少年の志願

公開日: 悲しい話 | 戦時中の話

太平洋戦争(フリー写真)

俺は今、介護福祉士として働いている。

妹が今度修学旅行で鹿児島へ行くらしく、職場でその話をしていたら、利用者さんの一人が

「鹿児島か…」

と暗く呟いた。

その方は男性で、お年はもう80歳を超えている。

でもまだ元気でよく話すし、よく食べるし、いつも明るかった。

だからそんなに暗くなったのが不思議で、何があったのか聞いてみた。

その利用者さん(以下Aさん)から聞いた話をします。

当時は戦争の真っ只中。

Aさんは三人兄弟の長男として生まれたらしく、下に妹が二人居たそうだ。

小さい頃に父親が死んでしまい、女手一つで母親が育ててくれた。

しかし、生活は苦しかったらしい。

戦争も終わりに近付いた頃、鹿児島の知覧で特攻隊の活動が始まった。

特攻は、爆弾を積んだ飛行機で敵の艦隊に突っ込むというものだ。

当時15歳だったAさんは特攻隊に志願した。

死亡手当のようなものが支給されるらしく、それで母親や妹たちが幸せに暮らして行けるなら、自分が死のうと考えたのだそうだ。

15歳の少年が、だ…。

だが、Aさんが特攻隊員として出撃する前に、戦争が終わってしまった。

家に帰ると、母親はAさんを残して死んでしまっていたらしい。

命を懸けて守ろうとした人が死んでしまった。Aさんの悲しみは想像を絶する。

特攻隊員として死んで逝った人は『軍神』と呼ばれるらしいが、生き残ってしまったAさんは近所の人から、

「軍神のなりそこない」「死ぬのが怖くて逃げ出して来た」

など、散々な言われようだったらしい。

Aさんはそれに耐えられず、母親の後を追って死のうとした。

しかし、まだ幼い妹が二人残されている。

だから死ぬのは思い留まって、妹を立派に育てようと決めたらしい。

そうすれば母親も浮かばれるだろうと。

Aさんと二人の妹は、それから力を合わせて生きて行き、妹は二人とも嫁に行った。

その後、Aさんも結婚し、現在は幸せに暮らしている。

俺はこの話を聞いて、勤務中だというのに涙が止まらなかった。

家に帰ってから妹に話すと、妹も号泣していた。

今、俺の妹がちょうど15歳だ。

妹を見ていて思うのだが、たった15歳の少年が、家族のために死ぬなどと考えられるだろうか。

毎日食べるものや寝る場所に困らず、いつ爆弾が落とされるかという不安にも晒されず…。

幸せだと思わなければならないと思う。

関連記事

野球のボール(フリー写真)

尊敬する先輩

俺は高校三年生で、野球部を引退したばかりです。 世界で一番尊敬する先輩が居ました。 野球は本当に下手で、一度も打席に立たせてもらった事がありませんでした。 それでも毎…

母の手を握る赤ちゃん(フリー写真)

生まれて来てくれて有難う

親と喧嘩をし「出て行け」と言われ、家を飛び出して6年。 家を出て3年後に知り合った女性と同棲し、2年後に子供が出来た。 物凄く嬉しかった。 母性愛があるのと同じように…

吹雪(フリー写真)

ばあちゃんの手紙

俺の母方のばあちゃんは、いつもニコニコしていて、かわいかった。 生んだ子供は四姉妹。 娘が全員嫁いだ後、長いことじいちゃんと二人暮らしだった。 そして、じいちゃんは2…

親子の手(フリー写真)

親父の思い出

ある日、おふくろから一本の電話があった。 「お父さんが…死んでたって…」 死んだじゃなくて、死んでた? 親父とおふくろは俺が小さい頃に離婚していて、まともに会話すらし…

病室(フリー写真)

妹からの最後のメール

妹からの最後のメールを見て、命の尊さ、居なくなって残された者の悲しみがどれほど苦痛かを実感します。 白血病に冒され、親、兄弟でも骨髄移植は不適合でドナーも見つからず、12年間苦し…

日記(フリー写真)

最後の日記

小学校の時、虐められていた。 消しゴムを勝手に使われたので怒ったら、相手が学年のボス格の女子。 それ以来、クラスから無視された。 それが中学に入っても変わらず、真剣に…

恋人(フリー写真)

一番大切な人

当時21歳の私と倫子は、その日ちょっとしたことで喧嘩をしてしまった。 明らかに私が悪い理由で。 普段なら隣同士で寝るのに、この日は一つの部屋で少し離れて寝た。 ※ 19…

和室(フリー写真)

お父さん頑張ろうね

俺の会社の友人は、4年前に交通事故で奥さんと当時4歳の長男を亡くした。 飲酒運転の車が歩行中の二人を轢き殺すというショッキングな内容で、ワイドショーなどでも取り上げられたほど凄惨…

手を繋ぐ(フリー写真)

初恋の人

初恋の人が亡くなりました。 初恋で初めての彼氏で、私も若くて我儘放題で、悔やまれることばかりです。 ある日、突然「別れて欲しい」と言われ、意地を張って「いいよ」と言い返して…

母の手を握る赤子(フリー写真)

母の想い

彼は幼い頃に母親を亡くし、父親と祖母と暮らしていました。 17歳の時、急性骨髄性白血病にかかってしまい、本人すら死を覚悟していましたが、骨髄移植のドナーが運良く見つかり死の淵から…