彼女に宛てた手紙

公開日: ちょっと切ない話 | 恋愛

手を繋ぐカップル(フリー写真)

ゆいへ

なあ、俺もうダメみてぇだ。

何でだ? お前に出会うまでは死にたいぐらい毎日が退屈だった。

でも今は俺すげえ生きたい。

何で病気に勝てねえんだろ?

俺いつからこんな弱くなった?

毎日死に近付いてるって感じる。

もっと生きてえよ。

寂しがり屋なお前の事を置いて死ねねえしな?

ずっと傍に居てやらねえとお前はだめだろ?

泣き虫なくせに俺が病気で苦しんでるからって、俺の前では笑ってたよな?

お前、辛かっただろ?

なのに俺はお前に弱いとこばっか見せてたな。

俺が死んだら誰がお前の涙を拭く?

俺な…何度も何度も神様にお願いした。

「もっと生きたい」って…。

でも無理みてえだ。

ごめんな…。

約束守れなくて…。

結婚しよって言ったのにな。

俺はもうすぐ居なくなるから結婚できねえ。

俺はお前の事を幸せにできねえし、この先一緒に居る事もできねえから。お前には世界一幸せになって欲しいから…。

結婚っていう形でお前の人生を縛りたくない。

お前の事をほんまに大事にしてくれる人と幸せになってほしい。

俺な、20年間生きて来て、愛してるって心からそう思った女を幸せにできない事がマジで辛いし悔しい。

だけどお前が幸せになれない事の方が辛いから…。

だからお前は前に進むんだぞ?

俺の死をちゃんと受け止めるんだぞ?

ゆいの事、マジで大好きだ。

最後に一つお願いがある…。

心の奥のどっかでいいから、俺の事、覚えといてください。

雅人っていう男の事をどうか覚えててください。

じゃあまたな!

さよならは言わねえから。

彼は私の事を本当に愛してくれました。

私も彼を本当に愛してました。

今も彼を愛してます。

もう会えないけど彼は私の心の中で、永遠に生き続けます。

パソコン(フリー写真)

母からのメール

私が中学3年生になって間もなく、母が肺がんであるという診断を受けたことを聞きました。 当時の自分は受験や部活のことで頭が一杯で、生活は大丈夫なのだろうか、お金は大丈夫なのだろう…

カップル(フリー写真)

書けなかった婚姻届

彼女とはバイト先で知り合った。 彼女の方が年上で、入った時から気にはなっていた。 「付き合ってる人は居ないの?」 「居ないよ…彼氏は欲しいんだけど」 「じゃあ俺…

病室(フリー写真)

おばあちゃんの愛

私のばあちゃんは、いつも沢山湿布をくれた。 しかも肌色のちょっと高い物。 中学生だった私はそれを良く思っていなかった。 私は足に小さな障害があった。 けれど日…

春の路地(フリー写真)

命よりも大切な友達

お前は俺にとって、命よりも大切な友達だ。 小学校2年の時、友達も居なかった俺の誕生日に、プレゼントとしてチョロQを持って来てくれた。 その時の600円というのは、俺達にとっ…

バー(フリー写真)

大好きな姉

20歳を迎えたその日、姉が雰囲気の良いショットバーに連れて行ってくれた。 初めてのバーに圧倒されている俺を見て、姉は 「緊張してんの? 何か子供の頃のアンタみたい」 …

お手玉(フリー写真)

私のこと忘れないでね

遠い昔、私が小学4年生の頃の話です。 当時の僕は人見知りで臆病で、積極的に話しかけたりするのが出来ない性格でした。 休み時間、みんなは外に出て遊んでいても、僕は教室の椅子…

駅のホームに座る女性(フリー写真)

貴女には明日があるのよ

彼女には親が居なかった。 物心ついた時には施設に居た。 親が生きているのか死んでいるのかも分からない。 グレたりもせず、普通に育って普通に生きていた。 彼女には…

恋人(フリー写真)

一番大切な人

当時21歳の私と倫子は、その日ちょっとしたことで喧嘩をしてしまった。 明らかに私が悪い理由で。 普段なら隣同士で寝るのに、この日は一つの部屋で少し離れて寝た。 ※ 19…

目玉焼き(フリー写真)

彼女とフライパン

一人暮らしを始める時、意気込んでフライパンを買った。 ブランドには疎いが、とにかく28センチの物を一本。 それまで料理なんて全くしなかったのだが、一人暮らしだから自分で作る…

恋人(フリー写真)

彼からの手紙

幼稚園から一緒だった幼馴染の男の子が居た。 私は今でも憶えている。 彼に恋した日のことを。 ※ 幼稚園で意味もなく友達に責められている時に唯一、私の側に居てくれて、ギュ…