母の愛

公開日: 家族 | 心温まる話 |

タクシー(フリー写真)

俺は母子家庭で育った。

当然物凄く貧乏で、それが嫌で嫌で仕方がなかった。

だから俺は馬鹿なりに一生懸命勉強して、隣の県の大きな町の専門学校に入ることができた。

そして俺は貧乏な母子家庭の癖に、母に仕送りしてもらいながら学生生活を送り始めた。

今思えば母は相当懸命に働いてくれていたはずだ。

だけど馬鹿な当時の俺は、そんなことにも全く気付かずお気楽に学生生活を送っていた。

そして迎えたある夏休み、俺は久しぶりに実家に帰省した。

そして相変わらず貧乏くさい母と2日ほど暮らした後、一人暮らしの部屋に戻る際、冗談でちょっと言ってみた。

「荷物多いから、タクシー代くれんね?」

そしたら普段はのんびりとした性格の母が、

「何言いよんね!あんたに仕送りして母ちゃんカツカツで生活しとんのに、そんなお金出せるわけなかろ!」

と、珍しく切れた。

そんな母の姿に、若かった俺は逆切れしてしまい、勢いで電話でタクシーを呼んでしまった。

もう、俺も母も意地になっていて、どちらも口をきかなくなってしまった。

折角の久々の帰省だったのに、気まずい空気が流れ始めた頃、タクシーがやって来た。

俺も母もどちらも黙りこくったまま。

俺は無言で家を出るとタクシーに飛び乗った。

『もういいや、こんな貧乏な家とはもうお別れだ、もう二度と帰って来てやるもんか』

そんな風に思い始めた頃、タクシーがゆっくり出発。

するとその時、母が家から飛び出て来たんだ。

手には、おそらく家のどこかに大切にしまい込んでいたであろう1万円札と思しきお札が握りしめられていたんだ。

俺はつい意地を張ってしまった自分の情けなさと母への申し訳なさで、気付けばタクシーの中で一人で泣いていたよ。

みんなも忘れないでいて欲しい。

どんな時も、母は我が子のことを思ってくれているということを。

俺はタクシーの中で涙をこらえながら、母への感謝の気持ちが抑え切れなかった。

あの時、母が握りしめていた1万円札は、俺がこの先どれだけ働いて母のために恩返しをしたところで、その価値を超えることは絶対にできないくらい貴重なものだったと思う。

母ちゃんごめん。

俺、社会人になって母ちゃんをもっと綺麗な家に住まわせることができるようになったら、タクシーで迎えに行くから。

その時、俺は心に誓ったよ。

でも、母はきっとこう言うと思う。

「タクシーなんて乗らんから、そのお金でもっとしょっちゅう顔見せに戻って来て」

母ちゃん、本当にありがとう。

カップル(フリー写真)

秘密で手話を

待ち合わせた彼女を待っていて見かけたのは、大学生風のカップルだった。 男の子が女の子の正面に立って、何かしきりに手を動かしていた。手話だ。 彼はやっと手話を覚えたこと、覚え…

手紙を差し出す女の子(フリー写真)

パパと呼ばれた日

俺が30歳の時、一つ年下の嫁を貰った。 今の俺達には、娘が三人と息子が一人居る。 長女は19歳、次女は17歳、三女が12歳。 長男は10歳。 こう言うと、 …

父の日のプレゼント(フリー写真)

見知らぬおじさん

私には妻が居たが、一人娘が1歳と2ヶ月の時、離婚することになった。 酒癖の悪かった私は暴力を振るうこともあり、幼い娘に危害が及ぼすことを恐れた妻が、子供を守るために選んだ道だった…

ベース(フリー写真)

やりたいこと頑張りなさい

三年前のある日、両親が離婚。俺と弟が母さんに付いて行きました。 母さんは今まで専業主婦だったから、仕事なんて全然出来ない。 パートを始めるも、一ヶ月も経たない内に退職の繰り…

海の父娘(フリー写真)

例え火の中でも

私の両親は小さな喫茶店を営んでいます。 私はそこの一人娘で、父は中卒で学歴はありませんが、とても真面目な人でした。 バブルが弾けて景気が悪化して来た頃、父は仕事の暇な時間に…

ケーキカット(フリー写真)

思い出のスプーン

私は不妊治療の末にようやく産まれた子供だったそうです。 幼い頃から本当に可愛がられて育ちました。 もちろんただ甘やかすだけではなく、叱られることもありました。 でも常…

手紙(フリー写真)

神様に宛てた手紙

四歳になる娘が字を教えて欲しいと言ってきたので、どうせすぐ飽きるだろうと思いつつも、毎晩教えていた。 ある日、娘の通っている保育園の先生から電話があった。 「○○ちゃんから…

婚約指輪(フリー写真)

玩具の指輪

高校生の頃の話。 小さな頃から幼馴染の女がいるのだが、その子とは本当に仲が良かった。 小学生の頃、親父が左手の薬指に着けていた指輪が気になって、 「何でずっと着けてる…

絵馬(フリー写真)

絵馬に書かれた願い

この前、近くの神社まで散歩したんだ。 絵馬が沢山あって、 『あまり良い趣味じゃないな』 と思いながらも、他人の色々な願い事を見ていたんだ。 「大学に合格しますよ…

ハート(フリー素材)

残りの一年

彼女に大事な話があるからと呼び出した。 彼女も俺に大事な話があると言われて待ち合わせ。 てっきり別れると言われるのかと思ってビビりながら、いつものツタヤの駐車場に集合。 …