4歳の約束

公開日: ちょっと切ない話 | 子供 | 家族

空(フリー写真)

7ヶ月前、妻が他界して初めての娘の4歳の誕生日。

今日は休みを取って、朝から娘と二人、妻の墓参りに出掛けて来た。

妻の死後はあんなに、

「ママにあいたい」

「ママかえってこないの」

と毎日泣いていた娘が、先週あたりからぱったりと泣かなくなった。

さっき墓前で、

「4歳になったからね、もうおねえさんだから泣かないよ。ばあばと約束したんだ」

と私に打ち明けてくれた。

そして小高い丘の上にある墓地から空に向かって、

「ママーっ!いつでも帰ってきてねぇ!!」

と叫んだ。

健気な姿が涙で歪んだ。

今、隣で昼寝している娘の寝顔を見ながらパソコンに向かっている。

元々ここを覗いていたのは妻の方で、入院中によく見ていたようだ。

「私も何か書き込もうかな」

そう笑っていた数日後に亡くなった。

それから半年以上が過ぎ、今日ふとここを思い出したのだ。

妻よ、君と俺の愛する娘は今日4歳になったよ。

日々とても愛らしい子どもに成長している。

だから心配しないで見守っていて欲しい。

万年筆(フリー写真)

わすれられないおくりもの

生まれて初めて、万年筆をくれた人がいました。 私はまだ小学4年生で、使い方も知りませんでした。 万年筆をくれたので、その人のことを『万年筆さん』と呼びます。 万年筆…

オフィス(フリー写真)

苦手だった部長

その時の部長は凄く冷たくて、いつもインテリ独特のオーラを張り巡らせている人だった。 飲みに誘っても来ることは無いし、忘年会などでも一人で淡々と飲むようなタイプ。 俺はよく怒…

女の子の寝顔(フリー写真)

愛しい娘

自分がまだ幼稚園児の頃だと思う。 夜中に不意に目が覚めると、父が自分の顔を覗き込んでいて、いきなり泣き出した。 大人が泣くのを見るのはその時が初めてだったし、しかも …

旧日本兵の方(フリー写真)

やっと戦争が終わった

祖父が満州に行っていたことは知っていたが、シベリア行きが確定してしまった時に、友人と逃亡したのは知らなかった。 何でも2、3日は友人たちと逃亡生活を過ごしていたが、人数が居ると目…

薔薇の花(フリー写真)

せかいでいちばんのしあわせ

私が幼稚園の時に亡くなったお母さん。 当時、ひらがなを覚えたての私が読めるように、ひらがなだけで書かれた手紙を遺してくれた。 ※ みいちゃんが おかあさんのおなかにやってきて…

梅干し(フリー写真)

憧れた世界

飲んだくれの親父のせいで貧乏育ち。だから小さい頃は遠足の弁当が嫌いだった。 麦の混ざったご飯に梅干しと佃煮。 恥ずかしいから、 「見て~!俺オッサン弁当!父ちゃんが『…

放課後の黒板(フリー写真)

好きという気持ち

中学1年生の時、仲の良かったO君という男の子が居た。 漫画やCDを貸しっこしたり、放課後一緒に勉強したり、土日も二人で図書館などで会ったりしていた。 中学2年生になる前に、…

ピンクのチューリップ(フリー写真)

親指姫

6年程前の今頃は花屋に勤めていて、毎日エプロンを着け店先に立っていた。 ある日、小学校1年生ぐらいの女の子が、一人で花を買いに来た。 淡いベージュのセーターに、ピンクのチェ…

ワイン(フリー写真)

ワイン好きの父

いまいち仲が良くなかった父が、入院する前夜にワインを取り出し、 「まあいつまで入院するか分からないけど、一応、別れの杯だ」 なんて冗談めかして言ったんだ。 こんなのは…

教室(フリー写真)

大切な幼馴染

私には、大好きな男の子がいた。 その子は幼馴染で、小さな頃からずっと一緒だった。 私はいつも支えてくれた彼が大好きだった。 でも、彼は自ら命を絶った。 首を吊…