消えた冒険の書

公開日: ちょっと切ない話 | 兄弟姉妹

ファミコン(フリー写真)

私には、兄が居ました。

三つ年上の兄は、妹思いの優しい兄でした。

子供の頃はよくドラクエ3を兄と一緒にやっていました(私は見ているだけでした)。

勇者が兄で、僧侶が私。遊び人はペットの猫の名前にしました。

バランスの悪い三人パーティー。兄はとっても強かった。

苦労しながらコツコツ進めたドラクエ3。面白かった。

確か、砂漠でピラミッドがある場所だったと思います。

敵がとても強かったので、大苦戦していました。

ある日、兄が友人と野球に行く時、私に言いました。

「レベル上げだけやってていいよ。でも先には進めるなよ」

私はいつも見ているだけだったのでよく解らなかったけど、何だかとても嬉しかったのを覚えています。

そしてその言葉が、兄の最後の言葉になりました。

葬式の日、父は兄の大事にしていた物を棺桶に入れようとしていました。

お気に入りの服。グローブ。セイントクロス。そして、ドラクエ3。

でも私は、ドラクエ3は入れないで欲しいとお願いして、譲り受けました。

だって、兄からレベル上げを頼まれていたから。

私は来る日も来る日も、時間を見つけては砂漠でレベル上げをしてました。

ドラクエ3の中には、兄が生きていたからです。

そして何となく、もし強くなったらひょっこり兄が戻って来る…。そう思っていたのかもしれません。

兄は、とっても強くなりました。

とっても強い魔法で、敵を全部倒してしまうのです。

それから暫くして、ドラクエ3の冒険の書が消えてしまいました。

その時、私は初めて泣きました。

ずっとずっと、母の近くで泣きました。

お兄ちゃんが死んじゃった。

ようやくそう実感出来ました。

今では、冒険の書が消えたことで、前に進む切っ掛けをもらえたのだと感謝しています。

おばあさん(フリー素材)

ばあちゃんいつまでもげんきでね

ばあちゃんの痴呆症は日に日に進行し、ついに家族の顔も分からなくなった。 お袋のことは変わらず母ちゃんと呼んだが、それすらも自分の母親と思い込んでいるらしかった。 俺と親父は…

青い花(フリー写真)

ママの棺

この間、1歳半の息子を連れて友人の家へ行った時に、友人の祖母から聞いた話です。 ※ 友人がちょうど1歳半の時、お母さんが癌になったそうです。 気付いた時にはもう手遅れで、一ヶ…

色鉛筆で描かれた線(フリー写真)

弟の物語

私の家族は、父、母、私、弟の四人家族。 弟がまだ六歳の時の話。 弟と私は十二才も歳が離れている。凄く可愛い弟。 だけど私は遊び盛りだったし、家に居れば父と母の取っ組み…

カップル(フリー写真)

彼女の日常

俺には幼馴染の女の子が居た。 小学校から中学校まで病気のため殆んど普通の学校に行けず、いつも院内学級で一人で居るせいか人付き合いが苦手で、俺以外に友達は居なかった。 彼女の…

父と子(フリー写真)

俺には母親がいない。 俺を産んですぐ事故で死んでしまったらしい。 産まれた時から耳が聞こえなかった俺は、物心ついた時にはもう既に簡単な手話を使っていた。 耳が聞こえな…

渓流(フリー写真)

お母さんと呼んだ日

私がまだ小学2年生の頃、継母が父の後妻として一緒に住むことになった。 特に苛められたとかそういうことは無かったのだけど、何だか馴染めなくて、いつまで経っても「お母さん」と呼べない…

女性の後姿(フリー写真)

宝物ボックス

俺が中学2年生の時だった。 幼馴染で結構前から恋心も抱いていた、Kという女子が居た。 でもKは、俺の数倍格好良い男子と付き合っていた。俺が敵う相手ではなかった。 彼女…

公園と夕暮れ(フリー写真)

大好きな芸人

芸人の江頭さんがとある公園でロケをしていると、公園の隣にある病院から抜け出して来ていた車椅子の女の子がそのロケを見ていた。 ロケが終わり、その車椅子の女の子は江頭さんに 「…

病室(フリー写真)

おばあちゃんの愛

私のばあちゃんは、いつも沢山湿布をくれた。 しかも肌色のちょっと高い物。 中学生だった私はそれを良く思っていなかった。 私は足に小さな障害があった。 けれど日…

母の絵(フリー写真)

欲しかったファミコン

俺の家は母子家庭で貧乏だったから、ファミコンが買えなかった。 ファミコンを持っている同級生が凄く羨ましかったのを憶えている。 小学校でクラスの給食費が無くなった時など、 …