母の持つ愛情

公開日: ちょっと切ない話 | 家族 | 恋愛 |

カップルの足(フリー写真)

当時の俺は大学一年、彼女は大学四年。忘れもしない三年前の出来事。

大学に入ってすぐ、俺は軟式野球のサークルに入った。

サークルのマネージャーの中に彼女が居た。

一目惚れをし、告白した。

振られ続けたが五回目にオーケーしてくれた。

しかし彼女の実家は地方にあり、卒業と同時に地元に帰ると言っていた。

3月まで普通のデートをしていたが、彼女は実家に帰ってしまった。

そして4月にある出来事があり、大学を辞めて働き始めた。

その頃はお互いの地元を行ったり来たりして、遠距離だがそれなりに幸せに過ごしていた。

昨年の夏に、初めて俺の母親に会わせた。

俺は幼少期に両親からネグレクト、虐待などを受けていて、父方の祖父母の家庭で育てられている。

彼女は俺の母親と一言、二言しか話す事もなく、その時は帰って行った。

俺の母親は、

「あの子はちょっと、苦手。全く話さない」

などと俺に話していたが、俺は、

「俺はこの人しかいないって思ってるし、別にオカンがどう思っていようが、俺の自由。

俺はいいけど、そう言う思いがあるならもう会わないし、今すぐ彼女に謝れ」

と言った。

彼女とは喧嘩も沢山していて、その度に仲直りをしていたが、昨年の秋に彼女から突然振られた。

飲み会で遅くなり、連絡もしなかった事もあるが、彼女は両親に、

「虐待を受けて来た子は、将来結婚をして子供を授かれば虐待をするから、○○(俺)とは離れなさい。それに育ちが悪いし、言葉遣いも悪い」

と言われたから別れると言った。

育ちが悪い事と言葉遣いが悪い事は自覚しているが、俺は産んでくれた両親には凄く感謝しているし、虐待を受けて来たからこそ今があるのだと、そう誇りに思っていた。

だが、虐待を受けて来た子は将来虐待をするというところが凄く引っかかり、悩んだ。

確かに俺の母親も、幼少期に同じような虐待を受けて来ていた。

でも、今は俺にして来た事を凄く後悔していた。

俺はいつも、

「確かに昔は恨んだけど、今は虐待を受けて来ていたからこそ、将来の夢が見つかった。感謝しているよ」

と言っていた。

しかしこれからの事を一番見ていて欲しい人に虐待の事を言われ、傷つき、別れた。

俺には妹が居て、妹と彼女は凄く仲が良かったので、別れた事を告げて理由を話した。

妹は母親にこの事を話し、母は彼女の連絡先を妹から聞いて連絡を取った。

「○○の事なんだけど、私は別れる別れないとかじゃなくて、あの子には、辛い思いを沢山させて来た。だけど、今を頑張って生きている。

それに、あの子はあの子なりにあなたの事を大切に想っていたんだよ。

私があなたを苦手だとあの子に言った時、あの子は俺が良ければそれで良い、あなたに謝れと言ったのに、あなたは両親に言われたから別れるの? あの子に失礼じゃない?」

と、泣きながら彼女に電話をしたらしい。

彼女は泣きながら、それを聞き終えると、俺に

「ごめんなさい」

とだけ連絡して来て、そのまま別れた。

その時に、俺は産んでもらった感謝だけではなく、ちゃんと俺を愛してくれていたのだと愛情を感じ、母親に感謝をした。

昨日、元彼女から久しぶりに連絡があり、思い出したので書きました。

関連記事

親子の後ろ姿(フリー写真)

育ての親

私には、お母さんが二人居た。 一人は、私に生きるチャンスを与えてくれた。 もう一人は……。 ※ 私の17歳の誕生日に、母が継母であることを聞かされた。 私を生んで…

空(フリー写真)

生まれつき

私は生まれつき足に大きな痣があり、それが自分自身でも大嫌いでした。 更に小学生の頃、不注意からやかんの熱湯をひっくり返してしまい、両足に酷い火傷を負ってしまいました。 それ…

白打掛(フリー写真)

両親から受けた愛情

先天性で障害のある足で生まれた私。 まだ一才を過ぎたばかりの私が、治療で下半身全部がギプスに。 その晩、痛くて外したがり、火の点いたように泣いたらしい。 泣き疲れてや…

赤ちゃんの足を持つ手(フリー写真)

ママの最後の魔法

サキちゃんのママは重い病気と闘っていたが、死期を悟ってパパを枕元に呼んだ。 その時、サキちゃんはまだ2歳だった。 「あなた、サキのためにビデオを3本残します。 このビ…

父と娘(フリー写真)

娘の望み

彼は今日も仕事で疲れ切って、夜遅くに帰宅した。 すると、彼の5歳になる娘がドアの所で待っていたのである。 彼は驚いて言った。 父「まだ起きていたのか。もう遅いから早く…

浜辺で手を繋ぐカップル(フリー写真)

彼女の面影

彼女が痴呆になりました。 以前から物忘れが激しかったが、ある日の夜中に突然、昼ご飯と言って料理を始めた。 更に、私は貴方の妹なのと言ったりするので、これは変だと思い病院へ行…

クリスマスプレゼント(フリー写真)

沢山のキッス

クリスマスが近付いた時期の話です。 彼は三才の娘が包装紙を何枚も無駄にしたため、彼女を厳しく叱りました。 貧しい生活を送っていたのに、その子はクリスマスプレゼントを包むため…

お手玉(フリー写真)

私のこと忘れないでね

遠い昔、私が小学4年生の頃の話です。 当時の僕は人見知りで臆病で、積極的に話しかけたりするのが出来ない性格でした。 休み時間、みんなは外に出て遊んでいても、僕は教室の椅子…

進学祝い(フリー写真)

金ピカの時計

大学が決まり、一人暮らしを始める前日の日の事。 親父が時計をくれた。 金ピカの趣味の悪そうな時計だった。 「金に困ったら質に入れろ。多少、金にはなるだろうから」 …

夕焼け(フリー素材)

大きな下り坂

夏休みに自転車でどこまで行けるかと小旅行。計画も、地図も、お金も、何も持たずに。 国道をただひたすら進んでいた。途中に大きな下り坂があって、自転車はひとりでに進む。 ペダル…