彼との最後の夜

公開日: 恋愛 | 悲しい話

繋がれた手(フリー写真)

一年間、同棲していた彼が他界した。

大喧嘩をした日、交通事故に遭ったのだ。

本当に突然の出来事だった。

その日は付き合って三年目の記念すべき夜だった。

しかし仕事が長引いてしまって約束の時間に帰宅する事が出来ず、彼が折角用意してくれた手製の料理が冷め、台無しになってしまった。

いつも通り軽く詫びを入れて事を済まそうとしたが、その日の彼はいつもとは違い、私に対してきつく当たった。

その時はちょうど私も気分が優れなかった。仕事のストレスもあってか、そんな彼と話して行く内に強烈な憤りを覚え、つい言ってしまった。

「もういい!こんな些細な事でそこまで怒る事ないでしょ!あなたは自分の都合でしか物事を考えられないの!?」

彼は黙った。

少しの間の後、私も少し言い過ぎたと思った。

界隈を散歩して頭を冷やそうと思い、黙って席を立ち、一旦家を出た。

いつも通う小さな喫茶店で、30分少々の時間を潰した。

あの人もただ単に怒りに任せて私に怒鳴り散らした訳じゃない。

それだけ、今日のこの日の事を大切に思っていたからこそではないか、と考えた。

そんな彼の気持ちを思うと、明らかに私の振る舞いは最低だった。

私は彼に謝ろうと思い、家に向かって歩いた。

しかし彼は家に居なかった。

料理も、携帯電話も、机に置いたままだった。

マメなあの人が携帯電話を忘れるのは珍しかったので、近くに居るのかと思い、私は家を出て近辺を歩き回った。

しかし見つからない。

公園や近くの空き地も見たが、彼の姿は無かった。

彼の実家や、携帯を調べ、彼の友人宅等にも電話を入れたが、来ていないと言う。

家に帰り、二時間が経過した。

私はその時、考えていた。

帰って来たら頬をつねってやろうと。

いくら何でも心配させ過ぎだ、悪戯が過ぎる、と。

明日は休日だからこんな事をするんだろう、と。

それが彼との最後の夜だった。

事故現場は家周辺にある、一方通行の十字路だった。

横から飛び出して来た車と衝突、即死だったそうだ。

時刻は22時20分、私が家を出てちょうど10分経過した時間だった。

彼が持っていた遺品は、缶コーヒー一本、女性用のガウンジャケット、現金で120円だということを聞かされた。

私のガウンジャケット、まだ未開封の缶コーヒー、私のためのジュース代。

細やかな気配りの中に、彼の深い愛情と優しさが感じられた。

一緒に帰りたかった。

その言葉を心の中で呟いた。

同時に私の目から涙がとめどなく溢れた。

彼という存在の大きさに改めて気付いた。

ただ、情けなくて、悔しかった。

手を繋いで歩く夫婦(フリー写真)

たった一つの記憶

私の夫は、結婚する前に脳の病気で倒れてしまい、死の淵を彷徨いました。 私がそれを知ったのは、倒れてから5日も経ってからでした。 夫の家族が病院に駆け付け、携帯電話を見て私の…

恋人(フリー写真)

彼からの手紙

幼稚園から一緒だった幼馴染の男の子が居た。 私は今でも憶えている。 彼に恋した日のことを。 ※ 幼稚園で意味もなく友達に責められている時に唯一、私の側に居てくれて、ギュ…

花と手紙(フリー写真)

彼女が遺した手紙

私(晃彦)には幼稚園から連れ添ってきた恋人(美咲)がいる。 私が高校を卒業し、就職してからも同居し、貧乏ながらも支えてくれた掛け替えのない存在。 プロポーズの決心をしてから…

沖縄の夕暮れ(フリー写真)

立派な将校さん

戦時中の沖縄での事です。 当時12歳だった叔父さんは、自然の洞穴を利用して作られた壕の中に居た。 他の住民や、部隊からはぐれた大怪我を負った兵隊たちも隠れていた。 息…

空(フリー写真)

生まれつき

私は生まれつき足に大きな痣があり、それが自分自身でも大嫌いでした。 更に小学生の頃、不注意からやかんの熱湯をひっくり返してしまい、両足に酷い火傷を負ってしまいました。 それ…

公園(フリーイラスト)

友達の大切さ

幼稚園の頃から仲が良かった親友が居た。 俺たちはいつも4人で遊んでいた。 どんな時も、一緒に遊んでいた。 彼女についての相談をしたり馬鹿言ったり、喧嘩したり。 …

病室(フリー写真)

妹からの最後のメール

妹からの最後のメールを見て、命の尊さ、居なくなって残された者の悲しみがどれほど苦痛かを実感します。 白血病に冒され、親、兄弟でも骨髄移植は不適合でドナーも見つからず、12年間苦し…

可愛い犬(フリー写真)

ボロという犬の話

小学3年生の時、親父が仕事帰りに雑種の小犬を拾って来た。 黒くて目がまん丸で、コロコロとした可愛い奴。 でも野良なので、小汚くて毛がボロボロに抜けていた。 そんな風貌…

夕日が見える町並み(フリー写真)

幸せだった日常

嫁と娘が一ヶ月前に死んだ。 交通事故で大破。 単独でした。 知らせを受けた時、出張先でしかも場所が根室だったから、帰るのに一苦労だった。 でもどうやって帰ったの…

桜(フリー写真)

戦友を弔うために

インドで傭兵としてパキスタン軍と対峙していた時、遠くから歌が聞こえてきた。 知らない言葉の歌だったが、味方のものではないことは確かなので、銃をそちらに向けた。すると上官に殴り飛ば…