少年の志願

公開日: 悲しい話 | 戦時中の話

太平洋戦争(フリー写真)

俺は今、介護福祉士として働いている。

妹が今度修学旅行で鹿児島へ行くらしく、職場でその話をしていたら、利用者さんの一人が

「鹿児島か…」

と暗く呟いた。

その方は男性で、お年はもう80歳を超えている。

でもまだ元気でよく話すし、よく食べるし、いつも明るかった。

だからそんなに暗くなったのが不思議で、何があったのか聞いてみた。

その利用者さん(以下Aさん)から聞いた話をします。

当時は戦争の真っ只中。

Aさんは三人兄弟の長男として生まれたらしく、下に妹が二人居たそうだ。

小さい頃に父親が死んでしまい、女手一つで母親が育ててくれた。

しかし、生活は苦しかったらしい。

戦争も終わりに近付いた頃、鹿児島の知覧で特攻隊の活動が始まった。

特攻は、爆弾を積んだ飛行機で敵の艦隊に突っ込むというものだ。

当時15歳だったAさんは特攻隊に志願した。

死亡手当のようなものが支給されるらしく、それで母親や妹たちが幸せに暮らして行けるなら、自分が死のうと考えたのだそうだ。

15歳の少年が、だ…。

だが、Aさんが特攻隊員として出撃する前に、戦争が終わってしまった。

家に帰ると、母親はAさんを残して死んでしまっていたらしい。

命を懸けて守ろうとした人が死んでしまった。Aさんの悲しみは想像を絶する。

特攻隊員として死んで逝った人は『軍神』と呼ばれるらしいが、生き残ってしまったAさんは近所の人から、

「軍神のなりそこない」「死ぬのが怖くて逃げ出して来た」

など、散々な言われようだったらしい。

Aさんはそれに耐えられず、母親の後を追って死のうとした。

しかし、まだ幼い妹が二人残されている。

だから死ぬのは思い留まって、妹を立派に育てようと決めたらしい。

そうすれば母親も浮かばれるだろうと。

Aさんと二人の妹は、それから力を合わせて生きて行き、妹は二人とも嫁に行った。

その後、Aさんも結婚し、現在は幸せに暮らしている。

俺はこの話を聞いて、勤務中だというのに涙が止まらなかった。

家に帰ってから妹に話すと、妹も号泣していた。

今、俺の妹がちょうど15歳だ。

妹を見ていて思うのだが、たった15歳の少年が、家族のために死ぬなどと考えられるだろうか。

毎日食べるものや寝る場所に困らず、いつ爆弾が落とされるかという不安にも晒されず…。

幸せだと思わなければならないと思う。

関連記事

虹(フリー写真)

人生

1960年に私は生まれて、今まで生きてきた。 いたずらっ子だった小学生時代。 落ちこぼれだった中学生時代。 レスリングに出会い、スポーツが何たるかを学んだ高校時代。 …

親子の後ろ姿(フリー写真)

育ての親

私には、お母さんが二人居た。 一人は、私に生きるチャンスを与えてくれた。 もう一人は……。 ※ 私の17歳の誕生日に、母が継母であることを聞かされた。 私を生んで…

ゲームセンター(フリー写真)

嬉しそうな笑顔を

うちのゲーセンに、毎日のように来ていたお前。 最近全然見ないと思ったら、やっと理由が判ったよ。 この前、お前の母ちゃんが便箋を持って挨拶に来たんだよ。 こちらで良くお…

お見舞いの花(フリー写真)

迷惑掛けてゴメンね

一年前の今頃、妹が突然電話を掛けて来た。家を出てからあまり交流が無かったので、少し驚いた。 「病院に行って検査をしたら、家族を呼べって言われたから来て。両親には内緒で」 嫌…

沖縄の夕暮れ(フリー写真)

立派な将校さん

戦時中の沖縄での事です。 当時12歳だった叔父さんは、自然の洞穴を利用して作られた壕の中に居た。 他の住民や、部隊からはぐれた大怪我を負った兵隊たちも隠れていた。 息…

恋人(フリー写真)

彼からの手紙

幼稚園から一緒だった幼馴染の男の子が居た。 私は今でも憶えている。 彼に恋した日のことを。 ※ 幼稚園で意味もなく友達に責められている時に唯一、私の側に居てくれて、ギュ…

雨(フリー写真)

兄が遺した手紙

うちの婆ちゃんから聞いた、戦時中に体験した話。 婆ちゃんのお兄さんはかなり優秀な人だったそうで、戦闘機に乗って戦ったらしい。 そして、神風特攻にて戦死してしまったそうです。…

子供の寝顔(フリー写真)

お豆の煮方

交通安全週間のある日、母から二枚のプリントを渡されました。 そのプリントには交通事故についての注意などが書いてあり、その中には実際にあった話が書いてありました。 それは交通…

終電(フリー写真)

精一杯の強がり

彼とは中学校からの付き合いでした。 中学校の頃から素直で、趣味などでも一つのことをとことん追求するような奴でした。 中学、高校、大学と一緒の学校に通い、親友と呼べる唯一の友…

黒猫(フリー写真)

黒猫の赤ちゃん

小学校の時、裏門の所に小さな黒猫の赤ちゃんが捨てられていた。 両目とも膿でくっついていて、見えていない様子。 どうしても無視できなくて家へ持って帰ったら、やはり飼っては駄目…