少年の志願

公開日: 悲しい話 | 戦時中の話

太平洋戦争(フリー写真)

俺は今、介護福祉士として働いている。

妹が今度修学旅行で鹿児島へ行くらしく、職場でその話をしていたら、利用者さんの一人が

「鹿児島か…」

と暗く呟いた。

その方は男性で、お年はもう80歳を超えている。

でもまだ元気でよく話すし、よく食べるし、いつも明るかった。

だからそんなに暗くなったのが不思議で、何があったのか聞いてみた。

その利用者さん(以下Aさん)から聞いた話をします。

当時は戦争の真っ只中。

Aさんは三人兄弟の長男として生まれたらしく、下に妹が二人居たそうだ。

小さい頃に父親が死んでしまい、女手一つで母親が育ててくれた。

しかし、生活は苦しかったらしい。

戦争も終わりに近付いた頃、鹿児島の知覧で特攻隊の活動が始まった。

特攻は、爆弾を積んだ飛行機で敵の艦隊に突っ込むというものだ。

当時15歳だったAさんは特攻隊に志願した。

死亡手当のようなものが支給されるらしく、それで母親や妹たちが幸せに暮らして行けるなら、自分が死のうと考えたのだそうだ。

15歳の少年が、だ…。

だが、Aさんが特攻隊員として出撃する前に、戦争が終わってしまった。

家に帰ると、母親はAさんを残して死んでしまっていたらしい。

命を懸けて守ろうとした人が死んでしまった。Aさんの悲しみは想像を絶する。

特攻隊員として死んで逝った人は『軍神』と呼ばれるらしいが、生き残ってしまったAさんは近所の人から、

「軍神のなりそこない」「死ぬのが怖くて逃げ出して来た」

など、散々な言われようだったらしい。

Aさんはそれに耐えられず、母親の後を追って死のうとした。

しかし、まだ幼い妹が二人残されている。

だから死ぬのは思い留まって、妹を立派に育てようと決めたらしい。

そうすれば母親も浮かばれるだろうと。

Aさんと二人の妹は、それから力を合わせて生きて行き、妹は二人とも嫁に行った。

その後、Aさんも結婚し、現在は幸せに暮らしている。

俺はこの話を聞いて、勤務中だというのに涙が止まらなかった。

家に帰ってから妹に話すと、妹も号泣していた。

今、俺の妹がちょうど15歳だ。

妹を見ていて思うのだが、たった15歳の少年が、家族のために死ぬなどと考えられるだろうか。

毎日食べるものや寝る場所に困らず、いつ爆弾が落とされるかという不安にも晒されず…。

幸せだと思わなければならないと思う。

ノートとペン(フリー写真)

一冊のノート

会社に入って3年目に、マンツーマンで一人の新人の教育を担当する事になりました。 実際に会ってみると覚えが悪く、何で俺がこの子を担当するんだろうと感じました。 しかし仕事で…

手を繋ぐカップル(フリー素材)

可愛い彼女がいた

俺には可愛い彼女がいた。 性格は素直でスタイルも良かったが、周囲からは 「え、あの女と付き合ってるの? お幸せに(笑)」 と、よく馬鹿にされた。 彼女は頭が非常…

カップル(フリー写真)

書けなかった婚姻届

彼女とはバイト先で知り合った。 彼女の方が年上で、入った時から気にはなっていた。 「付き合ってる人は居ないの?」 「居ないよ…彼氏は欲しいんだけど」 「じゃあ俺…

終戦時の東京(フリー写真)

少女に伝えること

第二次大戦が終わり、私は多くの日本の兵士が帰国して来る復員の事務に就いていました。 ある暑い日の出来事でした。私は、毎日毎日訪ねて来る留守家族の人々に、貴方の息子さんは、ご主人は…

恋人(フリー写真)

彼からの手紙

幼稚園から一緒だった幼馴染の男の子が居た。 私は今でも憶えている。 彼に恋した日のことを。 ※ 幼稚園で意味もなく友達に責められている時に唯一、私の側に居てくれて、ギュ…

夕日が見える町並み(フリー写真)

幸せだった日常

嫁と娘が一ヶ月前に死んだ。 交通事故で大破。 単独でした。 知らせを受けた時、出張先でしかも場所が根室だったから、帰るのに一苦労だった。 でもどうやって帰ったの…

合格祈願の絵馬(フリー写真)

もう戻って来ない彼女

大好きだった彼女と別れた。 理由はシンプル。 俺が早稲田に落ちて浪人が決定したから。 「二人とも大学卒業したら結婚しようね」 こう言ってくれた彼女。 でも…

雨(フリー写真)

兄が遺した手紙

うちの婆ちゃんから聞いた、戦時中に体験した話。 婆ちゃんのお兄さんはかなり優秀な人だったそうで、戦闘機に乗って戦ったらしい。 そして、神風特攻にて戦死してしまったそうです。…

震災(フリー写真)

救助活動

東日本大震災。 辺りは酷い有り様だった。 鳥居の様に積み重なった車、田んぼに浮く漁船。 一階部分は瓦礫で隙間無く埋め尽くされ、道路さえまともに走れない。 明るく…

夕日(フリー写真)

自衛隊の方への感謝

被災した時、俺はまだ中学生でした。 家は全壊しましたが、たまたま通りに近い部屋で寝ていたので腕の骨折だけで済み、自力で脱出することが出来ました。 奥の部屋で寝ていたオカンと…