彼女に宛てた手紙

公開日: ちょっと切ない話 | 恋愛

手を繋ぐカップル(フリー写真)

ゆいへ

なあ、俺もうダメみてぇだ。

何でだ? お前に出会うまでは死にたいぐらい毎日が退屈だった。

でも今は俺すげえ生きたい。

何で病気に勝てねえんだろ?

俺いつからこんな弱くなった?

毎日死に近付いてるって感じる。

もっと生きてえよ。

寂しがり屋なお前の事を置いて死ねねえしな?

ずっと傍に居てやらねえとお前はだめだろ?

泣き虫なくせに俺が病気で苦しんでるからって、俺の前では笑ってたよな?

お前、辛かっただろ?

なのに俺はお前に弱いとこばっか見せてたな。

俺が死んだら誰がお前の涙を拭く?

俺な…何度も何度も神様にお願いした。

「もっと生きたい」って…。

でも無理みてえだ。

ごめんな…。

約束守れなくて…。

結婚しよって言ったのにな。

俺はもうすぐ居なくなるから結婚できねえ。

俺はお前の事を幸せにできねえし、この先一緒に居る事もできねえから。お前には世界一幸せになって欲しいから…。

結婚っていう形でお前の人生を縛りたくない。

お前の事をほんまに大事にしてくれる人と幸せになってほしい。

俺な、20年間生きて来て、愛してるって心からそう思った女を幸せにできない事がマジで辛いし悔しい。

だけどお前が幸せになれない事の方が辛いから…。

だからお前は前に進むんだぞ?

俺の死をちゃんと受け止めるんだぞ?

ゆいの事、マジで大好きだ。

最後に一つお願いがある…。

心の奥のどっかでいいから、俺の事、覚えといてください。

雅人っていう男の事をどうか覚えててください。

じゃあまたな!

さよならは言わねえから。

彼は私の事を本当に愛してくれました。

私も彼を本当に愛してました。

今も彼を愛してます。

もう会えないけど彼は私の心の中で、永遠に生き続けます。

渓流(フリー写真)

お母さんと呼んだ日

私がまだ小学2年生の頃、継母が父の後妻として一緒に住むことになった。 特に苛められたとかそういうことは無かったのだけど、何だか馴染めなくて、いつまで経っても「お母さん」と呼べない…

祖母の手(フリー写真)

おばあちゃんの深い愛

幼い頃から両親が共働きで、俺の面倒を見てくれたばあちゃん。 俺は癇癪持ちだったからめちゃくちゃ怒られたけど(笑)。 あまりにも怒らせると、トイレに閉じ込められたりもした。…

玩具にじゃれる白猫(フリー写真)

待っていてくれた猫

小学生の頃、親戚の家に遊びに行ったら痩せてガリガリの子猫が庭に居た。 両親にせがんで家に連れて帰り、思い切り可愛がった。 猫は太って元気になり、小学生の私を途中まで迎えに来…

手を繋ぐ夫婦(フリー写真)

最愛の妻が遺したもの

先日、小学5年生の娘が何か書いているのを見つけた。 それは妻への手紙だったよ。 「ちょっと貸して」 と言って内容を見た。 まだまだ汚い字だったけど、妻への想いが…

パソコン(フリー写真)

母からのメール

私が中学3年生になって間もなく、母が肺がんであるという診断を受けたことを聞きました。 当時の自分は受験や部活のことで頭が一杯で、生活は大丈夫なのだろうか、お金は大丈夫なのだろう…

カップル(フリー写真)

大好きだった彼

あれは今から1年半前。大学3年になりたての春。 大学の授業が終わり、帰り支度をしている時に携帯が鳴った。 着信画面を見ると、彼の親友でした。 珍しいなと思って電話に出…

運動会(フリー写真)

素敵なお弁当

小学校高学年の時、優等生だった。 勉強もスポーツもできたし、児童会とか何かの代表はいつも役が回って来た。 確かに、良く言えば利発な子供だったと思う。 もう一人のできる…

夕日(フリー写真)

生きることの大切さ

ガンダム芸人の若井おさむさん。 彼は幼い頃から日常的に、兄と母親から相当な虐待を受けていました。 それは彼が20代前半の頃までずっと続きました。 それに耐えかねた若…

放課後の黒板(フリー写真)

好きという気持ち

中学1年生の時、仲の良かったO君という男の子が居た。 漫画やCDを貸しっこしたり、放課後一緒に勉強したり、土日も二人で図書館などで会ったりしていた。 中学2年生になる前に、…

野球のグローブ(フリー写真)

カーブ!

今はお通夜の最中です。兄貴が死にました。 4つ年上の兄貴は40歳の若さで、この世を去りました。胃癌でした。 私の家は母子家庭でした。だから初めて野球を教えてくれたのは、親父…