大好きな芸人

公開日: ちょっと切ない話 | 仕事

公園と夕暮れ(フリー写真)

芸人の江頭さんがとある公園でロケをしていると、公園の隣にある病院から抜け出して来ていた車椅子の女の子がそのロケを見ていた。

ロケが終わり、その車椅子の女の子は江頭さんに

「つまらねーの」

と呟いた。

それを耳にした江頭さんは当然、

「お前、もう一度言ってみろ」

と怒鳴った。

すると車椅子の女の子は、

「だって全然面白くないんだもん」

と呟いた。それを聞いた江頭さんは、

「なら、お前が笑うまで毎日ここでネタを見せてやろうか」

と言った。

そして、断言通り毎日仕事の合間にその公園に行っては、車椅子の女の子にネタを見せ続けたのだ。

しかし車椅子の女の子を笑わせるどころか呆れさせていたのは言うまでもない。

一ヶ月が過ぎた頃、毎日のように散歩に来ていた車椅子の女の子が突然、来なくなってしまった。

次の日も女の子は姿を現さなかった。

そして一週間が過ぎたある日、女の子がふと現れたのだ。

江頭さんはすかさず駆け寄り、いつものくだらないネタを見せた。

しかし、いつもは全く笑ってくれない女の子が初めて少し笑ってくれた。

江頭さんは調子に乗り、下ネタを連発してやった。

女の子は当然、

「それは最低…」

と一言。

そして日も暮れ、江頭さんが

「また、明日も来るから、ちゃんと待ってろよ」

と言うと、女の子は

「勝手に来れば!!」

と言った。

次の日、女の子は公園には訪れなかった。

江頭さんは頭にきて隣の病院へ行き、車椅子の女の子を探した。

担当の看護婦を見つけて事情を尋ねると、女の子の容体が急に悪化して今朝他の病院に運ばれ、昏睡状態だという事を知らされた。

そして、看護婦に女の子の日記を渡された。

そこには『大好きな芸人、江頭』と書かれていた。

十年経った現在でも、月に一度はその公園に来ては花を手向け、一人でネタを披露するそうだ。

関連記事

春の路地(フリー写真)

命よりも大切な友達

お前は俺にとって、命よりも大切な友達だ。 小学校2年の時、友達も居なかった俺の誕生日に、プレゼントとしてチョロQを持って来てくれた。 その時の600円というのは、俺達にとっ…

夫婦の手(フリー写真)

空席に座る子

旦那の上司の話です。亡くなったお子さんの話だそうです。 主人の上司のA課長は、病気で子供を失いました。 当時5歳。幼稚園で言えば、年中さんですね。 原因は判りません…

終電(フリー写真)

精一杯の強がり

彼とは中学校からの付き合いでした。 中学校の頃から素直で、趣味などでも一つのことをとことん追求するような奴でした。 中学、高校、大学と一緒の学校に通い、親友と呼べる唯一の友…

桜(フリー写真)

進学を願ってくれた母

僕の家は兄弟三人の母子家庭です。 母子家庭という事もあり、母は何も言わなかったけど家庭は火の車でした。 電気が止まった時も。 ガスが止まった時も。 中学の校納金…

野球のグローブ(フリー写真)

カーブ!

今はお通夜の最中です。兄貴が死にました。 4つ年上の兄貴は40歳の若さで、この世を去りました。胃癌でした。 私の家は母子家庭でした。だから初めて野球を教えてくれたのは、親父…

桜(フリー写真)

地元の友だち

話は遡ること3年前。 桜が開花し始めた頃、俺は自殺を考えていた。 大した理由ではないが、失恋、借金や勤めていた会社が倒産した事が重なり、全てに失望していた。 コミュニ…

婚約指輪(フリー写真)

脳内フィアンセ

もう十年も前の話。 俺が京都の大学生だった頃、男二人、女二人の四人組でいつも一緒に遊んでいた。 そんな俺たちが四回生になり、めでたく全員就職先も決まった。 「もうこう…

夫婦の手(フリー写真)

私は幸せでした

文才が無いため酷い文になると思いますが、少し私の話に付き合ってください。 24歳の時、私は人生のどん底に居ました。 6年間も付き合って婚約までした彼には、私の高校時代の友人…

シャム猫(フリー写真)

父親と猫のミル

家にはもう十年飼っていた猫が居たんだ。 家の前は昔、大きな広場で、その猫はその広場の片隅にある車の中で寝ていた子猫だった。 俺と姉ちゃんでその猫を家の庭まで連れ帰って来ちゃ…

浜辺で手を繋ぐカップル(フリー写真)

彼女の面影

彼女が痴呆になりました。 以前から物忘れが激しかったが、ある日の夜中に突然、昼ご飯と言って料理を始めた。 更に、私は貴方の妹なのと言ったりするので、これは変だと思い病院へ行…