大好きな芸人

公開日: ちょっと切ない話 | 仕事

公園と夕暮れ(フリー写真)

芸人の江頭さんがとある公園でロケをしていると、公園の隣にある病院から抜け出して来ていた車椅子の女の子がそのロケを見ていた。

ロケが終わり、その車椅子の女の子は江頭さんに

「つまらねーの」

と呟いた。

それを耳にした江頭さんは当然、

「お前、もう一度言ってみろ」

と怒鳴った。

すると車椅子の女の子は、

「だって全然面白くないんだもん」

と呟いた。それを聞いた江頭さんは、

「なら、お前が笑うまで毎日ここでネタを見せてやろうか」

と言った。

そして、断言通り毎日仕事の合間にその公園に行っては、車椅子の女の子にネタを見せ続けたのだ。

しかし車椅子の女の子を笑わせるどころか呆れさせていたのは言うまでもない。

一ヶ月が過ぎた頃、毎日のように散歩に来ていた車椅子の女の子が突然、来なくなってしまった。

次の日も女の子は姿を現さなかった。

そして一週間が過ぎたある日、女の子がふと現れたのだ。

江頭さんはすかさず駆け寄り、いつものくだらないネタを見せた。

しかし、いつもは全く笑ってくれない女の子が初めて少し笑ってくれた。

江頭さんは調子に乗り、下ネタを連発してやった。

女の子は当然、

「それは最低…」

と一言。

そして日も暮れ、江頭さんが

「また、明日も来るから、ちゃんと待ってろよ」

と言うと、女の子は

「勝手に来れば!!」

と言った。

次の日、女の子は公園には訪れなかった。

江頭さんは頭にきて隣の病院へ行き、車椅子の女の子を探した。

担当の看護婦を見つけて事情を尋ねると、女の子の容体が急に悪化して今朝他の病院に運ばれ、昏睡状態だという事を知らされた。

そして、看護婦に女の子の日記を渡された。

そこには『大好きな芸人、江頭』と書かれていた。

十年経った現在でも、月に一度はその公園に来ては花を手向け、一人でネタを披露するそうだ。

関連記事

手を握る(フリー写真)

仲直り

金持ちで顔もまあまあ。 何より明るくて突っ込みが上手く、ボケた方が 「俺、笑いの才能あるんじゃね」 と勘違いするほど(笑)。 彼の周りには常に笑いが絶えなかった…

夕日と花を掴む手(フリー写真)

泣くな

ある日、教室へ行くと座席表が書いてあった。 私の席は廊下側の前から二番目。彼は窓側の一番後ろの席。離れてしまった。 でも同じクラスで本当に良かった。 ※ クラスに馴染ん…

飲食店の席(フリー写真)

ファミレスの父娘

ファミレスで一人ご飯を食べていたら、前のテーブルからおっさんと女子高生の会話が聞こえて来た。 おっさんはスーツ姿で普通の中年。痩せていて、東幹久さんに似た雰囲気。会話の流れから父…

桜(フリー写真)

優しい彼の嘘

私には付き合って一年の彼氏がいました。 その彼氏(Sとします)には持病があり、心臓を患っていました。 一緒にご飯を食べていると胸を押さえて苦しがったり、偶に倒れたり、何度も…

東京ドーム(フリー写真)

野球、ごめんね

幼い頃に父が亡くなり、母は再婚もせずに俺を育ててくれた。 学も無く技術も無かった母は、個人商店の手伝いのような仕事で生計を立てていた。 それでも当時住んでいた土地にはまだ人…

夕焼け(フリー写真)

夕焼けの絵葉書

ふと思い出したのだけど、亡くなってしまった子から絵葉書をもらったことがある。 中学生の時の隣のクラスの女の子で、病気で殆ど学校に来ないまま亡くなってしまった。 うちの学校は…

航空自衛隊の戦闘機(フリー写真)

一生の宝物

航空自衛隊に所属する先輩から聞いた話。 航空自衛隊では覚えることが山ほどあり、毎日24時まで延灯願いを出して勉学に励んでいた。 座学(学課)でも指定の成績を取れないとパイ…

桜(フリー写真)

桜と最後の嘘

僕は良いところなど一つも無いと言って良い程、嫌な人間だった。 ルックスに自信は無く、頭も良くはない。そして、人に平気で嘘を吐く卑怯者。 僕に構う人など誰も居なかった。もちろ…

雨(フリー写真)

真っ直ぐな青年の姿

20年前、私は団地に住んでいました。 夜の20時くらいに会社から帰ると、団地前の公園で雨の中、一人の男の子が傘もささず向かいの団地を見ながら立っていました。 はっきり言って…

手紙(フリー写真)

天国の妻からの手紙

嫁が激しい闘病生活の末、若くして亡くなった。 その5年後、こんな手紙が届いた。 どうやら死期が迫った頃、未来の俺に向けて書いたものみたいだ。 ※ Dear 未来の○○ …