再会と再出発

桜

3年前、私は桜が開花し始める頃に自殺を考えていました。失恋、借金、会社の倒産と様々な問題が重なり、絶望していたのです。両親とも絶縁状態で、孤独を感じていました。

最後に何か美味しいものを食べようと、残ったお金ですき家で食事をしました。その後、田舎のばあちゃんに会いたいという一心で、家財を質に入れて帰郷の資金を得ました。

幼い頃に住んでいた地元に戻ると、懐かしい思い出に涙が溢れました。ばあちゃんは、私を涙ながらに暖かく迎え入れてくれました。

ある日、地元のスーパーで山本ゆきという幼なじみに再会しました。彼女は、私の記憶にない幼い頃の親友だったのです。その日は久しぶりに楽しく過ごしました。

その後、山本とは連絡を取り合うようになりました。彼女は離婚調停中で、私自身も失業していました。お互いの悩みを共有し、励まし合いました。

私は新たな決意を固め、地元を離れ、日雇いやバイトで働きながら夜学に合格しました。山本には感謝の気持ちを抱いていました。

二年後、再び地元に帰り、山本にプロポーズをしましたが、彼女は優しく断りました。その後も友達として連絡を取り合っていましたが、ある日突然彼女からの連絡が途絶えました。

去年、久しぶりに山本から連絡がありましたが、会う機会を逃してしまいました。そして最近、彼女が悪性リンパ腫で亡くなっていたことを知りました。

山本に会えなかったこと、彼女の死を悼む気持ちをここに記しています。彼女の励ましと支えには本当に感謝しています。山本との再会は私の人生にとって大きな転機でした。彼女のことを忘れることはありません。

関連記事

父と娘(フリー写真)

娘からの愛情弁当

俺は高校まで都立でずっと給食だったし、大学のお昼も学食やコンビニで済ませていた。 母親の手作り弁当の記憶など、運動会か遠足くらいだ。記憶が遠過ぎて覚えていない。 就職して…

犬(フリー写真)

天国のアビーへ

米国の4歳の女の子が愛犬の死を受け、神様に手紙を送ったという話が、米ニュースサイトのニュースバインで紹介された。 このエピソードは、女の子の母親から送られて来たメールを見た記者…

ローカル電車(フリー写真)

特別な千円札

学生時代、貧乏旅行をした。 帰途、寝台列車の切符を買ったら残金が80円! もう丸一日、何も食べていない。 家に着くのは約36時間後…。 空腹をどうやり過ごすか考…

夕日(フリー写真)

戦時中のパラオにて

遠い南の島に、日本の歌を歌う老人が居た。 「あそこでみんな、死んで行ったんだ…」 沖に浮かぶ島を指差しながら、老人は呟いた。 ※ 太平洋戦争の時、その島には日本軍が進駐…

青い花(フリー写真)

良い香りに包まれる

小さい頃から、寂しかったり悲しかったり困ったりすると、何だか良い香りに包まれるような気がしていた。 場所や季節が違っても、大勢の中に居る時も一人きりで居る時もいつも同じ香りだから…

夕方の教室(フリー背景素材)

校長先生の名授業

私が考える教育の究極の目的は『親に感謝、親を大切にする』です。 高校生の多くは、今まで自分一人の力で生きて来たように思っている。 親が苦労して育ててくれたことを知らないんで…

母の手

あのハンバーグの味

私の母は生まれながらにして両腕に障害を持っていました。 そのため、家庭の料理はほとんど父が担当していたのです。 しかし学校の遠足などで弁当が必要な時は、母が一生懸命に作っ…

薔薇の花(フリー写真)

せかいでいちばんのしあわせ

私が幼稚園の時に亡くなったお母さん。 当時、ひらがなを覚えたての私が読めるように、ひらがなだけで書かれた手紙を遺してくれた。 ※ みいちゃんが おかあさんのおなかにやってきて…

女子中学生(フリー写真)

中学生の時の娘の友達

今から8年前の話です。 現在21歳になった娘ですが、中学校時代の男友達が良い人過ぎて感動しました。 娘は自閉症などの障害を持っており、小学校の時は授業で当てられても話せな…

犬(フリー写真)

盲導犬のサリー

私がかつて知っていた盲導犬のサリーの話です。 サリーはとても頭の良い犬でした。 盲導犬としての訓練を優秀な内容で終え、飼い主さんの元へ預けられました。 サリーは晴れ…