子犬を買いに来た男の子

公開日: ペット | 心温まる話 |

子犬(フリー写真)

あるペットショップの店頭に『子犬セール中!』の札が掛けられました。

子犬と聞くと子供はとても心をそそられるものです。

暫くするとやはり、男の子が店に入って来ました。

「おじさん、子犬っていくらするの?」

「そうだな、30ドルから50ドルってところだね」

男の子はポケットから小銭を取り出して言いました。

「僕、2ドルと37セントしかないんだ。でも見せてくれる?」

店のオーナーは思わず微笑むと、奥に向かってピィーと口笛を吹きました。

すると、毛がふかふかで丸々と太った子犬が五匹、店員の奥から転がるように出て来たのです。

ところが一匹だけ、足を引き摺りながら一生懸命付いて来る子犬が居るではありませんか。

「おじさん、あの子犬はどうしたの?」

と男の子は聞きました。

「獣医さんに見てもらったら、生まれつき足が悪くて、多分一生治らないって言われたんだよ」

と店のオーナーは答えました。

ところがそれを聞いた男の子の顔が輝き始めました。

「僕、この子犬がいい。おじさん、この子犬を売って!」

「坊や、よした方がいいよ。そりゃあ、もしどうしてもって言うのなら、タダであげるよ。どうせ売れる訳ないから」

と店のオーナーが言うと、男の子は怒ったように睨み付けました。

「タダでなんかいらないよ。おじさん、この犬のどこが他の犬と違うって言うの?

他の犬と同じ値段で買うよ。今2ドル50セント払って、残りは毎月50セントずつ払うから」

その言葉を遮るように店のオーナーは言いました。

「だってこの子犬は、普通の犬みたいに走ったりジャンプしたり出来ないから、坊やと一緒に遊べないんだよ」

そう聞いた男の子は、ズボンの裾を捲り上げました。

捻れたように曲がった左足には、大きな金属製のギブスが填められていました。

男の子はオーナーを見上げて、優しい声で言いました。

「きっとこの子犬は、自分の気持ちを解ってくれる友達が欲しいと思うんだ」

関連記事

学校(フリー写真)

学生時代の思い出

俺が中学生の時の話。 当時はとにかく運動部の奴がモテた。 中でも成績が優秀な奴が集まっていたのがバスケ部だった。 気が弱くて肥満体の俺は、クラス替え当日から、バスケ部…

桜(フリー写真)

天国のお父さんへ

幼くして父親を亡くした女の子が、小学校に入学する頃のことでした。 周りの子はみんな、親から買ってもらった赤いランドセルを背負って通学していました。 しかし、その子の家庭は幼…

太陽(フリー写真)

一身独立

私が小さな建築関係のメーカーの担当営業をしていた頃の話です。 私の担当区域には、小さな個人商店がありました。 先代の社長を亡くし、若くして社長になった社長には二人の男の子が…

可愛い犬(フリー写真)

ボロという犬の話

小学3年生の時、親父が仕事帰りに雑種の小犬を拾って来た。 黒くて目がまん丸で、コロコロとした可愛い奴。 でも野良なので、小汚くて毛がボロボロに抜けていた。 そんな風貌…

夕日(フリー写真)

戦時中のパラオにて

遠い南の島に、日本の歌を歌う老人が居た。 「あそこでみんな、死んで行ったんだ…」 沖に浮かぶ島を指差しながら、老人は呟いた。 ※ 太平洋戦争の時、その島には日本軍が進駐…

親子の手(フリー写真)

自慢の息子

これを書いている私は今、38歳の会社員です。 私は30歳の時にうつ病を患いました。 父が自殺、その後、高校の同級生である友人が自殺。 仕事は忙しく、三ヶ月休みが無い…

花嫁(フリー写真)

生きているうちに

大学生の時、友人Aちゃんは彼氏B君と同棲していました。 二人ともまだ学生だったため、両親から 「交際は許すが結婚はまだまだ先の事。責任を持った交際をすること(避妊をしっかり…

裁縫(フリー写真)

妹に作った妖精衣装

俺には妹が居るんだが、これが何と10歳も年が離れている。 しかも俺が13歳、妹が3歳の時に母親が死んでしまったので、俺が母親代わり(父親は生きているから)みたいなものだった。 …

倉庫(フリー写真)

おじさんとの約束

数年前の話です。 僕が大学生の頃、日雇いのアルバイトをしていました。 事務所に電話で翌日のアルバイトの予約をして、現場に行って働いていました。 主にやっていた仕事は…

クリスマスプレゼント(フリー写真)

沢山のキッス

クリスマスが近付いた時期の話です。 彼は三才の娘が包装紙を何枚も無駄にしたため、彼女を厳しく叱りました。 貧しい生活を送っていたのに、その子はクリスマスプレゼントを包むため…