父を護衛する猫

公開日: ペット | 心温まる話 |

猫(フリー写真)

父が突然亡くなった。

うちの猫のみぃは、父の行く先行く先に付いて行く猫だった。

「こいつはいつも俺の後を付いて来るんだ。俺の護衛なんだ」

と父は生前、少し自慢気に言っていた。

父の亡骸が、病院から自宅に帰って来た。

手を組み、布団に寝ている父。

すると、みぃが私達の前を通り、父の布団の中に入った。

冷たくなった父の横に寄り添って寝ていた。

その光景を見て、物凄く涙が出た。

猫にも解るのかな。

最後のお別れだということが…。

そして父が棺に入った夜。

家族だけの最後の夜。

みぃは棺の上に乗り、一生懸命、父の顔の見える扉をガリガリと開けようとしていた。

砂を掘るように、一生懸命開けようとしていた。

本当に一晩中、みぃは必死だった。

その様子を見て私達は泣いた。

父がお骨になった日。

もう一生、父の顔を見られなくなったあの日。

突然みぃは居なくなった。

みぃは父に付いて行ったのだろう。

「こいつはいつも俺の後を付いて来るんだ。俺の護衛なんだ」

そう言っていた父の言葉を思い出した。

本当にそうだった。

本当は私達も付いて行きたいくらいだった。

その代わり、みぃが付いて行ってくれたんだ。

父の四十九日、ふらっと野良猫が庭に迷い込んで来た。

居なくなったみぃは女の子だったけど、今度は男の子の猫だった。

ずっとうちの前で泣いていた。

その猫をどうしても放って置けなかった。

今もうちに居る。

そういう繋がり。

大切にして行きたい。

みぃも父も、その姿は無くとも、何か別の形で傍に居てくれるのだと信じている。

関連記事

犬(フリー写真)

良い犬の話

良い人じゃなくて、良い犬の話。 知り合いのお爺さんが愛犬と山道を散歩していて、途中のベンチで座って一休みしていたら…。 蛇(名前は忘れたが毒を持っている)がお爺さんに齧り付…

柿(フリー写真)

果物の命

昔、24時間営業のスーパーで働いていた。 この時期はただえさえ寒い上に、店内に冷房が効いていて凄く寒かったな。 それはさておき、その年は柿が凄く美味しかったんですよ。 …

丸まるキジトラ猫(フリー写真)

猫のたま

病弱な母がとても猫好きで、母が寝ているベッドの足元にはいつも猫が丸まっていた。 小さな頃は、母の側で寝られる猫が羨ましくて、私も猫を押し退けては母の足元で丸まっていた。 『…

渋滞(フリー写真)

迷彩服のヒーロー

一昨年の夏、私は5歳の息子を連れて、家から車で1時間の所にある自然博物館の昆虫展へ向かっていました。ムシキングの影響で、息子はとても楽しみにしていました。 あと数キロと言う地点で…

夫婦の手(フリー写真)

大事なメール

嫁が風呂に入っている時に携帯を見てしまった。 メールボックスには俺が送った『今から帰る』というような、くだらないメールばかり。 でもフォルダがあって、そこにメールが一杯貯ま…

妊婦さん(フリー写真)

普通の一家の物語

その昔、大学の同級生の女の子にがりがりに痩せた子が居た。 細身の娘が好みだったので声を掛け、程なく恋仲に。 ある日、 「心臓に大穴が空いていて、苦しい。 子供も…

金魚すくいをする女の子(フリー写真)

兄妹の金魚すくい

俺が打っている店(金魚すくい)に、兄妹と思われる7歳ぐらいの女の子と、10歳ぐらいの男の子がやって来た。 妹は他の子供たちが金魚すくいをしているのを興味津々で長い間見ていたが、や…

妊婦さんのお腹(フリー写真)

皆からもらった命

母は元々体が弱く、月に一回定期検診を受けていた。 そこで、私が出来たことも発覚したらしい。 母の体が弱いせいか、私は本来赤ちゃんが居なくてはいけない所に居らず、危ない状態だ…

巣鴨の歩行者天国(フリー写真)

とげぬき地蔵様

私は小さい頃から中耳炎で、しょっちゅう耳が痛くなっては、治療のために耳鼻科へ行っていました。 小学校に入ると、私が耳鼻科に行くために学校を休んだり早退したりすると、クラスの子に …

手を繋ぐ母と娘(フリー写真)

最高のママ

もう十年も前の話。 妻が他界して一年が経った頃、当時八歳の娘と三歳の息子がいた。 妻がいなくなったことをまだ理解出来ないでいる息子に対し、私はどう接してやれば良いのか、父親…