サチへ

公開日: ペット | 悲しい話 |

犬(フリー写真)

前の飼い主の都合で初めて我が家に来た夜、お前は不安でずっと鳴いていたね。

最初、お前が我が家に慣れてくれるか心配だったけど、少しずつ心を開いてくれたね。

小学生の時、空き地でお前とよく追いかけっこしたよね。

速かったなぁ。

全然追い付けなかったよ。

買い物に行った時なんかは、柱に紐を括り付けておけば、きちんとお座りして待っていてくれたね。

利口なお前が本当に大好きだったよ。

可愛かったなぁ。

俺もお前をよく可愛がったと思うが、お前もよく俺に懐いてくれたね。

でも年を取るにつれ、少しずつ元気がなくなって行ったね。

家から五分の公園に行って、ベンチにチョコンと座ったまま動かないんだもんね。

しょうがないから二人でボーッとしてたね。

何か日向ぼっこしてるみたいだったな。

最期の方、散歩に付いて行かなくてゴメンよ。

前は庭に出るだけで駆け寄って来たお前が、小屋から出るのも大変そうにしているのを、辛くて見ていられなかったんだ。

でもあの時はまだ、

『サチは死なない。

死なない』

そう何の根拠もなく、勝手に思い込んでいたんだ。

だからお前が死んでしまったって母親が言った時、とてもじゃないけど信じられなかったよ。

冬の寒い朝だったね。

小屋から出て口を少し開けて、本当に寝ているような感じだったよ。

あの時、頭をちょっと撫でただけですぐに二階へ行ったのは、あのままずっとお前を見ていたら涙が止まらなくなってしまいそうだったからだよ。

もうお前がいなくなってから犬は飼っていません。

飼う気も起きません。

頭を撫でてやると耳をずらし目を細めるお前の顔は、一生忘れません。

最期の方、お前を構ってやらなくてゴメン。

本当にゴメン。

今でも後悔しているよ。

お前は俺にとって家族であり、親友であり、そして何よりかけがえのない大切な存在でした。

関連記事

椅子と聖書(フリー写真)

特攻隊員の方の手紙

お母さん、とうとう悲しい便りを出さねばならない時が来ました。 晴れて特攻隊員に選ばれ出陣するのは嬉しいですが、お母さんのことを思うと泣けて来ます。 母チャン、母チャンが 私…

合格祈願の絵馬(フリー写真)

もう戻って来ない彼女

大好きだった彼女と別れた。 理由はシンプル。 俺が早稲田に落ちて浪人が決定したから。 「二人とも大学卒業したら結婚しようね」 こう言ってくれた彼女。 でも…

眠る猫(フリー写真)

愛猫と過ごした日々

俺は18歳なのだけど、今年で18年目になる飼い猫が居る。つまり俺と同い年だ。 どんなに記憶を遡ってもそいつが居る。 本当に兄弟のように一緒に育った。 布団の中に入って…

従軍(フリー写真)

祖父の傷跡

俺の爺さんは戦地で足を撃たれたらしい。 撤退命令が出て皆急いで撤退していたのだが、爺さんは歩けなかった。 隊長に、 「自分は歩けない。足手まといになるから置いて行って…

カップル(フリー写真)

大好きだった彼

あれは今から1年半前。大学3年になりたての春。 大学の授業が終わり、帰り支度をしている時に携帯が鳴った。 着信画面を見ると、彼の親友でした。 珍しいなと思って電話に出…

雪(フリー写真)

プライド

私には自分で決めたルールがある。 自分が悪いと思ったらすぐに『ごめんなさい』と言うこと。 私は元々意地っ張りで、自分が悪いと思っても『ごめんなさい』の一言が出ない。 …

青空(フリー写真)

彼女に会いに行きたい

俺も元カノを亡くしたよ。もう何年も前だけど。 中学の頃に親父が死んでも大して泣かなかったが、これはボロ泣きした。 彼女とは3年ちょい付き合って、俺の我侭で上手く行かなくなり…

戦闘機(フリー写真)

海行かば

このお話は8年程前、九州の西日本新聞に掲載され、映画化もされました。 ご存知の方も多いはずです。特繰出身の学徒兵の方々のお話です。 当時東京に居た私は、銀座の東映に軽い気持…

桜(フリー写真)

戦友を弔うために

インドで傭兵としてパキスタン軍と対峙していた時、遠くから歌が聞こえてきた。 知らない言葉の歌だったが、味方のものではないことは確かなので、銃をそちらに向けた。すると上官に殴り飛ば…

青い花(フリー写真)

ママの棺

この間、1歳半の息子を連れて友人の家へ行った時に、友人の祖母から聞いた話です。 ※ 友人がちょうど1歳半の時、お母さんが癌になったそうです。 気付いた時にはもう手遅れで、一ヶ…