子犬を買いに来た男の子

公開日: ペット | 心温まる話 |

子犬(フリー写真)

あるペットショップの店頭に『子犬セール中!』の札が掛けられました。

子犬と聞くと子供はとても心をそそられるものです。

暫くするとやはり、男の子が店に入って来ました。

「おじさん、子犬っていくらするの?」

「そうだな、30ドルから50ドルってところだね」

男の子はポケットから小銭を取り出して言いました。

「僕、2ドルと37セントしかないんだ。でも見せてくれる?」

店のオーナーは思わず微笑むと、奥に向かってピィーと口笛を吹きました。

すると、毛がふかふかで丸々と太った子犬が五匹、店員の奥から転がるように出て来たのです。

ところが一匹だけ、足を引き摺りながら一生懸命付いて来る子犬が居るではありませんか。

「おじさん、あの子犬はどうしたの?」

と男の子は聞きました。

「獣医さんに見てもらったら、生まれつき足が悪くて、多分一生治らないって言われたんだよ」

と店のオーナーは答えました。

ところがそれを聞いた男の子の顔が輝き始めました。

「僕、この子犬がいい。おじさん、この子犬を売って!」

「坊や、よした方がいいよ。そりゃあ、もしどうしてもって言うのなら、タダであげるよ。どうせ売れる訳ないから」

と店のオーナーが言うと、男の子は怒ったように睨み付けました。

「タダでなんかいらないよ。おじさん、この犬のどこが他の犬と違うって言うの?

他の犬と同じ値段で買うよ。今2ドル50セント払って、残りは毎月50セントずつ払うから」

その言葉を遮るように店のオーナーは言いました。

「だってこの子犬は、普通の犬みたいに走ったりジャンプしたり出来ないから、坊やと一緒に遊べないんだよ」

そう聞いた男の子は、ズボンの裾を捲り上げました。

捻れたように曲がった左足には、大きな金属製のギブスが填められていました。

男の子はオーナーを見上げて、優しい声で言いました。

「きっとこの子犬は、自分の気持ちを解ってくれる友達が欲しいと思うんだ」

可愛い犬(フリー写真)

ボロという犬の話

小学3年生の時、親父が仕事帰りに雑種の小犬を拾って来た。 黒くて目がまん丸で、コロコロとした可愛い奴。 でも野良なので、小汚くて毛がボロボロに抜けていた。 そんな風貌…

手を繋ぐ母と娘(フリー写真)

最高のママ

もう十年も前の話。 妻が他界して一年が経った頃、当時八歳の娘と三歳の息子がいた。 妻がいなくなったことをまだ理解出来ないでいる息子に対し、私はどう接してやれば良いのか、父親…

ベース(フリー写真)

やりたいこと頑張りなさい

三年前のある日、両親が離婚。俺と弟が母さんに付いて行きました。 母さんは今まで専業主婦だったから、仕事なんて全然出来ない。 パートを始めるも、一ヶ月も経たない内に退職の繰り…

空(フリー写真)

お盆のある日

私には4年前、赤ちゃんの時に亡くなった子どもがいました。 昨年の8月のお盆のある時、上の娘が空を見上げて 「お母さん、空見てみて。ほら、空の雲の間に光っているところあるで…

航空自衛隊の戦闘機(フリー写真)

一生の宝物

航空自衛隊に所属する先輩から聞いた話。 航空自衛隊では覚えることが山ほどあり、毎日24時まで延灯願いを出して勉学に励んでいた。 座学(学課)でも指定の成績を取れないとパイ…

ローカル電車(フリー写真)

特別な千円札

学生時代、貧乏旅行をした。 帰途、寝台列車の切符を買ったら残金が80円! もう丸一日、何も食べていない。 家に着くのは約36時間後…。 空腹をどうやり過ごすか考…

差し伸べる手(フリー写真)

俺を育ててくれた兄貴

俺を育ててくれた兄貴が正月に結婚したんだ。 兄貴と言っても、血は繋がっていないけれど。 ※ 自分が5歳の時に親父が死んでから、母親が女手一つで育ててくれた。 親父と結婚…

空(フリー写真)

見守ってくれた兄

我が家の仏壇には、他より一回り小さな位牌があった。 両親に聞いた話では、生まれる前に流産してしまった俺の兄のものだという。 両親はその子に名前(A)を付け、事ある毎に …

女子中学生(フリー写真)

中学生の時の娘の友達

今から8年前の話です。 現在21歳になった娘ですが、中学校時代の男友達が良い人過ぎて感動しました。 娘は自閉症などの障害を持っており、小学校の時は授業で当てられても話せな…

柴犬(フリー写真)

おばあちゃんと柴犬

昔の話だが、近所に旦那さんに先立たれ、独り暮らしをしているお婆ちゃんが居た。 お婆ちゃんは室内で柴犬を飼っていた。 嫁いだ娘さんや孫たちがしょっちゅう様子を見に来ていたから…