書けなかった婚姻届

公開日: ちょっと切ない話 | 恋愛 | 悲しい話 | 長編

カップル(フリー写真)

彼女とはバイト先で知り合った。

彼女の方が年上で、入った時から気にはなっていた。

「付き合ってる人は居ないの?」

「居ないよ…彼氏は欲しいんだけど」

「じゃあ俺と付き合おっか」

付き合う切っ掛けは冗談みたいだった。

付き合ってから、実は好きだったと聞いた。

二人で居るときは性交渉を迫ったりした。

しかしいつも、

「ごめん…それだけはダメなの…」

と言って断られた。

腹いせと言うのも変だが、俺は浮気した。

俺は我慢できるほど大人ではなかった。

浮気がバレた時、彼女は怒らなかった。

寧ろ、

『私が悪いんだからしょうがないよ…』

という感じだった。

俺は友達に、

「浮気もOKとか年上最高」

などと言っていた。

ある日、彼女から手紙が来た。

『好きな人が出来たから別れたいの…』

こんなもんか、という感じだった。

俺達は別れた。

暫くして、彼女の妹で俺と同級生の子に呼び出された。

「お姉ちゃんには黙っとけって言われてるんだけど…」

そこで聞かされた。

昔、乳癌にかかって乳房を片方切除したということ。

それが原因で全てを見せたがらなかったこと。

癌が再発し、今は入院していること。

好きな人が出来たというのは嘘で、俺をまだ好きだということ。

俺と付き合っている時は幸せそうだったということ。

涙が出て来た。自分のしたことを後悔した。

入院している病院を聞いて向かった。

病室に入ると、彼女は驚いた表情を見せた。

まるで違う人のように痩せていた。

「ごめん。俺が悪かった…。もう一回、やり直そう。言ってくれれば良かったのに…。そんなこと気にする訳ないじゃん」

「ごめん…嫌われたくなかったの………。私なんか忘れて他の人を探してよ」

「お前よりいい女なんかいない…。お前じゃないとダメなんだよ!」

彼女の眼から涙が溢れた。

「ありがとう……」

俺達はよりを戻した。

それから俺は病室に通い詰めた。

暫くして俺は、婚姻届を彼女に見せた。

「俺の分は書いてあるから、元気な時に書いて結婚しよう」

彼女は今まで見せたことのないような笑顔を見せた。

「嬉しい…けど…これは書けない。ありがとう…こんな幸せなの初めてかもしれない」

「絶対書けよ!ここ置いとくから!」

その半月後、彼女は亡くなった。

葬式には出なかった。

彼女の死を受け入れたくなかった。

無気力な状態が続いていたある日、彼女の妹から手紙が届いた。

中には婚姻届と、彼女からの手紙が入っていた。

その手紙は、彼女が亡くなる前に書いたものだった。

『この手紙を読んでいる頃、私はこの世に居ないと思う。

あなたと一緒に居られて幸せだった。本当に幸せだった。

あなたのことを全部知りたかったし、私の全部を知って欲しかった。

けど結局、最後まで見せられなかったね。それだけが心残りだよ。

婚姻届…本当に嬉しかった…。

でも、これは違う人に書いてもらって…。

お墓参りには来ないで!あなたが本当に好きな人が出来たら来て。

それが私を忘れた証拠になるし、私の最後のお願い…。

今まで本当にありがとう。

あなたに出会えたことが人生で一番の幸せでした。

大好きだよ』

あれから10年経つが、まだ墓参りには行けていません。

関連記事

花と手紙(フリー写真)

彼女が遺した手紙

私(晃彦)には幼稚園から連れ添ってきた恋人(美咲)がいる。 私が高校を卒業し、就職してからも同居し、貧乏ながらも支えてくれた掛け替えのない存在。 プロポーズの決心をしてから…

ろうそくの火(フリー写真)

ろうそくの火と墓守

急な坂をふうふう息を吐きながら登り、家族のお墓に着く。 風が強いんだ、今日は。 春の日差しに汗ばみながら枯れた花を除去して、生えた雑草を取り、墓石を綺麗に拭く。 狭い…

カップル

余命と永遠の誓い

彼は肺がんで入院し、余命宣告されていました。 本人は退院後の仕事の予定を立て、これからの人生に気力を振り絞っていました。 私と彼は半同棲状態で、彼はバツイチで大分年上だっ…

洗濯バサミ

そのままの部屋

4年前、会社の友人が交通事故で奥さんと4歳の長男を失いました。飲酒運転の車が彼らを轢いたのです。ニュースでも大きく取り上げられるほどの痛ましい出来事でした。加害者家族も辛い日々を過ご…

手を繋ぐ夫婦(フリー写真)

最愛の妻が遺したもの

先日、小学5年生の娘が何か書いているのを見つけた。 それは妻への手紙だったよ。 「ちょっと貸して」 と言って内容を見た。 まだまだ汚い字だったけど、妻への想いが…

空(フリー写真)

神様がくれたミッション

私は都内でナースをしています。 これは二年程前の話です。 ある病院で一人の患者さんを受け持つことになりました。 22歳の女性の患者さんです。 彼女は手遅れの状態…

教室

思春期の揺れる心

中学1年生のころ、私の身近にはO君という特別な存在がいました。 私たちは深く心を通わせ、漫画やCDの貸し借りを楽しんだり、放課後や週末には図書館で学び合ったりしていました。 …

手を繋ぐカップル(フリー写真)

幸せの在り処

もう五年も前になる。 当時無職だった俺に彼女が出来た。 彼女の悩みを聞いてあげたのが切っ掛けだった。 正直、他人事だと思って調子の良いことを言っていただけだったが、彼…

春の路地(フリー写真)

命よりも大切な友達

お前は俺にとって、命よりも大切な友達だ。 小学校2年の時、友達も居なかった俺の誕生日に、プレゼントとしてチョロQを持って来てくれた。 その時の600円というのは、俺達にとっ…

どんぐり(フリー写真)

どんぐり

毎年お盆に帰省すると、近くの川で『送り火』があります。 いつもは淡い光の列がゆっくり川下に流れて行くのを眺めるだけなのだけど、その年は灯篭に『さちこ』と書いて川に浮かべました。 …