母の愛

公開日: 家族 | 心温まる話 |

タクシー(フリー写真)

俺は母子家庭で育った。

当然物凄く貧乏で、それが嫌で嫌で仕方がなかった。

だから俺は馬鹿なりに一生懸命勉強して、隣の県の大きな町の専門学校に入ることができた。

そして俺は貧乏な母子家庭の癖に、母に仕送りしてもらいながら学生生活を送り始めた。

今思えば母は相当懸命に働いてくれていたはずだ。

だけど馬鹿な当時の俺は、そんなことにも全く気付かずお気楽に学生生活を送っていた。

そして迎えたある夏休み、俺は久しぶりに実家に帰省した。

そして相変わらず貧乏くさい母と2日ほど暮らした後、一人暮らしの部屋に戻る際、冗談でちょっと言ってみた。

「荷物多いから、タクシー代くれんね?」

そしたら普段はのんびりとした性格の母が、

「何言いよんね!あんたに仕送りして母ちゃんカツカツで生活しとんのに、そんなお金出せるわけなかろ!」

と、珍しく切れた。

そんな母の姿に、若かった俺は逆切れしてしまい、勢いで電話でタクシーを呼んでしまった。

もう、俺も母も意地になっていて、どちらも口をきかなくなってしまった。

折角の久々の帰省だったのに、気まずい空気が流れ始めた頃、タクシーがやって来た。

俺も母もどちらも黙りこくったまま。

俺は無言で家を出るとタクシーに飛び乗った。

『もういいや、こんな貧乏な家とはもうお別れだ、もう二度と帰って来てやるもんか』

そんな風に思い始めた頃、タクシーがゆっくり出発。

するとその時、母が家から飛び出て来たんだ。

手には、おそらく家のどこかに大切にしまい込んでいたであろう1万円札と思しきお札が握りしめられていたんだ。

俺はつい意地を張ってしまった自分の情けなさと母への申し訳なさで、気付けばタクシーの中で一人で泣いていたよ。

みんなも忘れないでいて欲しい。

どんな時も、母は我が子のことを思ってくれているということを。

俺はタクシーの中で涙をこらえながら、母への感謝の気持ちが抑え切れなかった。

あの時、母が握りしめていた1万円札は、俺がこの先どれだけ働いて母のために恩返しをしたところで、その価値を超えることは絶対にできないくらい貴重なものだったと思う。

母ちゃんごめん。

俺、社会人になって母ちゃんをもっと綺麗な家に住まわせることができるようになったら、タクシーで迎えに行くから。

その時、俺は心に誓ったよ。

でも、母はきっとこう言うと思う。

「タクシーなんて乗らんから、そのお金でもっとしょっちゅう顔見せに戻って来て」

母ちゃん、本当にありがとう。

小石(フリー写真)

大切な石

私の母の話です。 私には三歳年下の弟が一人います。 姉の私から見ても、とても人懐っこく優しい性格の弟は、誰からも好かれるとても可愛い少年でした。 母は弟を溺愛してお…

キャンドル(フリー写真)

キャンドルに懸けた想い

僕は24歳の時、当時勤めていた会社を退職して独立しました。 会社の駐車場で寝泊まりし、お子さんの寝顔以外は殆ど見ることが無いと言う上司の姿に、未来の自分の姿を重ねて怖くなったこと…

消火活動(フリー写真)

救助から生まれた恋

5年前のある日、ある病院から火災発生の通報を受けた。 湿度が低い日だったせいか、現場に着いてみると既に燃え広がっていた。 救助のため中に入ると、一階はまだ何とか形を保ってい…

愛(フリー写真)

伝わる気持ち

嫁は妊娠中。もうすぐ八ヶ月。 ある日、西日の部屋でソファに座ってお腹を撫でている嫁を見ていた。 そしたら何となく言いたくなって、後ろから抱き締めて 「愛してる」 …

電車の車内(フリー写真)

みんな同じ

俺の娘は今年、4歳になる。 嫁は娘を生んですぐに家を飛び出したので、子供には母親の記憶は無い。 今まで母親のことはあまり話題にせず避けて来たのだが、この間ちょっと考えさせら…

ノートとペン(フリー写真)

一冊のノート

会社に入って3年目に、マンツーマンで一人の新人の教育を担当する事になりました。 実際に会ってみると覚えが悪く、何で俺がこの子を担当するんだろうと感じました。 しかし仕事で…

結婚式の花嫁さん(フリー写真)

お父さんよりいい男

私の小さい頃の夢は、お父さんのお嫁さんになることでした。 お父さんに対して、嫌いと思ったことも嫌だと思ったこともありませんでした。 周りの友達よりもお父さんとは仲良しだった…

巣鴨の歩行者天国(フリー写真)

とげぬき地蔵様

私は小さい頃から中耳炎で、しょっちゅう耳が痛くなっては、治療のために耳鼻科へ行っていました。 小学校に入ると、私が耳鼻科に行くために学校を休んだり早退したりすると、クラスの子に …

母(フリー写真)

お母さんへ

お母さん 台所に立つとあなたが横に立って居る気がします。 お母さん 洗濯物を畳んでいると、ずぼらな私に 「ほらもっとキレイに畳まないと」 と言うあなたの声…

封筒を持つ手(フリー写真)

結婚記念日おめでとう

入社4年目の時に、初めて結婚記念日の日を迎えた。 しかしその日、運悪く社内でトラブルが発生した。 下手したら全員会社に泊まりになるかもしれないという修羅場なのに、 「…