式場の奇跡

公開日: 夫婦 | 心温まる話 | 恋愛

結婚式(フリー写真)

当時付き合ってた恋人(現在の嫁)が突然、心因性発声障害という病に罹りました。

当日は遊びに行く予定だったのですが、彼女の方からLINEで断りのメッセージ。

どんな些細な事でも電話で伝えてくれる彼女でしたから、何か疑問に感じて…。

気付いたら彼女の家へと足が向かっていました。

家に着きインターホンを鳴らすも反応がありません。

LINEの通知音が鳴り画面に目をやると、

『〇〇君?』

とメッセージ。

用心深い彼女と一通り遣り取りをした後、

『今、開けるね』

というメッセージが届きました。

きっと泣いていたのでしょう。

目を真っ赤にして立ち尽くす彼女を見て、全てを察しました。

すぐに病院へ行き診断を受けたところ、心因性発声障害とのことでした。

彼女はかなり落ち込んでいて、全てに興味を示さなくなり、まるで脱け殻のようになりました。

ある日、

『大事な話がある』

というメッセージが届いたので会いに行くと、筆談で別れを切り出されました。

『貴方に迷惑を掛けたくない。

声が出ない女なんて嫌だよね』

私は彼女が持つメモ帳を取り上げて、

『嫌だ。

絶対別れない。

君が話せなくて辛いなら俺も話さない。

声なんて無くても、伝わって来る君の優しさが好き。

結婚しよう』

とプロポーズ。

彼女は涙ぐみ、頷いて、メモ帳に

『ありがとう』

と書きました。

そして彼女と同棲するようになりました。

会話は殆ど筆談、或いはジェスチャーでした。

上手く伝わらなくて苦労もしましたが、笑って楽しく過ごしました。

一年後、そして迎えた結婚式当日。

奇跡はそこで起こりました。

一通り式が進み、二人の最後の挨拶の最中。

隣から微かにウッとすすり泣く声が。

挨拶の途中でしたが、私は

「すいません」

と一礼し、

「○○?」

と呼び掛けマイクを向けました。

すると絞り出したような声で、

「ありがとう」

と言ったのです。

会場は締めの挨拶などもう必要が無いほどの大盛り上がり。

そのまま大盛況で式は終わりました。

そして現在、声を取り戻した妻と仲良く暮らしています。

偶に筆談で遊んだりして、あの頃を思い出したりします。

今では苦難もかけがえのない思い出です。

カップル(フリー写真)

気付かないふり

一昨年の今日、告白しました。生まれて初めての告白でした。 彼女は全盲でした。 それを知ったのは、彼女が弾くピアノに感動した後の事でした。 俺は凄くびっくりしました。そ…

空(フリー写真)

見守ってくれた兄

我が家の仏壇には、他より一回り小さな位牌があった。 両親に聞いた話では、生まれる前に流産してしまった俺の兄のものだという。 両親はその子に名前(A)を付け、事ある毎に …

山からの眺め(フリー写真)

命があるということ

普通に生きて来ただけなのに、いつの間にか取り返しのつかないガンになっていた。 先月の26日に、あと三ヶ月くらいしか生きられないと言われた。 今は無理を言って退院し、色々な人…

手紙(フリー写真)

天国の妻からの手紙

嫁が激しい闘病生活の末、若くして亡くなった。 その5年後、こんな手紙が届いた。 どうやら死期が迫った頃、未来の俺に向けて書いたものみたいだ。 ※ Dear 未来の○○ …

野球(フリー写真)

甲子園の約束

十年前、彼女が死んだ。 当時、俺達は高校3年生。同じ高校に通い、同じ部活だった。 野球部だった。 俺と彼女は近所に住む幼馴染で、俺は小さな頃から、野球が好きな両親に野…

お花畑(フリー写真)

本当のやさしさ

遡ること、今から15年以上前。 当時、小学6年生だった僕のクラスに、A君というクラスメイトがいました。 父親のいないA君の家は暮らしぶりが悪いようで、いつも兄弟のお下がりと…

合格祈願の絵馬(フリー写真)

もう戻って来ない彼女

大好きだった彼女と別れた。 理由はシンプル。 俺が早稲田に落ちて浪人が決定したから。 「二人とも大学卒業したら結婚しようね」 こう言ってくれた彼女。 でも…

豚骨ラーメン(フリー写真)

父の記憶

俺の父は、俺が6歳の時に死んでしまった。 ガンだった。 確か亡くなった当時の年齢は34歳だったと思う。 今思えばかなりの早死にだった。 呆気なく死んでしまった…

手紙を差し出す女の子(フリー写真)

パパと呼ばれた日

俺が30歳の時、一つ年下の嫁を貰った。 今の俺達には、娘が三人と息子が一人居る。 長女は19歳、次女は17歳、三女が12歳。 長男は10歳。 こう言うと、 …

母(フリー写真)

母のビデオテープ

俺は小さい頃に母親を亡くしている。 それで中学生の頃は恥ずかしいほどグレた。 親父の留守中、家に金が無いかタンスの中を探していると、一本のビデオテープがあった。 俺は…