ぽっけ

公開日: 友情 | 子供 | 心温まる話

海を眺める男の子(フリー写真)

「このぽっけ、すごいねんで!!(`・ω・´)三3ムフー!!」

そう言って幼稚園の制服のポケットをパンパン叩いていた友達Aの息子。

ポケットにはハンカチ、ティッシュ、お菓子、小指の先サイズのドラえもん、母親とのプリクラ、それにムシキングカードなどなど…。

その子にとっての宝物が詰まっていた。

「ぽっけ叩いたら欲しいもん何でも出てくんねん(`・ω・´)三3フンフン!!」

それを聞いて少しイジワル言ってみた。

「じゃあミニカー出してみて」

前から欲しがっていたが、持っていない事は知っていた。

その子はムキになって、

「あるもん!!フン!フン!」とポケットをパンパン叩いて宝物を散らかして行った。

私はその子の隙を見て、予め買っておいたミニカーをそっとポケットに忍ばせた。

「フン!…あっ!!…フフ~ン♪」

得意気に出て来たミニカーを私に見せびらかしていたが、物陰で

(´・ω・`)??

という顔をしていた。

かなり萌えた。

ある日、Aが死んだ。脳溢血だった。

職場で突然倒れ、そのまま逝ってしまった。

友達はいわゆるシングルマザーで、家族は60歳を過ぎたご両親だけ。

私達も悲しみに暮れる間も無く、葬儀の準備の手伝い、関係者への連絡などで忙殺されていた。

その間、彼はずっとジュウレンジャーの絵本を何度も何度も読んでいた。

通夜が始まり暫く経った頃、彼が居ない事に気付いた。

私と手の空いた者が付近を探した。

暫く探していると友達Bから着信。

小さな公園で見つけたとの事。

急いで駆け付けると、Bは公園の入口で、どういう訳か蹲って泣いていた。

フッ…と公園の中を見ると彼が居た。

暗い街灯の下、

「…お母さん、お母さん…お母さん…」

と泣きながら必死にポケットを叩いてた。

周りには宝物が散らばっていた。

恥ずかしながら20代女が、その子を慰める前に暫くの間、泣き崩れてしまいました。

声を殺して抱き締める事しか出来なかった。

いつの間にか集まっていたみんなも泣いていた。

あの日は全てが悲しくて仕方が無かった。

あれから二年。

もうポケットは叩く事は無くなった。

代わりに、

「ぐらふぃっくあーてぃすとになんねん(`・ω・´)三3ムフー!!」

が口癖になった。

最近、ずっと絵を描いているのはそれだったのか。

どうやらBが、

「お母さんの夢やったんよ」

と教えたらしい。

その話を聞いた瞬間、また泣いてしまった。

子供の言葉で、何だかこちらの方が救われた気がしたんです。

少し画家と混同しているみたいだけど、頑張れ。

君には5人のお母さんが付いているぞ。

その日までちゃんと、Aの分まで全力で見守っているからね。

関連記事

親子の手(フリー写真)

自慢の息子

これを書いている私は今、38歳の会社員です。 私は30歳の時にうつ病を患いました。 父が自殺、その後、高校の同級生である友人が自殺。 仕事は忙しく、三ヶ月休みが無い…

蛍(フリー写真)

蛍は亡くなった人の魂

祖父が死んで、もう12年になる。 幼い頃から、 「蛍は亡くなった人の魂だから、粗末に扱うな」 と祖父に教えられてきた。 ※ 去年の8月15日の夜、父と俺とで家族総…

夫婦の手(フリー写真)

空席に座る子

旦那の上司の話です。亡くなったお子さんの話だそうです。 主人の上司のA課長は、病気で子供を失いました。 当時5歳。幼稚園で言えば、年中さんですね。 原因は判りません…

桜吹雪(フリー写真)

母さんのふり

結構前、家の固定電話に電話がかかってきた。 『固定電話にかけてくるなんて、誰かなぁ』 と思いながらも、電話に出てみた。 そしたら、 「もしもし? 俺だけど母さん…

巣鴨の歩行者天国(フリー写真)

とげぬき地蔵様

私は小さい頃から中耳炎で、しょっちゅう耳が痛くなっては、治療のために耳鼻科へ行っていました。 小学校に入ると、私が耳鼻科に行くために学校を休んだり早退したりすると、クラスの子に …

桜(フリー写真)

地元の友だち

話は遡ること3年前。 桜が開花し始めた頃、俺は自殺を考えていた。 大した理由ではないが、失恋、借金や勤めていた会社が倒産した事が重なり、全てに失望していた。 コミュニ…

北部ソロモン諸島(ブーゲンビル島)の戦い

貴様飲め!

俺のおじいちゃんは戦争末期、南方に居た。 国名は忘れたけど、とにかくジャングルのような所で衛生状態が最悪だったらしい。 当然、マラリアだのコレラだのが蔓延する。 おじ…

手編みのマフラー(フリー写真)

オカンがしてくれたこと

俺の家は貧乏だった。 運動会の日も授業参観の日さえも、オカンは働きに行っていた。 そんな家だった。 ※ そんな俺の15歳の誕生日。 オカンが顔に微笑みを浮かべて、…

公衆電話(フリー写真)

十円玉の価値

この話は実話で、私はこの話を読む度に『価値観』や『解釈』は人によって違うことを深く感じます。 ※ その子は、生まれながら知的障害者でした。 幼稚園は近所の子供たちと一緒に通っ…

空(フリー写真)

祖父の恩人

仕事でどうしようもないミスをしてしまい、次の日に仕事に行きたくないと鬱ぎ込んでいた時の事だ。 家に帰りたくなく、仕事帰りにいつもは乗らない電車に乗って他県まで行ってみた。 …