大切な人にありがとうを

公開日: 家族 | 悲しい話 |

母と子

いっぱい泣きたい。

あと一ヵ月後にはあなたの居ない暮らし。

俺が芋ようかんを買って来たくらいで、病院のベッドではしゃがないでよ。

顔をくしゃくしゃにして喜ばないで。

そして食べながら泣かないでよ⋯。

母さんが喜ぶなら、芋ようかんなんてずっとずっと買って来るから。

母さんが居なくなっても、ずっとずっと母さんの為に喜ぶ事をするから。

母さん、ありがとう。ありがとう。ありがとう。ありがとう⋯。

最近はずっと起きてる。

なるべく寝ないようにしてる。

寝ても2、3時間くらい。

寝てしまう時間すら惜しかった。

残された一ヶ月という時間、出来るだけ記憶に留めて置きたかったから。

病魔の進行は容赦なく、どんどんと母さんを蝕んで行く。

薬の副作用で母さんは顔がむくんで、髪もボロボロと抜け落ちた。

「あはは、お母さんブサイクになっちゃったわ!」

なんて、母さんは元気いっぱい俺に言ってたけどさ⋯。

俺が病室を出た後、母さんの泣き声は外にも漏れていたから⋯。

それで母さんの好きな芋ようかんを俺は買って来てあげたんだ。

母さんが病気になる前から、給料が入ったらお土産で買って行ってたのね。

はしゃいで、顔をくしゃくしゃにして喜んで、でも食べながら泣いててさ⋯。

病院に行くのが辛かった。

そんな母さんを見ているのが耐えられなかったから。

そして運命の日は突然やって来たんだよ。

母さん、死んじゃった。

朝に死ぬ事ねぇだろ⋯?

本当、人騒がせだよ⋯ねえ、母さん?

死んじゃったら、芋ようかんもう食えないよ?

棺おけになんか芋ようかん入れたくないよ!

また買って来るから、また食べてよ。また、笑ってよ。

また、俺の名前を呼んでよ!

最初は涙なんか出なかった。

親戚や友達に連絡して、それはもう事務的に、お通夜などの準備をしなければいけなくて。

涙を流す暇がないとでも言うのかな?

親父も姉ちゃんも同じように忙しくて、悲しみに浸る余裕はないという感じだった。

忙しさに追われていたから、冷静でいられたのかもしれない。

一度、家に帰って来る時に三人で夕飯を食べたんだ。

緊張の糸が切れたのか、その時になって親父が言葉を詰まらせていきなり子供みたいに泣き出してさ。

俺はずっと黙っていた。姉ちゃんも黙っていた。

俺は泣かなかった。泣けなかった。

黙って食べていた。

何か喋ったら俺も崩れていた。

皆さん。大切な人に「ありがとう」と言いそびれてはいませんか?

俺は「ありがとう」と言い足りなかったと、ずっとずっと後悔しています。

俺みたいに後悔をしないよう、恥ずかしがらずに沢山「ありがとう」を言ってください。

家族を大切にしてください。

愛情を素直に受け取ってください。

母さん⋯。今まで本当にありがとうございました。

夏の部屋(フリー写真)

残された兄妹

3年前、金融屋をやっていたんだけど、その年の夏の話。 いつものように追い込みを掛けに行ったら、親はとっくに消えていたんだけど、子供が二人置いて行かれていた。 5歳と3歳。上…

ラーメン(フリー写真)

母ちゃんとラーメン

今日、俺は珍しく母ちゃんを外食に誘った。 行き先は、昔からよく行く馴染みのラーメン屋だった。 俺は味噌ラーメンの大盛り、母ちゃんは味噌ラーメンの並盛りを頼んだ。 「昔…

花嫁(フリー写真)

血の繋がらない娘

土曜日、一人娘の結婚式だったんさ。 出会った当時の俺は25歳、嫁は33歳、娘は13歳。 まあ、要するに嫁の連れ子だったんだけど。 娘も大きかったから、多少ギクシャクし…

親子の後ろ姿(フリー写真)

育ての親

私には、お母さんが二人居た。 一人は、私に生きるチャンスを与えてくれた。 もう一人は……。 ※ 私の17歳の誕生日に、母が継母であることを聞かされた。 私を生んで…

親子(フリー写真)

父と過ごした日々

2年前、父を癌で亡くしました。 癌が発覚したのはその3年前。風邪が治らないと病院に通い、それでも治らず精密検査をしたら肺癌が見つかりました。しかもリンパにも転移していました。 …

東京ドーム(フリー写真)

野球、ごめんね

幼い頃に父が亡くなり、母は再婚もせずに俺を育ててくれた。 学も無く技術も無かった母は、個人商店の手伝いのような仕事で生計を立てていた。 それでも当時住んでいた土地にはまだ人…

母への感謝の気持ち(フリー写真)

ありがとうな、おかん

なあなあ、おかんよ。 中学の時に不登校になり、夜間高校に入るも家に帰って来ず、毎日心配させてごめんよ。 二十歳を超えてからも、彼氏を作り勝手に同棲して、ろくに連絡もせず心配…

病院のベッド(フリー写真)

貴重な家族写真

俺が小さい頃に撮った家族写真が一枚ある。 見た目は普通の写真なのだけど、実はその時父が難病を宣告され、それほど持たないだろうと言われ、入院前に今生最後の写真はせめて家族と…と撮っ…

色鉛筆で描かれた線(フリー写真)

弟の物語

私の家族は、父、母、私、弟の四人家族。 弟がまだ六歳の時の話。 弟と私は十二才も歳が離れている。凄く可愛い弟。 だけど私は遊び盛りだったし、家に居れば父と母の取っ組み…

黒猫(フリー写真)

黒猫の赤ちゃん

小学校の時、裏門の所に小さな黒猫の赤ちゃんが捨てられていた。 両目とも膿でくっついていて、見えていない様子。 どうしても無視できなくて家へ持って帰ったら、やはり飼っては駄目…