母ちゃんとラーメン

公開日: 家族 | 心温まる話 |

ラーメン(フリー写真)

今日、俺は珍しく母ちゃんを外食に誘った。

行き先は、昔からよく行く馴染みのラーメン屋だった。

俺は味噌ラーメンの大盛り、母ちゃんは味噌ラーメンの並盛りを頼んだ。

「昔からここ美味しいのよね」

と、柄にもなく顔に皺を寄せて笑っていた。

ラーメンが出来上がると、俺も母ちゃんも夢中で麺をすすっていた。

あまりにも母ちゃんがニコニコしながら食べているものだから、俺もつられて笑っちまったよ。

暫く経って、ラーメンを食い終わった俺は、ふと母ちゃんの方を見たんだ。

ラーメンの器に浮かぶチャーシューが一枚、二枚、三枚…。そのチャーシューを捲ると、麺がまだ沢山余っていた。

母ちゃんは俺の方を申し訳なさそうに見て、

「ごめんね。母ちゃん、もう年だから。ごめんね」

と繰り返していた。

「んなもんしゃーねーべ」

と言うと、俺は母ちゃんの残したラーメンをすすった。

そういやガキの頃、よく無理して大盛りを頼んで、結局食べ切れなくて母ちゃんに食ってもらってたっけ。

いつの間にか立場も逆転。あんなに若かった母ちゃんの顔も今じゃ皺だらけで、背丈も頭一個分違う。

その皺の数ほど、今まで散々迷惑掛けたんだろうなって思うと、悔しさと不甲斐なさで涙が出て来る。

母ちゃん、こんな俺を今まで育ててくれてありがとう。

俺、立派な社会人になるわ。

鉛筆と参考書(フリー写真)

厳しい母

私の母はとても厳しい。 身の回りの事は全て自分でやらされていた。 勉強も部活も一番じゃないと気が済まない。 定期テストで二番を取ると、 「二番は敗者の一番だ」…

婚約指輪(フリー写真)

例外の入籍手続き

彼は肺がんで入院していて、余命宣告されていました。 本人は退院後の仕事の予定も入れ、これからの人生に気力を振り絞っていました。 私と彼は半同棲状態、彼はバツイチ、そして大分…

花(フリー写真)

母が見せた涙

うちは親父が仕事の続かない人で、いつも貧乏だった。 母さんは俺と兄貴のために、いつも働いていた。ヤクルトの配達や、近所の工場とか…。 土日もゆっくり休んでいたという記憶は無…

バスの車内(フリー写真)

乗客全員の拍手

今から16年程前、12月も半ばを過ぎた頃の話です。 私は体調を壊し、東京にある中野坂上の病院へ週二回、通院していました。 その日は今にも雪が降り出しそうな空で、とても寒い日…

空(フリー写真)

お盆のある日

私には4年前、赤ちゃんの時に亡くなった子どもがいました。 昨年の8月のお盆のある時、上の娘が空を見上げて 「お母さん、空見てみて。ほら、空の雲の間に光っているところあるで…

巣鴨の歩行者天国(フリー写真)

とげぬき地蔵様

私は小さい頃から中耳炎で、しょっちゅう耳が痛くなっては、治療のために耳鼻科へ行っていました。 小学校に入ると、私が耳鼻科に行くために学校を休んだり早退したりすると、クラスの子に …

月明かり(フリー写真)

お月さんの下で

昨日、彼女の家の犬が死んだ。 彼女の家は昔、彼女の兄貴が高校生という若さで自殺してから、両親も彼女もうつ病になって酷い状態だったらしい。 そんな時に引き取って来た犬だったそ…

お茶碗(フリー写真)

テーブルのお皿

私と淳子は、結婚して社宅で暮らし始めました。 台所には四人がやっと座れる小さなテーブルを置き、そこにピカピカの二枚のお皿が並びます。 新しい生活が始まることを感じました。 …

赤ちゃんの手を握る母(フリー写真)

お母さんありがとう

昨日、午前4時22分に母が亡くなった。 風邪ひとつ引かない元気な母だった。 僕が幼稚園に入る頃には、もう父は居なかった。 借金を作って逃げたらしい。 母は早朝4…

教室(フリー写真)

先生の決心

俺のばあちゃんから聞いた、ばあちゃんの小学生時代の話をする。 ばあちゃんが小学5年生の時の担任の先生、島田先生はとても良い先生だったそうだ。 とても熱心で生徒思いの先生だ…