たくましいお兄ちゃん

公開日: 兄弟姉妹 | 悲しい話

兄妹(フリー写真)

親戚にとても仲の良い幼い兄妹が居た。

兄は3才の康介ちゃんで、妹は2才の愛ちゃん。

当時21歳だった俺にとっても、可愛くてたまらない子供達だった。

しかしある年末、愛ちゃんがトラックに轢かれて亡くなった。

その愛ちゃんの家族や親戚はもちろん泣いていた。

俺はあまりにも急過ぎて実感が湧かなかった。

そして愛ちゃんの兄、康介ちゃんも泣いていなかった。

まだ3才だから、きっと何が起きたか解らないのだろうと思っていた。

そして火葬の前、棺桶に眠っている愛ちゃんを見られる最後の時。

みんなが最後のお別れをしている中、一人違う所へ走って行く小さな姿があった。

俺は多分康介ちゃんだろうと思い追い掛けた。すると康介ちゃんは泣いていた。

大泣きじゃない、必死に涙を堪えようとしていた。

それでも涙が出て来ていた。俺は間違いに気付いた。

康介ちゃんは、愛ちゃんが死んだ事が解らずに泣いていなかった訳ではない。

妹の前では立派でたくましいお兄ちゃんでありたいと思い、涙を堪えていたのだと。

そう理解した俺も涙が出て来た。3才の康介ちゃんの心情を思うと、本当に悲しかった。

俺は泣いている康介ちゃんの手を引っ張り、愛ちゃんの所へ連れて行った。

康介ちゃんは愛ちゃんの顔を見るなり、ついに大泣きし始めた。

「愛ちゃん行っちゃだめだよ!」

と連呼していた。

俺を含む大人達には、その言葉があまりにも胸に突き刺さった。

小さな体の康介ちゃんと愛ちゃんだけど、二人の間には大きな絆があったのだろうと思う。

親子(フリー写真)

娘が好きだったハム太郎

娘が六歳で死んだ。 ある日突然、風呂に入れている最中に意識を失った。 直接の死因は心臓発作なのだが、持病の無い子だったので病院も不審に思ったらしく、俺は警察の事情聴取まで受…

ポメラニアン(フリー写真)

天国のチロル

家で飼っていた犬の話。 私が中学生の頃、保健所に入れられそうになっていた4歳の雌のポメラニアンを引き取った。 名前は、前の飼い主が付けたらしい『チロル』。 チロルは本…

母の手を握る赤子(フリー写真)

母の想い

彼は幼い頃に母親を亡くし、父親と祖母と暮らしていました。 17歳の時、急性骨髄性白血病にかかってしまい、本人すら死を覚悟していましたが、骨髄移植のドナーが運良く見つかり死の淵から…

公園(フリーイラスト)

友達の大切さ

幼稚園の頃から仲が良かった親友が居た。 俺たちはいつも4人で遊んでいた。 どんな時も、一緒に遊んでいた。 彼女についての相談をしたり馬鹿言ったり、喧嘩したり。 …

カラオケのマイク(フリー写真)

お金以上のもの

パパ、ママ、小学生の三姉妹の仲良し五人家族。 ある日、ママが交通事故で亡くなってしまいました。 慣れない家事にお父さんも奮闘。 タマゴ焼きを焦がしたり、洗濯物を皺だら…

犬(フリー写真)

サチへ

前の飼い主の都合で初めて我が家に来た夜、お前は不安でずっと鳴いていたね。 最初、お前が我が家に慣れてくれるか心配だったけど、少しずつ心を開いてくれたね。 小学生の時、空き地…

親子の手(フリー写真)

親父の思い出

ある日、おふくろから一本の電話があった。 「お父さんが…死んでたって…」 死んだじゃなくて、死んでた? 親父とおふくろは俺が小さい頃に離婚していて、まともに会話すらし…

零戦(フリー写真)

特攻隊の父の願い

素子、素子は私の顔をよく見て笑ひましたよ。 私の腕の中で眠りもしたし、またお風呂に入ったこともありました。 素子が大きくなって私のことが知りたい時は、お前のお母さん、住代…

恋人同士(フリー写真)

抱き締められなかった背中

私が中学生の時の話です。 当時、私には恋人のような人が居た。 『ような』というのは、付き合う約束はしていたけど、まだ付き合い始めていない状況だったため。 子供ながらに…

アイスクリーム(フリー写真)

アイスクリーム

中学3年生の頃、母が死んだ。 俺が殺したも同然だった…。 ※ あの日、俺が楽しみに取ってあったアイスクリームを、母が弟に食べさせてしまった。 学校から帰り冷凍…