おばあちゃんが注いだ愛情

公開日: 心温まる話

お年寄りの手(フリー写真)

こどもの発達がちょっとゆっくりで、保健センターに通っている。

そこの母子教室の最中、おばあちゃんと男の子が二人、迷い込んで来た。

「すみません、里親会の集まりの会場はここでしょうか?」

トイレに行く時に貼り紙を見たので、

「それなら、上の階の○○室ですよ」

と教えてあげた。

おばあちゃんは頭を下げながら、男の子達の手をしっかり握って去って行った。

でも○○室が引っ込んだ所にあって判り辛いことを思い出し、案内した方が良いかなと思って、子供を先生に預けて追い掛けた。

その時、前方から聞こえて来た漫画のような会話。

小さな男の子「さっきのが『おかあさん?』」

大きな男の子「うん、あんな感じ。でも僕らのおかあさんはおばあちゃんだから!

君と僕が違う所で生まれても兄弟であることみたいに、本当のお母さんでなくても、おばあちゃんがおかあさんだから」

小さな男の子「うん、綺麗なおかあさんたちより、おばあちゃんが一番優しいね、きっと」

おばあちゃんはただただ交互に男の子二人に微笑みかけていた。

その笑顔は本当に優しく、このおばあちゃんがこの男の子達にどれだけの愛情を注いでいるのか伝わって来て、何だか泣きたくなった。

ブリキのおもちゃ(フリー写真)

欲しかったオモチャ

俺がまだ小学生だった頃。 どうしても欲しかったオモチャを万引きしたら見つかって、それはもう親にビンタされるは怒鳴られるはで大変だった。 それから暫らくして俺の誕生日が来た…

クレヨンで描いたハート(フリー写真)

姉の思いやり

当時4歳の長女が、幼稚園の行事の参加記念品で箱に入ったクレヨンのセットを貰って来た。 ところが、事もあろうにその日の夕方、見事に全部折っちゃった。 当然、うちの嫁は激怒。叱…

駄菓子屋(フリー写真)

駄菓子屋に集結したヒーロー

近所に古い駄菓子屋がある。 経営しているのは、お婆ちゃん一人だけ(お爺ちゃんは5年程前に病気で亡くなってしまった)。 いつもニコニコしていて、とても優しいお婆ちゃんで、お金…

レストラン(フリー写真)

父の気持ち

某信用金庫に勤める二十歳の女性が、初月給を親のために使って喜んでもらおうと、両親をレストランに招待しました。 お母さんは前日から美容院へセットに行ったりして大喜び。 ところ…

カップル(フリー写真)

二人の幸せ

私は現在20歳です。 今付き合っている彼氏とは、去年の夏にナンパされて知り合った。 彼氏の見た目はいわゆるチャラ男で、それなりに遊んでいる感じ。 絶対好きになんてなら…

手編みのマフラー(フリー写真)

オカンがしてくれたこと

俺の家は貧乏だった。 運動会の日も授業参観の日さえも、オカンは働きに行っていた。 そんな家だった。 ※ そんな俺の15歳の誕生日。 オカンが顔に微笑みを浮かべて、…

エルトゥールル号遭難慰霊碑

エルトゥールル号の奇跡

和歌山県の南端に大島がある。その東には、明治三年に出来た樫野崎灯台があり、現在も断崖の上に建っている。 明治23年9月16日の夜、台風が大島を襲った。 ビュワーン・ビュワー…

バイオリン(フリー写真)

世界一の良い娘

昨夜、嫁とケンカした。 切っ掛けは些細なことで、小学2年生の娘がバイオリンを習いたいと言い出したことだ。 嫁「本人がやりたいなんて言い出すのは珍しいから、習わせてあげたい」…

数式(フリー素材)

天才数学者の意志

人は彼のことを「神童」とも「天才」とも「未来を嘱望された若手数学者」とも形容する。 ただ一貫しているのは、彼の頭脳力と、それに劣らない人格に対する尊敬と敬愛だろう。 20…

野球ボール(フリー写真)

父と息子のキャッチボール

私の父は高校の時、野球部の投手として甲子園を目指したそうです。 「地区大会の決勝で9回に逆転され、あと一歩のところで甲子園に出ることができなかった」 と、小さい頃によく聞か…