世界一の良い娘

公開日: 子供 | 家族 | 心温まる話

バイオリン(フリー写真)

昨夜、嫁とケンカした。

切っ掛けは些細なことで、小学2年生の娘がバイオリンを習いたいと言い出したことだ。

嫁「本人がやりたいなんて言い出すのは珍しいから、習わせてあげたい」

俺「どうせ思いつきだろ。ほっといたら三日で忘れる」

まあ、俺はその日に仕事でトラブルがあって、イライラしていたというのもあったんだけどね。

最終的に、

「俺は仕事で疲れてるんだから黙ってろ!」

と思わず怒鳴ってしまい、終了。

翌朝、俺も嫁も険悪なムードのまま、二人とも仕事に出た。

仕事から帰宅すると、嫁はまだ泣き腫らした目をしていた。

何となくバツが悪くなって俯いてしまうと、嫁が

「あ…違うの。あのね、ちょっとこれ見て」

と新聞の切り抜きを俺に渡して来た。

それは、DM封入のバイトの募集記事で

『封筒に紙を入れるだけの簡単な仕事です!』

と書いてあった。

俺「これがどうかしたの?」

嫁「今日ね、この会社から電話があったの」

俺「?」

嫁「○美(娘)がね、この会社に働きたいって電話したんだって」

俺「はぁ?」

嫁「先方が声も幼いし、おかしいと思って○美に連絡先を聞いて、うちに電話をくれたの。

○美に確認したら……(ここら辺で涙ポロポロ流し出した)、○美がね、

『ママとパパ、ケンカしてるのが自分のせいなのが解ったから嫌だった。

だから、私も働いてパパのお仕事の大変さを解りたかったし、お金も稼げるし、そしたらバイオリンも習えるし、パパもママもケンカしなくて済むから一番良いと思ったの』

って言うの…」

気が付いたら俺も泣きそうになっていて、嫁が

「ごめんね」

なんて言うもんだから、余計に泣きそうになった。

顔を上げたら、ちょうどドアから○美がこっそり覗いていた。

俺は○美を部屋に入れ、盛大に説教をした。

「お前は働かなくていいんだ。つーか、勉強しろ。その代わりママとパパは出来るだけケンカしないようにする。

バイオリンは習ってよし。ただし、途中で止めるとかいいだすな。解ったか!」

…とね。

でもさ、説教しながら、俺、泣いてんの(笑)。

こんな小さな娘に気を遣わせるほどピリピリしていた自分に後悔しつつ、こんな良い娘に育ってくれたことに感謝していたら、涙が止まらないんでやんの(笑)。

いやー、うちの娘は世界一の良い娘だ。マジそう思う(笑)。

関連記事

公衆電話(フリー写真)

十円玉の価値

この話は実話で、私はこの話を読む度に『価値観』や『解釈』は人によって違うことを深く感じます。 ※ その子は、生まれながら知的障害者でした。 幼稚園は近所の子供たちと一緒に通っ…

スケッチブック(フリー写真)

手作りのアルバム

うちは貧乏な母子家庭で、俺が生まれた時はカメラなんて無かった。 だから写真の代わりに、母さんが色鉛筆で俺の絵を描いてアルバムにしていた。 絵は決して上手ではない。 た…

夕陽(フリー写真)

親父からの感謝の言葉

俺の親父は我儘な人だった 小遣いは母親から好きな時に好きなだけ貰い、そのくせ下手なギャンブルでスっては不機嫌な様子で家に帰って来て、酒を飲みまくり暴れるような人だった。 幸…

猫(フリー写真)

会いに来てくれた猫

五年前に飼っていた茶トラ猫。 当時、姉が家出同然で出て行ってしまい、家の雰囲気が暗かったのを憶えています。 そんなこともあり、私は家では出来るだけ明るく振る舞っていましたが…

結婚式(フリー写真)

一生忘れない結婚式

本人から聞いたのか共通の友人から聞いたのかあやふやだけど、その子は物心付く前にお母さんが亡くなって、父親に育てられたという話は耳にした事があった。 結婚式後に聞いた話だけど、何か…

ブーケを持つ花嫁(フリー写真)

手渡しのブーケ

私はウエディングプランナーの仕事をしています。 これまで沢山の幸せのお手伝いをさせていただきましたが、忘れられない結婚式があります。 新婦は私より大分年下の十代で、可愛らし…

桜の木(フリー写真)

トムの桜

小学校の頃、クラスの友人が手から血を流していたので、ティッシュを渡してあげた。 「どうしたんだ?」 と聞いたところ、ムカつく猫が居たので捕まえて、水の入ったポリバケツに放り…

老夫婦(フリー写真)

迷惑かけてごめんな

私のじいちゃんは、私が生まれるまでアルコール中毒だったと聞いた。 酒に酔い潰れ、仕事を休む日も少なくなかったという。 ばあちゃんは何度も離婚を考えたと聞いた。 でも、…

交差点(フリー写真)

家族の支え

中学時代、幼馴染の親友が目の前で事故死した。 あまりに急で、現実を受け容れられなかった俺は少し精神を病んでしまった。 体中を血が出ても止めずに掻きむしったり、拒食症になった…

バラの花束(フリー写真)

大きなバラの花束

接客を何年か担当してくれていた優秀な女性スタッフが、その店を辞めることになった。 店長は、一生懸命仕事をしてくれた彼女に何かお礼がしたかった。 いよいよ彼女の最後の出勤の日…