覚えていてくれたんですね

公開日: 家族 | 悲しい話 |

タクシーの車内(フリー写真)

仕事帰りに乗ったタクシーの運転手さんから聞いた話です。

ある夜、駅のロータリーでいつものように客待ちをしていると、血相を変えたサラリーマン風の男性が

「○○病院まで急ぎで!」

とタクシーに飛び乗って来ました。

男はどこかに電話をかけていましたが、相手が受け取らないようです。

ヒーヒー言いながら男は平静を保っていました。

暫くすると男の携帯電話が鳴りました。

「もしもし!母ちゃんの様子は?

そうか…。頼みがあるんだけど、受話器を母ちゃんの耳に当ててあげて!」

優しいけれども芯のある声で、男は勇気づけるように語り始めました。

「おいおい、いつまで寝てる気だよ、朝に散々、人のこと叩き起こしてた癖によ。

今、せっかく働いて、美味いもん食わしてやろうと毎日頑張ってんのに、

俺、まだなんもしてねーよ!死ぬんじゃねーよ!俺が手握るまで息してろよな」

と言って電話を切った後、男は黙りこくっていました。

しかし病院までの道のりはかなり遠かったのです。

運転手は男の苛立ちをヒシヒシと背中で感じ、信号を避けるため裏道などを利用し最善を尽くしました。

暫く走ると再び、男の携帯が鳴りました。

「もしもし…そうか…解かった…もう着くよ」

そう言って電話を切ると、男はまた黙りこくりました。

そうこうしているうちに病院に着き、男は運転手にお詫びを言い、病院の中に消えました。

私はタクシーから降りる間際、お金を渡し、涙ぐんでこう言いました。

「覚えていてくれたんですね。

これはあの時、払い忘れた運賃です。

ありがとうございました」

関連記事

夕日が見える町並み(フリー写真)

幸せだった日常

嫁と娘が一ヶ月前に死んだ。 交通事故で大破。 単独でした。 知らせを受けた時、出張先でしかも場所が根室だったから、帰るのに一苦労だった。 でもどうやって帰ったの…

母(フリー写真)

母のビデオテープ

俺は小さい頃に母親を亡くしている。 それで中学生の頃は恥ずかしいほどグレた。 親父の留守中、家に金が無いかタンスの中を探していると、一本のビデオテープがあった。 俺は…

赤信号

寄り添う心

中学時代、幼馴染の親友が目の前で事故死した。あまりに急で、現実を受け容れられなかった俺は少し精神を病んでしまった。体中を血が出ても止めずに掻きむしったり、拒食症になったり、「○○(亡…

日記帳(フリー写真)

彼の遺した日記

2年間、付き合っていた彼に振られました。 それはもう、最後は彼が言ったとは思えないほどの酷い言葉で。 どんなにまだ好きだと言っても復縁は叶わず、音信不通になってしまいました…

手を繋ぐ(フリー写真)

大事な我が子へ

自分が多少辛くても、腰が痛くても頭が痛くても、子供が元気にしてくれているのが凄く嬉しいの。 元気そうな子供の姿を見たり声を聞いているとね、本当に嬉しいの。 別に感謝してくれ…

日記(フリー写真)

最後の日記

小学校の時、虐められていた。 消しゴムを勝手に使われたので怒ったら、相手が学年のボス格の女子。 それ以来、クラスから無視された。 それが中学に入っても変わらず、真剣に…

沖縄の夕暮れ(フリー写真)

立派な将校さん

戦時中の沖縄での事です。 当時12歳だった叔父さんは、自然の洞穴を利用して作られた壕の中に居た。 他の住民や、部隊からはぐれた大怪我を負った兵隊たちも隠れていた。 息…

カフェ

遠くて近い二人

私はファミリーレストランでのひとときを静かに過ごしていました。 目の前のテーブルには、スーツ姿の中年の男性と、鮮やかな制服の女子高生が座っていました。 男性は痩せており、…

デジカメを持つ女性(フリー写真)

母がデジカメを買った

機械音痴の母がデジカメを買った。 とても嬉しいらしく、はしゃぎながら色々なものを撮っていた。 ※ 何日か経った頃、メモリが一杯で写せなくなったらしく 「どうすればいいの…

公園(フリー写真)

一緒に遊んでくれた女の子

これは私が小学三年生の頃の話です。 両親が離婚して母子家庭となり、一人で居るのが怖かった私は、しょっちゅう児童館へ行っていました。 学童保育という手もあったのですが、当時は…