あのハンバーグの味

公開日: ちょっと切ない話 | 家族 | 心温まる話 |

母の手

私の母は生まれながらにして両腕に障害を持っていました。

そのため、家庭の料理はほとんど父が担当していたのです。

しかし学校の遠足などで弁当が必要な時は、母が一生懸命に作ってくれました。

その日、小学6年生の私は、母の造形的に不完全な弁当の姿を同級生に見られることを恐れ、

「この弁当はいらない!」

と無神経にも突き放してしまいました。

母はただ謝るばかりで、その愛情深い目には私の幼さを許す温もりがありました。

年月が経ち、高校に進学した私は、給食のない日々を購買のパンで済ませていました。

それから間もなく、母が再び弁当を作ると言い出しました。

その弁当は、以前のものとは比べ物にならないほど美味しく、見た目も美しいものでした。

彼女の障害を克服し、愛情を一層込めて作られたそれは、私にとってかけがえのない贈り物でした。

しかしその後、母は肺炎で倒れ、あっという間にこの世を去ってしまいました。

その事実を知った時、私の心は言葉では言い表せないほどの悲しみで溢れました。

母の葬儀の後、父から驚くべき事実を聞きました。

母は私のために、定食屋で一年間料理を学んでいたのです。

彼女の愛情は、手に障害を持ちながらも、私の心を満たすための一つのスキルを身につけようとする強い意志から来ていました。

定食屋を訪れ、私は母が愛情を込めて作ってくれたハンバーグ定食を注文しました。

その味に、私の目からは止まらない涙が流れました。

それは、母の手作りの味。彼女の愛情が詰まった、私にとって最も特別なハンバーグの味だったのです。

形は完璧ではなかったかもしれませんが、その味は母の無償の愛が込められた、あのハンバーグの味でした。

関連記事

親子の手

またあなたの子供になりたい

私が6歳のとき、父が再婚し、新しい母親がやって来ました。 「今日からこの人がお前のお母さんだ」と父が紹介したその日から、彼女は私を本当の子供のように可愛がってくれました。 …

教室

思春期の揺れる心

中学1年生のころ、私の身近にはO君という特別な存在がいました。 私たちは深く心を通わせ、漫画やCDの貸し借りを楽しんだり、放課後や週末には図書館で学び合ったりしていました。 …

結婚式の花嫁さん(フリー写真)

お父さんよりいい男

私の小さい頃の夢は、お父さんのお嫁さんになることでした。 お父さんに対して、嫌いと思ったことも嫌だと思ったこともありませんでした。 周りの友達よりもお父さんとは仲良しだった…

結婚式(フリー写真)

娘の結婚式だった

先週、娘の結婚式だった。 私も娘も素直な性格ではないので、ろくに会話を交わすこともなく結婚前夜が過ぎた。 結婚式当日は、娘を直視できなかった。 バージンロードでは体…

母(フリー写真)

お母さんへ

お母さん 台所に立つとあなたが横に立って居る気がします。 お母さん 洗濯物を畳んでいると、ずぼらな私に 「ほらもっとキレイに畳まないと」 と言うあなたの声…

オフィス(フリー写真)

苦手だった部長

その時の部長は凄く冷たくて、いつもインテリ独特のオーラを張り巡らせている人だった。 飲みに誘っても来ることは無いし、忘年会などでも一人で淡々と飲むようなタイプ。 俺はよく怒…

浅草の三社祭の提灯(フリー写真)

母のガイドブック

東京で単身赴任をしていた時、連休になるといつも嫁が来て、家事などをしてくれていた。 母にも、偶には東京に来いよと言っていたのだけど、人混みが苦手だと言い、決して来なかった。 …

ダイヤの結婚指輪(フリー写真)

年下の彼氏

年下の彼氏が居た。当時の私は30歳で、彼は22歳だった。 大学生だった彼は、社会人の私に頭が上がらなかったらしく、付き合い始めて3年経っていたが将来の話なんて一つもしなかった。 …

家族の手(フリー写真)

幸せな家族

私は長女が3歳になった時に長男を出産した。 長男が生まれるまで、私と長女は殆どずっと一緒に居た。 夫が居ない平日の昼間は、二人だけの時間だった。 でも子供が二人になる…

女性の後姿(フリー写真)

宝物ボックス

俺が中学2年生の時だった。 幼馴染で結構前から恋心も抱いていた、Kという女子が居た。 でもKは、俺の数倍格好良い男子と付き合っていた。俺が敵う相手ではなかった。 彼女…