大好きな芸人

公開日: ちょっと切ない話 | 仕事

公園と夕暮れ(フリー写真)

芸人の江頭さんがとある公園でロケをしていると、公園の隣にある病院から抜け出して来ていた車椅子の女の子がそのロケを見ていた。

ロケが終わり、その車椅子の女の子は江頭さんに

「つまらねーの」

と呟いた。

それを耳にした江頭さんは当然、

「お前、もう一度言ってみろ」

と怒鳴った。

すると車椅子の女の子は、

「だって全然面白くないんだもん」

と呟いた。それを聞いた江頭さんは、

「なら、お前が笑うまで毎日ここでネタを見せてやろうか」

と言った。

そして、断言通り毎日仕事の合間にその公園に行っては、車椅子の女の子にネタを見せ続けたのだ。

しかし車椅子の女の子を笑わせるどころか呆れさせていたのは言うまでもない。

一ヶ月が過ぎた頃、毎日のように散歩に来ていた車椅子の女の子が突然、来なくなってしまった。

次の日も女の子は姿を現さなかった。

そして一週間が過ぎたある日、女の子がふと現れたのだ。

江頭さんはすかさず駆け寄り、いつものくだらないネタを見せた。

しかし、いつもは全く笑ってくれない女の子が初めて少し笑ってくれた。

江頭さんは調子に乗り、下ネタを連発してやった。

女の子は当然、

「それは最低…」

と一言。

そして日も暮れ、江頭さんが

「また、明日も来るから、ちゃんと待ってろよ」

と言うと、女の子は

「勝手に来れば!!」

と言った。

次の日、女の子は公園には訪れなかった。

江頭さんは頭にきて隣の病院へ行き、車椅子の女の子を探した。

担当の看護婦を見つけて事情を尋ねると、女の子の容体が急に悪化して今朝他の病院に運ばれ、昏睡状態だという事を知らされた。

そして、看護婦に女の子の日記を渡された。

そこには『大好きな芸人、江頭』と書かれていた。

十年経った現在でも、月に一度はその公園に来ては花を手向け、一人でネタを披露するそうだ。

花屋さん(フリー写真)

助け合い

会社で、私の隣の席の男性が突然死してしまった。 金曜日にお酒を飲み、電車で気分が悪くなって、途中下車して駅のベンチで座ったまま亡くなってしまった。享年55歳。 でも、みんな…

日記帳(フリー写真)

彼の遺した日記

2年間、付き合っていた彼に振られました。 それはもう、最後は彼が言ったとは思えないほどの酷い言葉で。 どんなにまだ好きだと言っても復縁は叶わず、音信不通になってしまいました…

オフィス(フリー写真)

秘密のお守り

初めて彼女に会ったのは、内定式の時。同期だった。 聡明を絵に書いたような人。学生時代に書いた論文か何かが賞を獲ったこともあるらしく、期待の新人ということだった。 ただ、ちょ…

カルテを持つ医師(フリー写真)

医者になれ

高校一年生の夏休みに、両親から 「大事な話がある」 と居間に呼び出された。 親父が癌で、もう手術では治り切らない状態であると。 暑さとショックで頭がボーっとして…

駅のホームに座る女性(フリー写真)

貴女には明日があるのよ

彼女には親が居なかった。 物心ついた時には施設に居た。 親が生きているのか死んでいるのかも分からない。 グレたりもせず、普通に育って普通に生きていた。 彼女には…

父と子(フリー写真)

俺には母親がいない。 俺を産んですぐ事故で死んでしまったらしい。 産まれた時から耳が聞こえなかった俺は、物心ついた時にはもう既に簡単な手話を使っていた。 耳が聞こえな…

会議室(フリー写真)

忘れられない誕生日

俺は入社以来、ひたすら数字を追い続けて来た。 毎日必死に働き、7年経った今では会社からも業績を認められるようになった。 何度か昇格をして、部下が何人か居る。 重要な仕…

遠足用具(フリー素材)

遠足のおやつ

小学生の頃、母親が入院していた時期があった。 それが俺の遠足の時期と重なってしまい、俺は一人ではおやつも買いに行けず、戸棚に閉まってあった食べかけのお茶菓子などをリュックに詰め込…

夏休みの情景(フリー写真)

バス停の女の子

俺が小学3年生の夏休みの話。 今の今までマジで忘れていた。 小学校の夏休みとか、遊びまくった覚えしかない。 俺は近所の男子と夏休み中、開放されていた学校の校庭で、午後…

妊婦さん(フリー写真)

私の宝物

中学2年生の夏から一年間も入院した。 退院して間もなく高校受験。 高校生になると、下宿生活になった…。 高校を卒業して就職。 田舎を飛び出して、会社の寮に入った…