父を護衛する猫

公開日: ペット | 心温まる話 |

猫(フリー写真)

父が突然亡くなった。

うちの猫のみぃは、父の行く先行く先に付いて行く猫だった。

「こいつはいつも俺の後を付いて来るんだ。俺の護衛なんだ」

と父は生前、少し自慢気に言っていた。

父の亡骸が、病院から自宅に帰って来た。

手を組み、布団に寝ている父。

すると、みぃが私達の前を通り、父の布団の中に入った。

冷たくなった父の横に寄り添って寝ていた。

その光景を見て、物凄く涙が出た。

猫にも解るのかな。

最後のお別れだということが…。

そして父が棺に入った夜。

家族だけの最後の夜。

みぃは棺の上に乗り、一生懸命、父の顔の見える扉をガリガリと開けようとしていた。

砂を掘るように、一生懸命開けようとしていた。

本当に一晩中、みぃは必死だった。

その様子を見て私達は泣いた。

父がお骨になった日。

もう一生、父の顔を見られなくなったあの日。

突然みぃは居なくなった。

みぃは父に付いて行ったのだろう。

「こいつはいつも俺の後を付いて来るんだ。俺の護衛なんだ」

そう言っていた父の言葉を思い出した。

本当にそうだった。

本当は私達も付いて行きたいくらいだった。

その代わり、みぃが付いて行ってくれたんだ。

父の四十九日、ふらっと野良猫が庭に迷い込んで来た。

居なくなったみぃは女の子だったけど、今度は男の子の猫だった。

ずっとうちの前で泣いていた。

その猫をどうしても放って置けなかった。

今もうちに居る。

そういう繋がり。

大切にして行きたい。

みぃも父も、その姿は無くとも、何か別の形で傍に居てくれるのだと信じている。

学校の教室(フリー写真)

初めての親友

中学3年生の夏。私に不登校でオタクな女の子の友達が出来た。 切っ掛けは些細なことだった。担任の先生が、 「運動会の練習をするから、△△ちゃんを呼びに行って!」 と、何…

河川敷(フリー写真)

白猫のみーちゃん

私がまだ小学生の頃、可愛がっていた猫が亡くなりました。真っ白で、毛並みが綺麗な可愛い猫でした。 誰よりも私に懐いていて、何処に行くにも私の足元に絡み付きながら付いて回り、寝る時も…

虹(フリー写真)

道路に架かった虹

昨日、犬の散歩をしていた時の事。 20代後半くらいの男性が二人、作業着でマンホールを調べていた。 少し立ち止まって見ていたら、前から女子中学生が泣きながら歩いて来た。 …

乾杯(フリー写真)

変わらないもの

今まですれ違いが多くて、なかなか時間を取って話す機会のなかった父。 そんな父と時間を取って話す機会を得たのは、恥ずかしながら仕事でミスを連発して会社から叱責を何度も受けていた時…

お手玉(フリー写真)

私のこと忘れないでね

遠い昔、私が小学4年生の頃の話です。 当時の僕は人見知りで臆病で、積極的に話しかけたりするのが出来ない性格でした。 休み時間、みんなは外に出て遊んでいても、僕は教室の椅子…

バー(フリー写真)

痛みを知る者

自分でも理由は判らないが、気が付けば仕事のやる気を失くしていた。 会社を欠勤し、それが数日続いたある日の夜、強面の上司が自宅に来た。 最後通告かなと思いながら、上司の行きつ…

丸まるキジトラ猫(フリー写真)

猫のたま

病弱な母がとても猫好きで、母が寝ているベッドの足元にはいつも猫が丸まっていた。 小さな頃は、母の側で寝られる猫が羨ましくて、私も猫を押し退けては母の足元で丸まっていた。 『…

椅子(フリー写真)

脳内共同ガールフレンド

大戦中にドイツ軍の捕虜収容所に居たフランス兵たちのグループが、長引く捕虜生活の苛立ちから来る仲間内の喧嘩や悲嘆を紛らわすために、皆で脳内共同ガールフレンドなるものを作った話を思い出した…

妊婦さんのお腹(フリー写真)

皆からもらった命

母は元々体が弱く、月に一回定期検診を受けていた。 そこで、私が出来たことも発覚したらしい。 母の体が弱いせいか、私は本来赤ちゃんが居なくてはいけない所に居らず、危ない状態だ…

美しい人生(フリー写真)

お帰りなさい

マニュエル・ガルシアは元気で頼もしく、近所でも働き者と評判の父親だった。 妻に、子供に、仕事に、将来、全て計画通りに運んでいた。 ある日、マニュエル・ガルシアは腹の痛みを訴…