たくましいお兄ちゃん

公開日: 兄弟姉妹 | 悲しい話

兄妹(フリー写真)

親戚にとても仲の良い幼い兄妹が居た。

兄は3才の康介ちゃんで、妹は2才の愛ちゃん。

当時21歳だった俺にとっても、可愛くてたまらない子供達だった。

しかしある年末、愛ちゃんがトラックに轢かれて亡くなった。

その愛ちゃんの家族や親戚はもちろん泣いていた。

俺はあまりにも急過ぎて実感が湧かなかった。

そして愛ちゃんの兄、康介ちゃんも泣いていなかった。

まだ3才だから、きっと何が起きたか解らないのだろうと思っていた。

そして火葬の前、棺桶に眠っている愛ちゃんを見られる最後の時。

みんなが最後のお別れをしている中、一人違う所へ走って行く小さな姿があった。

俺は多分康介ちゃんだろうと思い追い掛けた。すると康介ちゃんは泣いていた。

大泣きじゃない、必死に涙を堪えようとしていた。

それでも涙が出て来ていた。俺は間違いに気付いた。

康介ちゃんは、愛ちゃんが死んだ事が解らずに泣いていなかった訳ではない。

妹の前では立派でたくましいお兄ちゃんでありたいと思い、涙を堪えていたのだと。

そう理解した俺も涙が出て来た。3才の康介ちゃんの心情を思うと、本当に悲しかった。

俺は泣いている康介ちゃんの手を引っ張り、愛ちゃんの所へ連れて行った。

康介ちゃんは愛ちゃんの顔を見るなり、ついに大泣きし始めた。

「愛ちゃん行っちゃだめだよ!」

と連呼していた。

俺を含む大人達には、その言葉があまりにも胸に突き刺さった。

小さな体の康介ちゃんと愛ちゃんだけど、二人の間には大きな絆があったのだろうと思う。

カップル(フリー写真)

書けなかった婚姻届

彼女とはバイト先で知り合った。 彼女の方が年上で、入った時から気にはなっていた。 「付き合ってる人は居ないの?」 「居ないよ…彼氏は欲しいんだけど」 「じゃあ俺…

夕日(フリー写真)

戦時中のパラオにて

遠い南の島に、日本の歌を歌う老人が居た。 「あそこでみんな、死んで行ったんだ…」 沖に浮かぶ島を指差しながら、老人は呟いた。 ※ 太平洋戦争の時、その島には日本軍が進駐…

子供の寝顔(フリー写真)

お豆の煮方

交通安全週間のある日、母から二枚のプリントを渡されました。 そのプリントには交通事故についての注意などが書いてあり、その中には実際にあった話が書いてありました。 それは交通…

沖縄の夕暮れ(フリー写真)

立派な将校さん

戦時中の沖縄での事です。 当時12歳だった叔父さんは、自然の洞穴を利用して作られた壕の中に居た。 他の住民や、部隊からはぐれた大怪我を負った兵隊たちも隠れていた。 息…

繋がれた手(フリー写真)

彼との最後の夜

一年間、同棲していた彼が他界した。 大喧嘩をした日、交通事故に遭ったのだ。 本当に突然の出来事だった。 ※ その日は付き合って三年目の記念すべき夜だった。 しかし…

恋人(フリー写真)

彼からの手紙

幼稚園から一緒だった幼馴染の男の子が居た。 私は今でも憶えている。 彼に恋した日のことを。 ※ 幼稚園で意味もなく友達に責められている時に唯一、私の側に居てくれて、ギュ…

月(フリー写真)

月に願いを

俺は今までに三度神頼みをしたことがあった。 一度目は俺が七歳で両親が離婚し、父方の祖父母に預けられていた時。 祖父母はとても厳しく、おまけに 「お前なんて生まれて来な…

妊婦さんのお腹(フリー写真)

母子手帳

今年の6月に母が亡くなった。火事だった。 同居していた父親は外出していて、弟は無事に逃げる事が出来たのだけど、母親は煙に巻かれて既に駄目だった。 自分は違う地方に住んでいた…

赤ちゃんの手を握る母の手

最後の親孝行に

無職、片桐康晴被告は、京都市伏見区桂川河川敷で2006年2月1日、認知症の母親の介護で生活苦に陥り、母親を殺害し自身も無理心中を図った。 その事件の初公判は19日に行われた。 …

兄弟(フリー写真)

最強最高の兄ちゃん

両親は俺が中学2年生の時、交通事故で死んだ。 俺には4つ上の兄と、5つ下の妹が居る。 両親の死後、俺は母方の親戚に、妹は父方に引き取られて、兄は母方の祖父母と住んでいた。 …