彼女に宛てた手紙

公開日: ちょっと切ない話 | 恋愛

手を繋ぐカップル(フリー写真)

ゆいへ

なあ、俺もうダメみてぇだ。

何でだ? お前に出会うまでは死にたいぐらい毎日が退屈だった。

でも今は俺すげえ生きたい。

何で病気に勝てねえんだろ?

俺いつからこんな弱くなった?

毎日死に近付いてるって感じる。

もっと生きてえよ。

寂しがり屋なお前の事を置いて死ねねえしな?

ずっと傍に居てやらねえとお前はだめだろ?

泣き虫なくせに俺が病気で苦しんでるからって、俺の前では笑ってたよな?

お前、辛かっただろ?

なのに俺はお前に弱いとこばっか見せてたな。

俺が死んだら誰がお前の涙を拭く?

俺な…何度も何度も神様にお願いした。

「もっと生きたい」って…。

でも無理みてえだ。

ごめんな…。

約束守れなくて…。

結婚しよって言ったのにな。

俺はもうすぐ居なくなるから結婚できねえ。

俺はお前の事を幸せにできねえし、この先一緒に居る事もできねえから。お前には世界一幸せになって欲しいから…。

結婚っていう形でお前の人生を縛りたくない。

お前の事をほんまに大事にしてくれる人と幸せになってほしい。

俺な、20年間生きて来て、愛してるって心からそう思った女を幸せにできない事がマジで辛いし悔しい。

だけどお前が幸せになれない事の方が辛いから…。

だからお前は前に進むんだぞ?

俺の死をちゃんと受け止めるんだぞ?

ゆいの事、マジで大好きだ。

最後に一つお願いがある…。

心の奥のどっかでいいから、俺の事、覚えといてください。

雅人っていう男の事をどうか覚えててください。

じゃあまたな!

さよならは言わねえから。

彼は私の事を本当に愛してくれました。

私も彼を本当に愛してました。

今も彼を愛してます。

もう会えないけど彼は私の心の中で、永遠に生き続けます。

誕生日ケーキ(フリー写真)

父への反抗期

これは反抗期の頃の話なのだけど、今でも忘れられない。 幼い頃からずっと片親で育って来た私は、父親と二人暮らしをしていた。 父は友達や親戚から見ても、誰から見ても、私を大事に…

クリスマス(フリー写真)

サンタさんへの手紙

6歳の娘がクリスマスの数日前から、欲しいものを手紙に書いて窓際に置いていた。 何が欲しいのかなあと、夫とキティちゃんの便箋を破らないようにして手紙を覗いてみたら、こう書いてあった…

絵馬(フリー写真)

絵馬に書かれた願い

この前、近くの神社まで散歩したんだ。 絵馬が沢山あって、 『あまり良い趣味じゃないな』 と思いながらも、他人の色々な願い事を見ていたんだ。 「大学に合格しますよ…

桜(フリー写真)

進学を願ってくれた母

僕の家は兄弟三人の母子家庭です。 母子家庭という事もあり、母は何も言わなかったけど家庭は火の車でした。 電気が止まった時も。 ガスが止まった時も。 中学の校納金…

玩具にじゃれる白猫(フリー写真)

待っていてくれた猫

小学生の頃、親戚の家に遊びに行ったら痩せてガリガリの子猫が庭に居た。 両親にせがんで家に連れて帰り、思い切り可愛がった。 猫は太って元気になり、小学生の私を途中まで迎えに来…

子供の手(フリー写真)

嫁の手

うちの3才の娘は難聴。殆ど聞こえない。 その事実を知らされた時は嫁と泣いた。何度も泣いた。 難聴と知らされた日から、娘が今までとは違う生き物に見えた。 嫁は自分を責め…

ハンバーグ(フリー写真)

お母さんの弁当

俺の母さんは、生まれつき両腕が不自由だった。 なので料理は基本的に父が作っていた。 でも遠足などで弁当が必要な時は、母さんが頑張って作ってくれていた。 ※ 小学六年生の…

花(フリー写真)

母が見せた涙

うちは親父が仕事の続かない人で、いつも貧乏だった。 母さんは俺と兄貴のために、いつも働いていた。ヤクルトの配達や、近所の工場とか…。 土日もゆっくり休んでいたという記憶は無…

家族の影(フリー写真)

家族で笑った思い出

数年前に、実家の一家の大黒柱である父が倒れた。 脳梗塞で、一命は取り留めたものの麻痺が残ってしまった。 母は親戚(成年後見人)に上手いことを言われて離婚させられた。 …

渓流(フリー写真)

お母さんと呼んだ日

私がまだ小学2年生の頃、継母が父の後妻として一緒に住むことになった。 特に苛められたとかそういうことは無かったのだけど、何だか馴染めなくて、いつまで経っても「お母さん」と呼べない…