー写真)

祖父の恩人

仕事でどうしようもないミスをしてしまい、次の日に仕事に行きたくないと鬱ぎ込んでいた時の事だ。 家に帰りたくなく、仕事帰りにいつもは乗らない電車に乗って他県まで行ってみた。 …

レストラン(フリー写真)

父の気持ち

某信用金庫に勤める二十歳の女性が、初月給を親のために使って喜んでもらおうと、両親をレストランに招待しました。 お母さんは前日から美容院へセットに行ったりして大喜び。 ところ…

ダイビング(フリー写真)

海中の恋

一年前から行きたかったダイビング体験ツアーに行くことになった。 本当は彼女と行きたかったのだが、春が来る前に別れてしまった。 だから仕方なく、男三人で南国へ向かった。 ※…

タクシーの後部座席(フリー写真)

母の気持ち

実家に帰省して、また帰る時の事。 俺は母子家庭で仕送りを貰っている癖に、冗談めかしに帰りのタクシー代と電車賃を頂戴と母にせがんだ。 すると母は、 「何言ってんの!うち…

朝焼け(フリー写真)

天国の祖父へ

大正生まれの祖父は、妻である祖母が認知症になってもたった一人で介護をし、祖母が亡くなって暫くは一人で暮らしていた。 私が12歳の時に、祖父は我が家で同居することになった。 …