大切な人にありがとうを

公開日: 家族 | 悲しい話 |

母と子(フリー写真)

いっぱい泣きたい。

あと一ヵ月後にはあなたの居ない暮らし。

俺が芋ようかんを買って来たくらいで、病院のベッドではしゃがないでよ。

顔をくしゃくしゃにして喜ばないで。

そして食べながら泣かないでよ⋯。

母さんが喜ぶなら、芋ようかんなんてずっとずっと買って来るから。

母さんが居なくなっても、ずっとずっと母さんの為に喜ぶ事をするから。

母さん、ありがとう。ありがとう。ありがとう。ありがとう⋯。

最近はずっと起きてる。

なるべく寝ないようにしてる。

寝ても2、3時間くらい。

寝てしまう時間すら惜しかった。

残された一ヶ月という時間、出来るだけ記憶に留めて置きたかったから。

病魔の進行は容赦なく、どんどんと母さんを蝕んで行く。

薬の副作用で母さんは顔がむくんで、髪もボロボロと抜け落ちた。

「あはは、お母さんブサイクになっちゃったわ!」

なんて、母さんは元気いっぱい俺に言ってたけどさ⋯。

俺が病室を出た後、母さんの泣き声は外にも漏れていたから⋯。

それで母さんの好きな芋ようかんを俺は買って来てあげたんだ。

母さんが病気になる前から、給料が入ったらお土産で買って行ってたのね。

はしゃいで、顔をくしゃくしゃにして喜んで、でも食べながら泣いててさ⋯。

病院に行くのが辛かった。

そんな母さんを見ているのが耐えられなかったから。

そして運命の日は突然やって来たんだよ。

母さん、死んじゃった。

朝に死ぬ事ねぇだろ⋯?

本当、人騒がせだよ⋯ねえ、母さん?

死んじゃったら、芋ようかんもう食えないよ?

棺おけになんか芋ようかん入れたくないよ!

また買って来るから、また食べてよ。また、笑ってよ。

また、俺の名前を呼んでよ!

最初は涙なんか出なかった。

親戚や友達に連絡して、それはもう事務的に、お通夜などの準備をしなければいけなくて。

涙を流す暇がないとでも言うのかな?

親父も姉ちゃんも同じように忙しくて、悲しみに浸る余裕はないという感じだった。

忙しさに追われていたから、冷静でいられたのかもしれない。

一度、家に帰って来る時に三人で夕飯を食べたんだ。

緊張の糸が切れたのか、その時になって親父が言葉を詰まらせていきなり子供みたいに泣き出してさ。

俺はずっと黙っていた。姉ちゃんも黙っていた。

俺は泣かなかった。泣けなかった。

黙って食べていた。

何か喋ったら俺も崩れていた。

皆さん。大切な人に「ありがとう」と言いそびれてはいませんか?

俺は「ありがとう」と言い足りなかったと、ずっとずっと後悔しています。

俺みたいに後悔をしないよう、恥ずかしがらずに沢山「ありがとう」を言ってください。

家族を大切にしてください。

愛情を素直に受け取ってください。

母さん⋯。今まで本当にありがとうございました。

関連記事

父(フリー写真)

父が居たら

自分は父の顔を知らない。 自分が2歳の頃、交通事故で死んだそうだ。 母に、 「お父さんの名前、なんて―の?」 「お父さんの写真、見して!」 「お父さん、メ…

ろうそくの火(フリー写真)

ろうそくの火と墓守

急な坂をふうふう息を吐きながら登り、家族のお墓に着く。 風が強いんだ、今日は。 春の日差しに汗ばみながら枯れた花を除去して、生えた雑草を取り、墓石を綺麗に拭く。 狭い…

夕日が見える町並み(フリー写真)

幸せだった日常

嫁と娘が一ヶ月前に死んだ。 交通事故で大破。 単独でした。 知らせを受けた時、出張先でしかも場所が根室だったから、帰るのに一苦労だった。 でもどうやって帰ったの…

終戦時の東京(フリー写真)

少女に伝えること

第二次大戦が終わり、私は多くの日本の兵士が帰国して来る復員の事務に就いていました。 ある暑い日の出来事でした。私は、毎日毎日訪ねて来る留守家族の人々に、貴方の息子さんは、ご主人は…

ウィスキー(フリー写真)

悲しい時は泣くんだよ

家内を亡くしました。 お腹に第二子を宿した彼女が乗ったタクシーは、病院へ向かう途中、居眠り運転のトラックと激突。即死のようでした。 警察から連絡が来た時は、酷い冗談だと思い…

子供の寝顔(フリー写真)

お豆の煮方

交通安全週間のある日、母から二枚のプリントを渡されました。 そのプリントには交通事故についての注意などが書いてあり、その中には実際にあった話が書いてありました。 それは交通…

母への感謝の気持ち(フリー写真)

ありがとうな、おかん

なあなあ、おかんよ。 中学の時に不登校になり、夜間高校に入るも家に帰って来ず、毎日心配させてごめんよ。 二十歳を超えてからも、彼氏を作り勝手に同棲して、ろくに連絡もせず心配…

花嫁(フリー写真)

生きているうちに

大学生の時、友人Aちゃんは彼氏B君と同棲していました。 二人ともまだ学生だったため、両親から 「交際は許すが結婚はまだまだ先の事。責任を持った交際をすること(避妊をしっかり…

浅草

母の秘密の願い

都会の喧騒とは異なる田舎の空気。 私はその中で母の日常を想像していた。彼女はいつも家のことに追われ、人混みの多い場所に足を運ぶことはなかった。私が東京に単身赴任してからも、母は…

月(フリー写真)

月に願いを

俺は今までに三度神頼みをしたことがあった。 一度目は俺が七歳で両親が離婚し、父方の祖父母に預けられていた時。 祖父母はとても厳しく、おまけに 「お前なんて生まれて来な…