書けなかった婚姻届

カップル(フリー写真)

彼女とはバイト先で知り合った。

彼女の方が年上で、入った時から気にはなっていた。

「付き合ってる人は居ないの?」

「居ないよ…彼氏は欲しいんだけど」

「じゃあ俺と付き合おっか」

付き合う切っ掛けは冗談みたいだった。

付き合ってから、実は好きだったと聞いた。

二人で居るときは性交渉を迫ったりした。

しかしいつも、

「ごめん…それだけはダメなの…」

と言って断られた。

腹いせと言うのも変だが、俺は浮気した。

俺は我慢できるほど大人ではなかった。

浮気がバレた時、彼女は怒らなかった。

寧ろ、

『私が悪いんだからしょうがないよ…』

という感じだった。

俺は友達に、

「浮気もOKとか年上最高」

などと言っていた。

ある日、彼女から手紙が来た。

『好きな人が出来たから別れたいの…』

こんなもんか、という感じだった。

俺達は別れた。

暫くして、彼女の妹で俺と同級生の子に呼び出された。

「お姉ちゃんには黙っとけって言われてるんだけど…」

そこで聞かされた。

昔、乳癌にかかって乳房を片方切除したということ。

それが原因で全てを見せたがらなかったこと。

癌が再発し、今は入院していること。

好きな人が出来たというのは嘘で、俺をまだ好きだということ。

俺と付き合っている時は幸せそうだったということ。

涙が出て来た。自分のしたことを後悔した。

入院している病院を聞いて向かった。

病室に入ると、彼女は驚いた表情を見せた。

まるで違う人のように痩せていた。

「ごめん。俺が悪かった…。もう一回、やり直そう。言ってくれれば良かったのに…。そんなこと気にする訳ないじゃん」

「ごめん…嫌われたくなかったの………。私なんか忘れて他の人を探してよ」

「お前よりいい女なんかいない…。お前じゃないとダメなんだよ!」

彼女の眼から涙が溢れた。

「ありがとう……」

俺達はよりを戻した。

それから俺は病室に通い詰めた。

暫くして俺は、婚姻届を彼女に見せた。

「俺の分は書いてあるから、元気な時に書いて結婚しよう」

彼女は今まで見せたことのないような笑顔を見せた。

「嬉しい…けど…これは書けない。ありがとう…こんな幸せなの初めてかもしれない」

「絶対書けよ!ここ置いとくから!」

その半月後、彼女は亡くなった。

葬式には出なかった。

彼女の死を受け入れたくなかった。

無気力な状態が続いていたある日、彼女の妹から手紙が届いた。

中には婚姻届と、彼女からの手紙が入っていた。

その手紙は、彼女が亡くなる前に書いたものだった。

『この手紙を読んでいる頃、私はこの世に居ないと思う。

あなたと一緒に居られて幸せだった。本当に幸せだった。

あなたのことを全部知りたかったし、私の全部を知って欲しかった。

けど結局、最後まで見せられなかったね。それだけが心残りだよ。

婚姻届…本当に嬉しかった…。

でも、これは違う人に書いてもらって…。

お墓参りには来ないで!あなたが本当に好きな人が出来たら来て。

それが私を忘れた証拠になるし、私の最後のお願い…。

今まで本当にありがとう。

あなたに出会えたことが人生で一番の幸せでした。

大好きだよ』

あれから10年経つが、まだ墓参りには行けていません。

関連記事

婚約指輪(フリー写真)

玩具の指輪

高校生の頃の話。 小さな頃から幼馴染の女がいるのだが、その子とは本当に仲が良かった。 小学生の頃、親父が左手の薬指に着けていた指輪が気になって、 「何でずっと着けてる…

パラオのサンセットビーチ(フリー写真)

パラオの友情

南洋のパラオ共和国には、小さな島が幾つもある。 そんな島にも、戦争中はご多分に漏れず日本軍が進駐していた。 その島に進駐していた海軍の陸戦隊は、学徒出身の隊長の元、住民たち…

震災(フリー写真)

救助活動

東日本大震災。 辺りは酷い有り様だった。 鳥居の様に積み重なった車、田んぼに浮く漁船。 一階部分は瓦礫で隙間無く埋め尽くされ、道路さえまともに走れない。 明るく…

ご縁の糸(フリー写真)

風変わりなアピール

30歳になる少し前に離婚した。 その一年半後に現在の妻を紹介された。 高校を出て7年間、妻は俺の祖母の兄が営む田舎町の店舗に勤めていた。 安い給料なのに真面目に働く良…

運動会(フリー写真)

素敵なお弁当

小学校高学年の時、優等生だった。 勉強もスポーツもできたし、児童会とか何かの代表はいつも役が回って来た。 確かに、良く言えば利発な子供だったと思う。 もう一人のできる…

友情(フリー写真)

変わらないもの

俺たち小学校から高校までずっと一緒だったよな。 高卒後、俺は就職、お前はフリーター。 学歴社会の昨今、 「俺たちゃ負け組じゃねぇよな!がんばろうぜ!」 と、よく…

和室(フリー写真)

お父さん頑張ろうね

俺の会社の友人は、4年前に交通事故で奥さんと当時4歳の長男を亡くした。 飲酒運転の車が歩行中の二人を轢き殺すというショッキングな内容で、ワイドショーなどでも取り上げられたほど凄惨…

ピンクのチューリップ(フリー写真)

親指姫

6年程前の今頃は花屋に勤めていて、毎日エプロンを着け店先に立っていた。 ある日、小学校1年生ぐらいの女の子が、一人で花を買いに来た。 淡いベージュのセーターに、ピンクのチェ…

父の日のプレゼント(フリー写真)

見知らぬおじさん

私には妻が居たが、一人娘が1歳と2ヶ月の時、離婚することになった。 酒癖の悪かった私は暴力を振るうこともあり、幼い娘に危害が及ぼすことを恐れた妻が、子供を守るために選んだ道だった…

雨(フリー写真)

真っ直ぐな青年の姿

20年前、私は団地に住んでいました。 夜の20時くらいに会社から帰ると、団地前の公園で雨の中、一人の男の子が傘もささず向かいの団地を見ながら立っていました。 はっきり言って…