母の持つ愛情

公開日: ちょっと切ない話 | 家族 | 恋愛 |

カップルの足(フリー写真)

当時の俺は大学一年、彼女は大学四年。忘れもしない三年前の出来事。

大学に入ってすぐ、俺は軟式野球のサークルに入った。

サークルのマネージャーの中に彼女が居た。

一目惚れをし、告白した。

振られ続けたが五回目にオーケーしてくれた。

しかし彼女の実家は地方にあり、卒業と同時に地元に帰ると言っていた。

3月まで普通のデートをしていたが、彼女は実家に帰ってしまった。

そして4月にある出来事があり、大学を辞めて働き始めた。

その頃はお互いの地元を行ったり来たりして、遠距離だがそれなりに幸せに過ごしていた。

昨年の夏に、初めて俺の母親に会わせた。

俺は幼少期に両親からネグレクト、虐待などを受けていて、父方の祖父母の家庭で育てられている。

彼女は俺の母親と一言、二言しか話す事もなく、その時は帰って行った。

俺の母親は、

「あの子はちょっと、苦手。全く話さない」

などと俺に話していたが、俺は、

「俺はこの人しかいないって思ってるし、別にオカンがどう思っていようが、俺の自由。

俺はいいけど、そう言う思いがあるならもう会わないし、今すぐ彼女に謝れ」

と言った。

彼女とは喧嘩も沢山していて、その度に仲直りをしていたが、昨年の秋に彼女から突然振られた。

飲み会で遅くなり、連絡もしなかった事もあるが、彼女は両親に、

「虐待を受けて来た子は、将来結婚をして子供を授かれば虐待をするから、○○(俺)とは離れなさい。それに育ちが悪いし、言葉遣いも悪い」

と言われたから別れると言った。

育ちが悪い事と言葉遣いが悪い事は自覚しているが、俺は産んでくれた両親には凄く感謝しているし、虐待を受けて来たからこそ今があるのだと、そう誇りに思っていた。

だが、虐待を受けて来た子は将来虐待をするというところが凄く引っかかり、悩んだ。

確かに俺の母親も、幼少期に同じような虐待を受けて来ていた。

でも、今は俺にして来た事を凄く後悔していた。

俺はいつも、

「確かに昔は恨んだけど、今は虐待を受けて来ていたからこそ、将来の夢が見つかった。感謝しているよ」

と言っていた。

しかしこれからの事を一番見ていて欲しい人に虐待の事を言われ、傷つき、別れた。

俺には妹が居て、妹と彼女は凄く仲が良かったので、別れた事を告げて理由を話した。

妹は母親にこの事を話し、母は彼女の連絡先を妹から聞いて連絡を取った。

「○○の事なんだけど、私は別れる別れないとかじゃなくて、あの子には、辛い思いを沢山させて来た。だけど、今を頑張って生きている。

それに、あの子はあの子なりにあなたの事を大切に想っていたんだよ。

私があなたを苦手だとあの子に言った時、あの子は俺が良ければそれで良い、あなたに謝れと言ったのに、あなたは両親に言われたから別れるの? あの子に失礼じゃない?」

と、泣きながら彼女に電話をしたらしい。

彼女は泣きながら、それを聞き終えると、俺に

「ごめんなさい」

とだけ連絡して来て、そのまま別れた。

その時に、俺は産んでもらった感謝だけではなく、ちゃんと俺を愛してくれていたのだと愛情を感じ、母親に感謝をした。

昨日、元彼女から久しぶりに連絡があり、思い出したので書きました。

婚約指輪(フリー写真)

例外の入籍手続き

彼は肺がんで入院していて、余命宣告されていました。 本人は退院後の仕事の予定も入れ、これからの人生に気力を振り絞っていました。 私と彼は半同棲状態、彼はバツイチ、そして大分…

夫婦の重ねる手(フリー写真)

妻からの初メール

不倫していた。 4年間も妻を裏切り続けていた。 ネットで出会った彼女。 最初は軽い気持ちで逢い、次第にお互いの身体に溺れて行った。 ずる賢く立ち回ったこともあり…

ベース(フリー写真)

やりたいこと頑張りなさい

三年前のある日、両親が離婚。俺と弟が母さんに付いて行きました。 母さんは今まで専業主婦だったから、仕事なんて全然出来ない。 パートを始めるも、一ヶ月も経たない内に退職の繰り…

春の路地(フリー写真)

命よりも大切な友達

お前は俺にとって、命よりも大切な友達だ。 小学校2年の時、友達も居なかった俺の誕生日に、プレゼントとしてチョロQを持って来てくれた。 その時の600円というのは、俺達にとっ…

父の日のプレゼント(フリー写真)

見知らぬおじさん

私には妻が居たが、一人娘が1歳と2ヶ月の時、離婚することになった。 酒癖の悪かった私は暴力を振るうこともあり、幼い娘に危害が及ぼすことを恐れた妻が、子供を守るために選んだ道だった…

花(フリー写真)

綺麗なお弁当

遠足の日、お昼ご飯の時間になり、担任の先生が子供たちの様子を見回って歩いていた時のことです。 向こうの方でとても鮮やかなものが目に入って来ました。 何だろうと思い近寄って見…

遠足用具(フリー素材)

遠足のおやつ

小学生の頃、母親が入院していた時期があった。 それが俺の遠足の時期と重なってしまい、俺は一人ではおやつも買いに行けず、戸棚に閉まってあった食べかけのお茶菓子などをリュックに詰め込…

家族の影(フリー写真)

家族で笑った思い出

数年前に、実家の一家の大黒柱である父が倒れた。 脳梗塞で、一命は取り留めたものの麻痺が残ってしまった。 母は親戚(成年後見人)に上手いことを言われて離婚させられた。 …

母に渡す花(フリー写真)

お母さんの看病がしたいよ

19歳の頃、癌で入院中のお母さんに、泊り込みで付き添っていた。 その頃、私は予備校に行っていた。 お母さんが 「看護婦さんになって欲しい」 と言ったから、一つく…

赤い薔薇(フリー写真)

赤い薔薇の花束

数年前にお父さんが還暦を迎えた時、家族4人で食事に出掛けた。 その時はお兄ちゃんが全員分の支払いをしてくれた。 普段着ではなく、全員が少しかしこまっていて照れくさい気もした…