式場の奇跡

公開日: 夫婦 | 心温まる話 | 恋愛

結婚式(フリー写真)

当時付き合ってた恋人(現在の嫁)が突然、心因性発声障害という病に罹りました。

当日は遊びに行く予定だったのですが、彼女の方からLINEで断りのメッセージ。

どんな些細な事でも電話で伝えてくれる彼女でしたから、何か疑問に感じて…。

気付いたら彼女の家へと足が向かっていました。

家に着きインターホンを鳴らすも反応がありません。

LINEの通知音が鳴り画面に目をやると、

『〇〇君?』

とメッセージ。

用心深い彼女と一通り遣り取りをした後、

『今、開けるね』

というメッセージが届きました。

きっと泣いていたのでしょう。

目を真っ赤にして立ち尽くす彼女を見て、全てを察しました。

すぐに病院へ行き診断を受けたところ、心因性発声障害とのことでした。

彼女はかなり落ち込んでいて、全てに興味を示さなくなり、まるで脱け殻のようになりました。

ある日、

『大事な話がある』

というメッセージが届いたので会いに行くと、筆談で別れを切り出されました。

『貴方に迷惑を掛けたくない。

声が出ない女なんて嫌だよね』

私は彼女が持つメモ帳を取り上げて、

『嫌だ。

絶対別れない。

君が話せなくて辛いなら俺も話さない。

声なんて無くても、伝わって来る君の優しさが好き。

結婚しよう』

とプロポーズ。

彼女は涙ぐみ、頷いて、メモ帳に

『ありがとう』

と書きました。

そして彼女と同棲するようになりました。

会話は殆ど筆談、或いはジェスチャーでした。

上手く伝わらなくて苦労もしましたが、笑って楽しく過ごしました。

一年後、そして迎えた結婚式当日。

奇跡はそこで起こりました。

一通り式が進み、二人の最後の挨拶の最中。

隣から微かにウッとすすり泣く声が。

挨拶の途中でしたが、私は

「すいません」

と一礼し、

「○○?」

と呼び掛けマイクを向けました。

すると絞り出したような声で、

「ありがとう」

と言ったのです。

会場は締めの挨拶などもう必要が無いほどの大盛り上がり。

そのまま大盛況で式は終わりました。

そして現在、声を取り戻した妻と仲良く暮らしています。

偶に筆談で遊んだりして、あの頃を思い出したりします。

今では苦難もかけがえのない思い出です。

野球ボール(フリー写真)

父と息子のキャッチボール

私の父は高校の時、野球部の投手として甲子園を目指したそうです。 「地区大会の決勝で9回に逆転され、あと一歩のところで甲子園に出ることができなかった」 と、小さい頃によく聞か…

卒業証書(フリー写真)

忘れられない生徒

高校教師です。 私が教えていた生徒に問題児の女の子が居ました。 彼女は成績も悪くなく、資格取得にも一生懸命なのですが、その原動力は強過ぎる学歴コンプレックスらしく精神も病ん…

子犬(フリー写真)

子犬を買いに来た男の子

あるペットショップの店頭に『子犬セール中!』の札が掛けられました。 子犬と聞くと子供はとても心をそそられるものです。 暫くするとやはり、男の子が店に入って来ました。 …

カップル(フリー写真)

僕はずっと傍に居るよ

私は昔から、何事にも無関心で無愛想でした。 友達は片手で数えるほどしか居らず、恋愛なんて生まれてこの方、二回しか経験がありません。 しかし無愛想・無関心ではやって行けないご…

インドネシアの朝焼け(フリー写真)

インドネシア建国の神話

1602年、オランダはジャワ島に東インド会社を設立し、植民地経営を始めました。 首都のジャヤカルタはバタヴィアに改称され、以降350年間に渡って、オランダは東ティモール以外の領…

夫婦の後ろ姿(フリー写真)

一番大切なもの

ここ数ヶ月、色々な意味で忙しかった。 25歳で自営を始めて10年と少し営んで来た店を畳んだ。 利益が出ず、嫁の収入が主な生活費になっていて、いつ辞めるかのタイミングを見てい…

放課後の黒板(フリー写真)

好きという気持ち

中学1年生の時、仲の良かったO君という男の子が居た。 漫画やCDを貸しっこしたり、放課後一緒に勉強したり、土日も二人で図書館などで会ったりしていた。 中学2年生になる前に、…

ディズニーランド(フリー写真)

ディズニーランドの星

ある日、ディズニーランドのインフォメーションに、一人の男性が暗い顔でやって来ました。 「あの…落とし物をしてしまって」 「どういったものでしょうか?」 「サイン帳です…

数式(フリー素材)

天才数学者の意志

人は彼のことを「神童」とも「天才」とも「未来を嘱望された若手数学者」とも形容する。 ただ一貫しているのは、彼の頭脳力と、それに劣らない人格に対する尊敬と敬愛だろう。 20…

カップル(フリー写真)

彼女に振られた理由

付き合って3年の彼女に唐突に振られた。 「他に好きな男が出来たんだー、じゃーねー」 就職して2年、そろそろ結婚とかも真剣に考えてたっつーのに、目の前が真っ暗になった。 …