ずっと笑顔で

公開日: ちょっと切ない話 | 兄弟姉妹

双子の姉妹(フリー写真)

私には双子の妹がいます。名前はあやか。

私たちはそっくりすぎるほどよく似ていて、両親もたまに間違えるほどです。

でも性格は全く違って、あやかは昔からとても活発で明るい性格でした。

いつも前向きで、運動をするのが大好きな子でした。

一方私は、ネガティブで体を動かすことがあまり好きな方ではありませんでした。

でもあやかと一緒ならどこへ行くのも何をするのもとても楽しかった。

あやかは中学、高校で柔道をしたり専門学校ではバスケットをしたり、社会人になってからはボクシングを始めていました。

いつも元気で明るいあやかの周りには、沢山の人が集まって来るような、まるで太陽のような子でした。

私はそんなあやかにいつも憧れていました。

そんな彼女をある病魔が襲いました。乳がんでした。発見された時には既に末期状態で、余命1ヶ月を宣告されました。

運動が大好きで、いつも元気に動き回っていたあやかが、何で。

その想いで一杯でした。辛くて悲しくて、毎日毎日涙が止まりませんでした。

でもあやかは、

「まだ1ヶ月あるやん。あと1ヶ月、何しようかな~。どっか旅行いかへん? くよくよしてる時間がもったいないわ!」

そう言って携帯を取り出して宿泊先や航空券を調べていました。

あまりの前向きさに驚きながらも、朝まで旅行の計画を立て始めました。

一番辛いはずのあやかがこんなに前向きに頑張っているのだから、最期まで楽しい思い出を一杯作ってあげよう!そう心に決めました。

余命の1ヶ月があっという間に過ぎて、私たちの目標は最期の思い出を作ることよりも、ガンを克服することに自然と向いていました。

北は北海道、南は沖縄まで、あやかの行きたい所に沢山行きました。

毎日あやかの笑顔を見ていると、本当にガンは消えてなくなるんじゃないかと思えてきました。

でも現実はそう甘くはありませんでした。

順調に快方に向かっていると思われていた矢先、急に状態が悪化しそのまま入院をすることになりました。

また私は毎日泣いていました。このままあやかがいなくなったらどうしよう。

そんなことばっかり考えていました。

するとあやかが、

「なあ、私らそっくりの双子やからわかんねん。お姉ちゃんが泣いてたら、私が泣いてるのと一緒。お姉ちゃんが笑えば、私が笑っているのと一緒やで。

やからな、約束してや。最期までずっと笑顔でおろ。みんなにあやかとお姉ちゃんの笑顔見せたろ」

その日から私は涙を封印しました。あやかのために、あやかを支えてくれている人のために常に笑顔でいると二人で約束しました。

それが二人でした最後の約束でした。

あやかは29歳という若さでこの世を去りました。常に笑顔でいると約束したはずなのに、あやかを想うと涙が止まりません。

ふと空を見上げると、

「お姉ちゃん!笑顔やで!」

そうやって怒ってくるあやかの声が今でも聞こえてきそうです。

二人で行った沢山の旅行の写真を見ながら、あやかの笑顔を常に思い出します。

最期まで、そしてこれからも笑顔で。

眠る犬(フリー写真)

飼い犬との別れ

今年の元旦の事だった。 僕の実家にはKという犬が居た。 Kは僕が大学の頃に飼い始めて、かれこれ14年。 飼い始めの頃はまだちっちゃくて、公園に散歩に連れて行っても、懸…

病室(フリー写真)

おばあちゃんの愛

私のばあちゃんは、いつも沢山湿布をくれた。 しかも肌色のちょっと高い物。 中学生だった私はそれを良く思っていなかった。 私は足に小さな障害があった。 けれど日…

病室(フリー写真)

妹からの最後のメール

妹からの最後のメールを見て、命の尊さ、居なくなって残された者の悲しみがどれほど苦痛かを実感します。 白血病に冒され、親、兄弟でも骨髄移植は不適合でドナーも見つからず、12年間苦し…

家族の影(フリー写真)

家族の時間

俺は昔から父と仲良くしている人が理解出来なかった。 ドラマやアニメなどで父が死んで悲しむとか、そういうシチュエーションも理解出来ない。 そもそも俺は父と血が繋がっていなかっ…

結婚式(フリー写真)

一生忘れない結婚式

本人から聞いたのか共通の友人から聞いたのかあやふやだけど、その子は物心付く前にお母さんが亡くなって、父親に育てられたという話は耳にした事があった。 結婚式後に聞いた話だけど、何か…

コザクラインコ(フリー写真)

ぴーちゃんとの思い出

10年前に飼い始めた、コザクラインコのぴーちゃん。 ぴーちゃんという名前は、子供の頃からぴーぴー鳴いていたから。 ぴーちゃんは、飛行機に乗って遠く九州から東京にやって来ま…

夫婦の手(フリー写真)

空席に座る子

旦那の上司の話です。亡くなったお子さんの話だそうです。 主人の上司のA課長は、病気で子供を失いました。 当時5歳。幼稚園で言えば、年中さんですね。 原因は判りません…

天国(フリー素材)

天国のおかあちゃんへ

もう伝わらないのは解っているけど、生きている内に伝えられなかった事を今、伝えるね。 まずは長い闘病生活、お疲れ様。最後まで絶対に諦めなかったおかあちゃんの姿、格好良かったよ。 …

花屋さん(フリー写真)

助け合い

会社で、私の隣の席の男性が突然死してしまった。 金曜日にお酒を飲み、電車で気分が悪くなって、途中下車して駅のベンチで座ったまま亡くなってしまった。享年55歳。 でも、みんな…

梅干し(フリー写真)

憧れた世界

飲んだくれの親父のせいで貧乏育ち。だから小さい頃は遠足の弁当が嫌いだった。 麦の混ざったご飯に梅干しと佃煮。 恥ずかしいから、 「見て~!俺オッサン弁当!父ちゃんが『…