ぬこさま

公開日: ペット | 心温まる話 |

黒猫(フリー写真)

今年のGW明けの頃のこと。

前の日から上司の機嫌が悪く、八つ当たりばかりされていた。

その日も私の力ではどうしようもないことで怒られた挙句、酷い言葉を浴びせられたり身体的欠陥を指摘されたりして、本当にこの世が嫌になった。

もともと鬱持ちなので、薬は家に山ほどあった。

最近の薬は安全だから、薬をがぶ飲みしたところで死ねるとは思えなかった。

でもその時はどうなってもいいやという気持ちで、手当たり次第に薬を引っ張り出し、容器からパキパキ出し始めた。

ひたすらパキパキやっていると、いつも薬のアルミのパッケージで遊ぶのが好きな、うちのぬこさまが音を聞きつけてやって来た。

いつもは寝る前に私が薬を飲んだ後、薬のカラでネコサッカーをやるのだけど…。

その時は私が大量の薬をベッドの上に並べているのを見て、タタターッと走って来て

「パーン!」

と私の手や顔を平手打ちし、更に並べてあった薬もバラバラに散らばした上で

「みゃお~!!みやあお~~!!」

と鳴き始めた。

私は一瞬、呆然としていたけど、ぬこさまの異様な鳴き声で家族が何事かと様子を見に来た。

こうして家族にしこたま怒られ、行き付けの病院の先生にもこってりしぼられ、薬がぶ飲み作戦は失敗に終わった。

でも、私の精神状態を上司の上司が知ることとなり、私に八つ当たりした上司は幹部会議で晒し上げにされたらしい。

それ以来、私が寝る頃になると、ぬこさまはどこからかやって来て、私が正当な量だけの薬を飲んでいるか監視するかのように、横に居てじーっと見ているようになった。

こんな私と一緒に居てくれるぬこさま、本当にありがとう。。・゚・(ノД`)・゚・。

ロールケーキ(フリー写真)

ケーキ屋の親友の話

俺の親友テツヤは小さい頃からの大親友。良いことも悪いことも一緒に経験した親友。 中学の時、ケーキ屋を経営しているテツヤのオヤジが脳梗塞で倒れた。 幸い一命を取り留めたが、…

レトロなサイダー瓶(フリー写真)

子供時代の夏

大昔は、8月上旬は30℃を超えるのが夏だった。朝晩は涼しかった。 8月の下旬には、もう夕方の風が寂しくて秋の気配がした。 泥だらけになって遊びから帰って来ると、まず玄関に入…

乾杯(フリー写真)

変わらないもの

今まですれ違いが多くて、なかなか時間を取って話す機会のなかった父。 そんな父と時間を取って話す機会を得たのは、恥ずかしながら仕事でミスを連発して会社から叱責を何度も受けていた時…

夫婦の手(フリー写真)

大事なメール

嫁が風呂に入っている時に携帯を見てしまった。 メールボックスには俺が送った『今から帰る』というような、くだらないメールばかり。 でもフォルダがあって、そこにメールが一杯貯ま…

ベトナムの夕日(フリー写真)

あの子は僕の友達なんです

ベトナムの村にある宣教師たちの運営する孤児院が、爆撃を受けてしまいました。 宣教師達と二人の子供達が即死し、その他の者も重傷を負いました。 重傷になった者達の中でも、8才の…

機関車(フリー写真)

モンロヴィアへ

太平洋戦争が終わって間もない頃、彼女は単身ニューヨークに留学しました。 ところが、待っていたのは人種差別…。 栄養失調と精神的プレッシャーが重なり、肺結核に罹ってしまったの…

乾杯(フリー写真)

俺の夢

僕達兄弟には元々親が居らず、養護施設で育ちました。 3つ上の兄は、中学を出るとすぐに鳶の住み込みで見習いになり、その給料は全て貯金していました。 そのお金で僕は私立の高校を…

Wii(フリー写真)

ゲーム好きな友人

俺の友達に、凄くゲーム好きなやつがいたんだよ。 ドラクエなどのゲームを誰よりも先に解いたり、俺たちにヒントをくれたりさ。 でも中学2年生の時にそいつは事故に遭い、右手を失く…

ラグビー場(フリー写真)

ラグビーと恩師

私は高校時代に万引きをして、人生観が変わりました。 中学から好きだった野球を続ける為に、有名な強豪校に希望して入りました。 しかしボールを触らせて貰えず、毎日ボール拾いばか…

夕方の教室(フリー背景素材)

校長先生の名授業

私が考える教育の究極の目的は『親に感謝、親を大切にする』です。 高校生の多くは、今まで自分一人の力で生きて来たように思っている。 親が苦労して育ててくれたことを知らないんで…