少年の志願

公開日: 悲しい話 | 戦時中の話

太平洋戦争(フリー写真)

俺は今、介護福祉士として働いている。

妹が今度修学旅行で鹿児島へ行くらしく、職場でその話をしていたら、利用者さんの一人が

「鹿児島か…」

と暗く呟いた。

その方は男性で、お年はもう80歳を超えている。

でもまだ元気でよく話すし、よく食べるし、いつも明るかった。

だからそんなに暗くなったのが不思議で、何があったのか聞いてみた。

その利用者さん(以下Aさん)から聞いた話をします。

当時は戦争の真っ只中。

Aさんは三人兄弟の長男として生まれたらしく、下に妹が二人居たそうだ。

小さい頃に父親が死んでしまい、女手一つで母親が育ててくれた。

しかし、生活は苦しかったらしい。

戦争も終わりに近付いた頃、鹿児島の知覧で特攻隊の活動が始まった。

特攻は、爆弾を積んだ飛行機で敵の艦隊に突っ込むというものだ。

当時15歳だったAさんは特攻隊に志願した。

死亡手当のようなものが支給されるらしく、それで母親や妹たちが幸せに暮らして行けるなら、自分が死のうと考えたのだそうだ。

15歳の少年が、だ…。

だが、Aさんが特攻隊員として出撃する前に、戦争が終わってしまった。

家に帰ると、母親はAさんを残して死んでしまっていたらしい。

命を懸けて守ろうとした人が死んでしまった。Aさんの悲しみは想像を絶する。

特攻隊員として死んで逝った人は『軍神』と呼ばれるらしいが、生き残ってしまったAさんは近所の人から、

「軍神のなりそこない」「死ぬのが怖くて逃げ出して来た」

など、散々な言われようだったらしい。

Aさんはそれに耐えられず、母親の後を追って死のうとした。

しかし、まだ幼い妹が二人残されている。

だから死ぬのは思い留まって、妹を立派に育てようと決めたらしい。

そうすれば母親も浮かばれるだろうと。

Aさんと二人の妹は、それから力を合わせて生きて行き、妹は二人とも嫁に行った。

その後、Aさんも結婚し、現在は幸せに暮らしている。

俺はこの話を聞いて、勤務中だというのに涙が止まらなかった。

家に帰ってから妹に話すと、妹も号泣していた。

今、俺の妹がちょうど15歳だ。

妹を見ていて思うのだが、たった15歳の少年が、家族のために死ぬなどと考えられるだろうか。

毎日食べるものや寝る場所に困らず、いつ爆弾が落とされるかという不安にも晒されず…。

幸せだと思わなければならないと思う。

手のひら(フリー写真)

出会い

昔、美術館でバイトをしていた。 その日の仕事は、地元の公募展の受け付け作業。 一緒に審査員の先生も一人同席してくれる。 その時に同席してくれたのは、優しいおじいちゃん…

戦闘機(フリー写真)

海行かば

このお話は8年程前、九州の西日本新聞に掲載され、映画化もされました。 ご存知の方も多いはずです。特繰出身の学徒兵の方々のお話です。 当時東京に居た私は、銀座の東映に軽い気持…

渓流(フリー写真)

お母さんと呼んだ日

私がまだ小学2年生の頃、継母が父の後妻として一緒に住むことになった。 特に苛められたとかそういうことは無かったのだけど、何だか馴染めなくて、いつまで経っても「お母さん」と呼べない…

終戦時の東京(フリー写真)

少女に伝えること

第二次大戦が終わり、私は多くの日本の兵士が帰国して来る復員の事務に就いていました。 ある暑い日の出来事でした。私は、毎日毎日訪ねて来る留守家族の人々に、貴方の息子さんは、ご主人は…

青空(フリー写真)

彼女に会いに行きたい

俺も元カノを亡くしたよ。もう何年も前だけど。 中学の頃に親父が死んでも大して泣かなかったが、これはボロ泣きした。 彼女とは3年ちょい付き合って、俺の我侭で上手く行かなくなり…

母と子(フリー写真)

大切な人にありがとうを

いっぱい泣きたい。 あと一ヵ月後にはあなたの居ない暮らし。 俺が芋ようかんを買って来たくらいで、病院のベッドではしゃがないでよ。 顔をくしゃくしゃにして喜ばないで。…

教室(フリー写真)

虐めの現実

俺は高校生の時、授業以外の時間はいつも小説を読んで過ごしていた。 まあ、それくらいしかやる事がなかっただけだけどね。 ある日、体育の授業が終わり教室に帰って来て、いつもの…

南国の夕日(フリー写真)

特攻隊員の方の遺書

戦いは日一日と激しさを加えて参りました。 父母上様、長い間お世話になりました。 私も未だ十九才の若輩で、この大空の決戦に参加できることを、深く喜んでおります。 私は…

お弁当グッズ(フリー写真)

海老の入ったお弁当

私の母は昔から体が弱かった。 それが理由かは分からないが、母の作る弁当はお世辞にも華やかとは言えない、質素で見映えの悪いものばかりだった。 友達に見られるのが恥ずかしくて、…

従軍(フリー写真)

祖父の傷跡

俺の爺さんは戦地で足を撃たれたらしい。 撤退命令が出て皆急いで撤退していたのだが、爺さんは歩けなかった。 隊長に、 「自分は歩けない。足手まといになるから置いて行って…