父の生き様

公開日: 仕事 | 家族 | 心温まる話 |

工事現場(フリー写真)

公用でとある高校へ出掛けたある日のことだった。

私達は校長先生に呼び止められ、

「時間がありましたら、お見せしたいものがありますので、校長室までお越しください」

と言われて校長室に案内された。

「実はある生徒の作文ですが…」

とA少年の経歴を話しながら、作文を朗読された。

『僕の父親の職業は鳶職である…』

という書き出しから始まり、内容は次のようなことが書かれている。

父親の休日は定まっていなかった。

雨の日以外は日曜日も祭日もなく、お定まりの作業服に汚れた古いオンボロ車を運転して仕事に出掛ける。

仕事が終わると頭から足の先まで、泥や埃で真っ黒になって帰る。

そして庭先で衣服を脱ぎ捨て、褌一つになって風呂に飛び込むのが日課である。

僕の友達が居ても平気で、そんな父の姿が恥ずかしく、嫌いだった。

小学校の頃、近所の友達は日曜日になると決まって両親に連れられて買い物や食事に出掛けて行った。

僕はそれを羨ましく思いながら見送ったものだ。

『みんな立派な父さんが居ていいなぁ』

と涙が流れたこともあった。

偶の休みは、朝から焼酎を飲みながらテレビの前に座っていた。

母は、

「掃除の邪魔だからどいてよ」

と掃除機で追っ払う。

「そんな邪魔にすんなよ」

と父は逆らうでもなく焼酎瓶片手にウロウロしている。

「濡れ落ち葉という言葉は、あんたにピッタリね…この粗大ゴミ!」

「なるほど俺にそっくりか。ハハハ…うまいことを言うなハハハ…」

と、父は受け流して怒ろうともせずゲラゲラ笑っている。

小学校の頃から、小遣いをくれるのも母だったし、買い物も母が連れて行ってくれた。

運動会も発表会も父が来たことなど一度もない。

こんな父親など居ても居なくても構わないと思ったりした。

ある日、名古屋へ遊びに出掛けた。

ふと気付くと高層ビルの建築現場に『○○建設会社』と父親の会社の文字が目に入った。

僕は足を止め、暫く眺めるともなく見ていて驚いた。

8階の最高層に近い辺りに、命綱を体に縛り、懸命に働いている父親の姿を発見したのです。

僕は金縛りに遭ったようにその場に立ちすくんでしまった。

『あの飲み助の親父が、あんな危険な所で仕事をしている。一つ違えば下は地獄だ。

女房や子供に粗大ゴミとか、濡れ落ち葉と馬鹿にされながらも、怒りもせず、ヘラヘラ笑って返すあの父が…』

僕は体が震えてきた。

8階で働いている米粒ほどにしか見えない父親の姿が、仁王さんのような巨像に見えた。

校長は少し涙声で読み続けた。

『僕は何という不潔な心で自分の父を見ていたのか。

母は父の仕事振りを見たことがあるのだろうか。

一度でも見ていれば、濡れ落ち葉なんて言えるはずがない。

僕は不覚にも泣いてしまい、涙がポロポロと頬を伝わった。

体を張って、命を懸けて僕らを育ててくれる。

何一つ文句らしいことも言わず、焼酎だけを楽しみに黙々と働く父の偉大さ。

どこの誰よりも男らしい父の子供であったことを誇りに思う』

そして彼は最後にこう書き結んでいる。

『一生懸命勉強して、一流の学校に入学し、一流の企業に就職して、日曜祭日には女房子供を連れ一流レストランで食事をするのが夢だったが、今日限りこんな夢は捨てる。

これからは、親父のように汗と泥にまみれて、自分の腕で、自分の体でぶつかって行ける。

そして黙して語らぬ父親の生き様こそ本当の男の生き方であり、僕も親父の跡を継ぐんだ』

読み終わった校長は、

「この学校にこんな素晴らしい生徒が居たことをとても嬉しく思います。

こういう考え方を自分で判断することが教育の根本だと思います。

そして子の親としてつくづく考えさせられました」

としみじみ言った。

差し出されたお茶はとっくに冷えていたが、とても温かく美味しかった。

関連記事

空(フリー写真)

祖父の恩人

仕事でどうしようもないミスをしてしまい、次の日に仕事に行きたくないと鬱ぎ込んでいた時の事だ。 家に帰りたくなく、仕事帰りにいつもは乗らない電車に乗って他県まで行ってみた。 …

おむすび(フリー写真)

母の意志

僕が看取った患者さんに、スキルス胃がんに罹った女性の方が居ました。 余命3ヶ月と診断され、彼女はある病院の緩和ケア病棟にやって来ました。 ある日、病室のベランダでお茶を飲み…

子供の寝顔(フリー写真)

お豆の煮方

交通安全週間のある日、母から二枚のプリントを渡されました。 そのプリントには交通事故についての注意などが書いてあり、その中には実際にあった話が書いてありました。 それは交通…

猫(フリー写真)

会いに来てくれた猫

五年前に飼っていた茶トラ猫。 当時、姉が家出同然で出て行ってしまい、家の雰囲気が暗かったのを憶えています。 そんなこともあり、私は家では出来るだけ明るく振る舞っていましたが…

花(フリー写真)

母心

ちょっとした事で母とケンカした。 3月に高校を卒業し、4月から晴れて専門学生となる私は、一人暮らしになる不安からか、ここ最近ずっとピリピリしていた。 「そんなんで本当に一人…

Wii(フリー写真)

ゲーム好きな友人

俺の友達に、凄くゲーム好きなやつがいたんだよ。 ドラクエなどのゲームを誰よりも先に解いたり、俺たちにヒントをくれたりさ。 でも中学2年生の時にそいつは事故に遭い、右手を失く…

沖縄のビーチ(フリー写真)

母の唯一のワガママ

「沖縄に行かない?」 いきなり母が電話で聞いて来た。 当時は大学三年生で、就活で大変な時期だったため、 「忙しいから駄目」 と言ったのだが、母はなかなか諦めない…

病室(フリー背景素材)

またどこかで会おうね

俺は以前、病院勤務をしていた。と言っても看護婦や医者などの有資格者じゃないんだけどね。 それでさ、掃除しようと思ってある病室に入ったんだよ。 よく知らずに入ったらさ、どうや…

カップル(フリー写真)

気付かないふり

一昨年の今日、告白しました。生まれて初めての告白でした。 彼女は全盲でした。 それを知ったのは、彼女が弾くピアノに感動した後の事でした。 俺は凄くびっくりしました。そ…

太陽(フリー写真)

一身独立

私が小さな建築関係のメーカーの担当営業をしていた頃の話です。 私の担当区域には、小さな個人商店がありました。 先代の社長を亡くし、若くして社長になった社長には二人の男の子が…