たくましいお兄ちゃん

公開日: 兄弟姉妹 | 悲しい話

兄妹(フリー写真)

親戚にとても仲の良い幼い兄妹が居た。

兄は3才の康介ちゃんで、妹は2才の愛ちゃん。

当時21歳だった俺にとっても、可愛くてたまらない子供達だった。

しかしある年末、愛ちゃんがトラックに轢かれて亡くなった。

その愛ちゃんの家族や親戚はもちろん泣いていた。

俺はあまりにも急過ぎて実感が湧かなかった。

そして愛ちゃんの兄、康介ちゃんも泣いていなかった。

まだ3才だから、きっと何が起きたか解らないのだろうと思っていた。

そして火葬の前、棺桶に眠っている愛ちゃんを見られる最後の時。

みんなが最後のお別れをしている中、一人違う所へ走って行く小さな姿があった。

俺は多分康介ちゃんだろうと思い追い掛けた。すると康介ちゃんは泣いていた。

大泣きじゃない、必死に涙を堪えようとしていた。

それでも涙が出て来ていた。俺は間違いに気付いた。

康介ちゃんは、愛ちゃんが死んだ事が解らずに泣いていなかった訳ではない。

妹の前では立派でたくましいお兄ちゃんでありたいと思い、涙を堪えていたのだと。

そう理解した俺も涙が出て来た。3才の康介ちゃんの心情を思うと、本当に悲しかった。

俺は泣いている康介ちゃんの手を引っ張り、愛ちゃんの所へ連れて行った。

康介ちゃんは愛ちゃんの顔を見るなり、ついに大泣きし始めた。

「愛ちゃん行っちゃだめだよ!」

と連呼していた。

俺を含む大人達には、その言葉があまりにも胸に突き刺さった。

小さな体の康介ちゃんと愛ちゃんだけど、二人の間には大きな絆があったのだろうと思う。

空(フリー写真)

見守ってくれた兄

我が家の仏壇には、他より一回り小さな位牌があった。 両親に聞いた話では、生まれる前に流産してしまった俺の兄のものだという。 両親はその子に名前(A)を付け、事ある毎に …

恋人(フリー写真)

彼からの手紙

幼稚園から一緒だった幼馴染の男の子が居た。 私は今でも憶えている。 彼に恋した日のことを。 ※ 幼稚園で意味もなく友達に責められている時に唯一、私の側に居てくれて、ギュ…

親子の後ろ姿(フリー写真)

育ての親

私には、お母さんが二人居た。 一人は、私に生きるチャンスを与えてくれた。 もう一人は……。 ※ 私の17歳の誕生日に、母が継母であることを聞かされた。 私を生んで…

日記帳(フリー写真)

彼の遺した日記

2年間、付き合っていた彼に振られました。 それはもう、最後は彼が言ったとは思えないほどの酷い言葉で。 どんなにまだ好きだと言っても復縁は叶わず、音信不通になってしまいました…

恋人(フリー写真)

一番大切な人

当時21歳の私と倫子は、その日ちょっとしたことで喧嘩をしてしまった。 明らかに私が悪い理由で。 普段なら隣同士で寝るのに、この日は一つの部屋で少し離れて寝た。 ※ 19…

裁縫(フリー写真)

妹に作った妖精衣装

俺には妹が居るんだが、これが何と10歳も年が離れている。 しかも俺が13歳、妹が3歳の時に母親が死んでしまったので、俺が母親代わり(父親は生きているから)みたいなものだった。 …

空(フリー写真)

日航機墜落事故

この事故は、単独事故としては世界で一番大きな事故。 乗客は524人。生存者はたったの4人。 飛行機の横に付いている翼は宙に浮くため、上にある翼は方向を決めるためにある。 …

手を繋ぎ歩く子供(フリー写真)

身近な人を大切に

3歳ぐらいの時から毎日のように遊んでくれた、一個上のお兄ちゃんが居た。 成績優秀でスポーツ万能。しかも超優しい。 一人っ子の俺にとっては、本当にお兄ちゃんみたいな存在だった…

親子(フリー写真)

娘が好きだったハム太郎

娘が六歳で死んだ。 ある日突然、風呂に入れている最中に意識を失った。 直接の死因は心臓発作なのだが、持病の無い子だったので病院も不審に思ったらしく、俺は警察の事情聴取まで受…

阪神・淡路大震災(フリー写真)

色褪せたミニ四駆

小学4年生の時の1月15日、連休最初の日だったかな。 いつものメンバー5人で、俺の住んでいたマンションで遊んでいた。 当時はミニ四駆を廊下で走らせ、騒いでは管理人さんによく…